スポンサーリンク



大晦日の夜には、テレビでも新年に向けて除夜の鐘をついているお寺の様子が中継されています。
この除夜の鐘、どうしてついているのか知っていますか?
また実際に自分でつくこともできるのを知っていましたか?
今回は大阪のおすすめのスポットをご紹介します!
まずは除夜の鐘がどうしてつかれているのか、その理由と由来をご紹介します。
そのあとに自分で除夜の鐘をつくことができるお寺を大阪市内と大阪市外に分けて、ご紹介していきます!
次の新年を迎えるときの参考にしてみてくださいね!
スポンサーリンク



毎年、大晦日の夜中になると、近くのお寺から除夜の鐘が聞こえてきますよね?
除夜の鐘を聞いていると、なんとなく心がきれいになるような、そんな気持ちになりますよね。
どうせなら、ついているところの近くで聞こう!
と思って、お寺に行くという方も多いのではないでしょうか?
私もそのうちのひとりです。
除夜の鐘を聞いて、心がきれいになったような気持ちで新年を迎えるのは、なんだか気分がいいですよね。
ところで、みなさんはこの除夜の鐘、どうして大晦日についているのか知っていますか?
スポンサーリンク



除夜の鐘の由来

除夜の鐘は人の心の中にある煩悩を祓うためにつくものです。
仏教では、人には108個ものの煩悩(ぼんのう)があると言われています。
この煩悩という言葉、「煩悩のかたまり」「あの人は煩悩にまみれているんだよ」というようなマイナスのイメージで使われています。
煩悩とは、もともとは心の汚れという意味があり、仏教では人々の苦しみのもとである、と言われています。
そして、その数は諸説ありますが、108個ある、というのが通説です。
しかし、108には「とてもたくさん」という意味も込められていることがあります。
そのため、一概にはいくつです!
とは言い切ることができません。
この煩悩を祓うために除夜の鐘では108回鐘をつくのが一般的です。
お寺によっては、200回以上つくというふうに108回を超えてつくこともあります。
スポンサーリンク



いつつくの?

除夜の鐘は大晦日につきます。
「除夜」の「徐」という文字には、「古いモノを捨てて、新しいモノを迎える」という意味があります。
そのため、新年を迎える前の日の夜、つまり、大晦日の夜のことを除夜という言葉がさしています。
除夜の鐘は多くは108回つかれるものですが、このうち107回は大晦日のうちにつき、残りの最後の1回は新年が明けてからつくものです。
これは新年に煩悩を持ち込まないようにするためです。
スポンサーリンク



除夜の鐘をつけるお寺~大阪市内編~

除夜の鐘で煩悩をなくして、欲などを持たない、綺麗な清らかな心で新年を過ごすことができます。
除夜の鐘はいわば、お清めの儀式です。
この、除夜の鐘を自分でつくことができると、なんだかすっきりとできそうですよね。
自分で除夜の鐘をつくことができるお寺もあるのを知っていますか?
ここでは大阪で除夜の鐘をつくできるお寺をご紹介していきます。
お寺によっては、人数制限があるところもありますので注意してくださいね。
スポンサーリンク



四天王寺(してんのうじ)

聖徳大使によって建立されたお寺です。
先着で108名が除夜の鐘をつくことができ、北鐘堂と太鼓楼でそれぞれ開運の鐘、招福の鐘を自由につくことができます。
スポンサーリンク



太融寺(たいゆうじ)

大阪市にあるお寺で、弘法大師によって創建されたと言われています。
真言宗のお寺で、0時前に並んだ人全員が鐘をつくことができます。
108番目までにつくことができた人は何番目に鐘をつきましたよ、ということがわかる証明札をもらうことができます。
頑張って108番目までに並んで証明札をもらってみたいですね。
寒いので辛いかもしれませんが、いい思い出になるのではないでしょうか?
スポンサーリンク



北御堂(きたみどう)

北御堂は浄土真宗のお寺です。
例年、午後10時から先着500名に整理券が配布されて、午後11時45分から鐘をつき始めることができます。
整理券がない人も整理券がある500名のあとから鐘をつくことができます。
子ども連れなどで混雑を避けたい場合には、混みあう時間帯をずらしていくのがおすすめです。
夜中に外出するのはしんどいかもしれませんが、お昼寝などをして体調を整えておくといいですね。
また、冬なので寒いです。
待ち時間のことも考えてしっかりと防寒対策もしてから除夜の鐘をつきに行きましょう!
ステキな思い出になること間違いナシです!
スポンサーリンク



除夜の鐘をつけるお寺~大阪市外編~

大阪市外で、除夜の鐘をつくことができるお寺をご紹介していきます。
整理券が配布される場合もありますので、計画するときは注意しておきましょう。
また、閉門している時間帯もあります。
閉門している時間帯に行ってもお寺には入ることができないので注意したいですね。

妙法寺(みょうほうじ)

妙法寺は四条畷市にある、創建前がキリシタン寺院だったお寺です。
いまでもキリスト教徒の方が多く訪れるお寺だそうです。
2016年に創建400年を迎えました。
整理券が配布され、煩悩の数であるとされている108回まで鐘をつくことができます。
スポンサーリンク



総持寺(そうじじ)

茨木市にある真言宗のお寺です。
人数制限はありません。
並んだ人全員が鐘をつくことができます。
23時30分からつくことができます。
大晦日は17時にいったん閉門し、その後23時に開門します。
新年が明けてから2時に再び閉門し、その後朝6時に開門します。
電車の駅が近いのでアクセスはとてもいいです。
スポンサーリンク



まとめ

大晦日の除夜の鐘の由来、除夜の鐘をつくことができるお寺をご紹介してきました。
大阪で除夜の鐘をつくことができるお寺はたくさんあります。
除夜の鐘をつくだけでなく、記念の証明札などを、貰うこともできます。
目にも見える形で残るので、よりステキな思い出になるのではないでしょうか?
大きなお寺の近くでは交通規制が敷かれることがあります。
なるべく公共交通機関を利用しましょう!
スポンサーリンク