ニベア青缶はボディだけではない使い方があった!ので、試してみた。
ニベアの青缶と言うと長年親しまれている保湿クリームですよね。でも、知っていましたか?ニベアってドイツ生まれで100年もの歴史があるんです。
日本に入ってきたのは1968年、ニベアの青缶は当時と変わらない品質のまま現在も多くの人に愛されているんですね。
そういえば、テレビコマーシャルで二ベアの青缶クリームを母親が子どもの頬っぺたへ塗ってあげる、おばあちゃんの時代から変わらず使っていけるという微笑ましいシーンが流れています。
今までは何気なーく見てましたが、そうかぁ、100年も歴史があるんだから親子3代って凄い事だと改めて思いましたね。それと、んっ?待ってください。。。そういえば、何気に見ていたテレビコマーシャルですが、クリームを頬っぺた!?
顔に塗っている?
と思った人もいるはず。
作者自身もそうですが、
ニベア青缶はハンドクリームやボディのカサカサ部分など
に使用するものだと思っていた人もいるのでは?
そうなんです。ニベアの青缶クリームは顔にも使用できるんです。
たしかにニベア花王株式会社さんの説明にも
「顔にも身体にも、全身のスキンケアに家族みんなで使えます」と記載されています。
これは試してみるしかない!
  • ここにテキストが入ります。
  • ここにテキストが入ります。
  • ここにテキストが入ります。

ニベア青缶の使い方

ニベア青缶クリームは世の人達にはどのように使われているのか調べてみるとこんな結果が出ました。

  • 顔に塗る
  • ホットパックに使う
  • 髪に塗る
  • ボディマッサージに使う

まつ毛に塗る

顔に塗る

冬にどうしてもカサカサになってしまう作者の顔に保湿クリームとして塗ってみました。
夜のシャワー後と朝の洗顔後の2回、続けてみました。
1日目、ほぼ変化は感じられませんでした。
(肌の乾燥が凄すぎるのかも?)
2日目、前日より少し多めに塗ってみました。
あっ、薄っすらお肌の調子がいい感じになってきた気がします。
3日目、粉を拭いていた顔が落ち着いてきました。
と同時に笑った時に乾燥のせいで入る頬しわが入らなくなってきました。
保湿効果が確認できました!

ホットパックに使う

通常使用の3日目を過ぎて、いよいよパックに挑戦。
顔にバカ殿まではいかないくらい青缶クリームをまんべんなくのせていきます。
濡らして軽く絞ったタオルを電子レンジで1分間温めたら、顔にポンと乗せまス。
(タオルが熱すぎたら少し冷ましてのせてください。)
はぁ~、あったかくて癒されるぅ。
途中でタオルが冷めてきたらもう一度電子レンジに入れて30秒温めて、再度顔に。

はぁ~、またまたあったかくて癒されるぅ~。
全部で10分ほどパックをしたら、こすらないようにパックに使ったタオルでクリームを落としていきます。
仕上げは、折角

保湿したのを逃すわけにはいきませんので、青缶クリームを薄っすら塗って出来上がり。
肌の仕上がりは、フワサラという感じです。

髪に塗る

結果は、触った感じは少しパサパサ間は落ち着いているのかもしれないけドという感じです。でも見た目が、、、なんだかまとまってしまった感があり、なんだかあまり見た目が良くはない感じです。オイリーな髪質の人のような感じ。
(オイリーヘアの方々、申し訳ありません)

ボディマッサージに使う・まつ毛に塗る

残念ながら、検証してみたのは上記までです。実際にボディマッサージで使用した人を見てみると、ボディマッサージの後はべとべと感が残るので後でしっかりと蒸しタオルで拭き取った方がいいそうです。
まつ毛は、、、
なんだか目に入りそうで怖いので試せませんでした。。。
まつ毛に塗るとまつ毛が伸びるといううわさもありますが、、、

結果

顔の保湿には効果が見られました。
ホットパックは超気持ちよかったです。
髪の毛への使用は見た目が気にならない方は使用してもいいと思います。
ただし、べったりつけると髪の毛がとてもべとべとしてしまうので、付け過ぎに注意してください。
ニベアの青缶クリームは保湿クリームですが、美容成分は入っていませんし美白効果はありませんのでお間違えなく。
肌に合わない場合は、使用はすぐに控えてくださいね。
因みに作者は現在ヨーロッパにいるので、今回使用したのはドイツ産のオリジナル青缶クリームでした。80gで約150円弱。さすが伝統のあるニベア。ヨーロッパでもニベアコーナーは充実していました。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!