スポンサーリンク



冬休みの宿題として、苦戦する人が多い書き初め。
子どもだけでなく、大人でも新年の行事の一つとして毎年書き初めをするという人もいますよね。
しかし、どんな言葉を書くかという題材選びは悩みがちです。
今回はお正月にぴったりな、書き初めの言葉の選び方についてご紹介します。
いつも題材選びに悩んでしまうという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!
スポンサーリンク



毎年のように冬休みの宿題に出される書き初め。
学校の宿題だから渋々やってたけど、新年早々、わざわざ道具を出して習字をするなんて面倒くさいなぁと感じていた人もいますよね。
習字道具って、出したり片付けたりするのが結構大変なんですよね。
今は墨汁があるのでボトルから出せばすぐに書けますが、昔は墨を使って書いていました。
少量の水をすずりで墨を磨りながら黒くしていくのですが、これがまた大変で、慣れていないと磨りあがって書くまでにかなりの労力を使うんですよね。
毎年の書き初めには苦労したという人も多いのではないでしょうか。
しかし、お正月から書き初めをするというのには、きちんと理由があるんです。
この理由を知れば、憂鬱だった書き初めに対してのとらえ方も変わるかもしれませんよ!
スポンサーリンク



書き初めの意味と由来を知ろう!

書き初めの由来は、元々は平安時代の宮中で行われていた「吉書始め」という行事から来ているとされています。
これが江戸時代に寺子屋などを通じて一般庶民に広がったそうです。
それから、書き初めは1月2日に行うものだって知ってました?
昔から1月2日は「事始め」と呼ばれていました。
農家では作り始め、商家では初荷を出すと言われていて、農家や商家にとっての仕事始めは1月2日とされていたのです。
この1月2日に物事を始めると、上達が早くて長続きすると言われています。
そして、この日に書き初めをするのは、字が上達するようにと願いが込められているからなのだそうです。
今でも1月15日になると行われるどんど焼きでは、この書き初めで書いた書を燃やすことで字が上達すると言われているそうですよ。
書き初めなんて正月中ならいつでもいいでしょ!
と冬休み明け直前に必死にやっていたという人も多いのではないでしょうか。
もしくは、年が明ける前に済ませてしまっていたなんてツワモノもいるかもしれませんね。笑
もちろん、学校に提出するのなら期限内に書き上げれば問題ありませんが、意味や由来を知ることで、いつもの書き初めが少し特別なものに感じられませんか?
今年はちょっと頑張って、本来の1月2日に行うのもいいのではないでしょうか。
スポンサーリンク



お正月は書き初めをして新年を気持ちよく迎えよう!

子どもの書き初めの場合、宿題としてお題を指定される学校もありますが、お題は自由に考えて書いてくださいという場合もあります。
また、書道コンクール用などに書く際も、お題は自由な場合が多いです。
子どもでは決められないこともあるため、そんな時親御さんはどんな言葉を題材にするか悩みますよね。
書き初めなんて学生以来やってないし、お正月の書き初めとしてどんな言葉が適切なのか分からないという人も多いです。
ここでは書き初めにおすすめの言葉を各年代に分けてご紹介していきます。
中には自分も毎年子どもと一緒に書き初めをするという人もいますし、書き初めは毎年の恒例行事になっているんだという大人の方もいますよね。
そういった大人の方向けの言葉などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
スポンサーリンク



小学校低学年向けの言葉

小学校低学年のお子さんだと、まだそんなに難しい漢字も習っておらず、筆遣いにもなれていない子が多いですよね。
1、2年生くらいだと、ひらがなや簡単な漢字が含まれている言葉がおすすめです。
3年生くらいになると、少し画数の多い漢字を増やしてもいいですね。
正月や季節感を出すなら、
  • たこ
  • こま
  • もち
  • ゆき
  • ふゆ
  • 新春
  • 新年
  • 元日
  • 正月
  • 春の光
など。
また、新年の前向きな感じを出したいときは、
  • ゆめ
  • きぼう
  • げんき
  • えがお
  • 友情
  • 努力
  • 平和
  • 未来
  • 大空
など。
注意点としては、画数の少ない字は一見簡単そうに見えますが、バランスが崩れやすいという難点があるので、言葉選びが重要になります。
普段の様子から本人が書きやすそうな字を把握し、その字が含まれているような言葉を選んであげると良いでしょう。
スポンサーリンク



小学校高学年向けの言葉

高学年にもなるとかなり漢字もたくさん覚えてくるため、漢字がメインの言葉を選んでみるといいでしょう。
画数が多いほうが全体的なバランスは取りやすくなりますよ。
二文字でも、低学年向けの言葉に比べると画数が多く難易度が高くなります。
  • 初夢
  • 迎春
  • 朝日
  • 精神
  • 健康
  • 精進
  • 感謝
など。
また、字数も増やすとより雰囲気が出ていいですよ。
  • 思いやり
  • 助けあい
  • 新しい年
  • 美しい空
  • 初日の出
  • 希望の光
  • 輝く大地
  • 強い信念
  • 生命の力
など。
字数が増えることで漢字とひらがなのバランスを取るのが難しくなります。
特に画数の多い漢字とひらがなの組み合わせは、漢字ばかりが頭でっかちになりがちなので注意して書きましょう。
スポンサーリンク



大人向けの言葉

大人の方なら目標や座右の銘などを題材にするのもおすすめです。
一年の始まりにその言葉を胸に刻みながら書くことで、自分が掲げる目標や理想の自分を再確認することができます。
書き終えた書を普段、目につく所に飾っておけば、いつも挫折しがちな目標も達成に近づけるのではないかと感じます。
代表的な目標例では
  • 貯金
  • ダイエット
  • 健康維持
  • 成績アップ
  • 売上アップ
など。
座右の銘なら
  • 継続は力なり
  • 急がば回れ
  • 石の上にも三年
  • 成せば成る
など。
また、四字熟語もおすすめです。
漢字のみの言葉なのでバランスも取りやすく、簡潔な言葉で目標が掲げられるので書き初めにもぴったりです。
おすすめの四字熟語と意味も一緒にご紹介します。
  • 一期一会(いちごいちえ)
    一生に一度しかない大切な出会いのこと。
  • 謹賀新年(きんがしんねん)
    新年の喜びを述べること。
  • 花鳥風月(かちょうふうげつ)
    自然の美しい景色のこと。
  • 温故知新(おんこちしん)
    昔のことを研究して新しい考え方を学ぶこと。
  • 日進月歩(にっしんげっぽ)
    日ごと月ごとに絶えず進歩すること。
  • 勇猛果敢(ゆうもうかかん)
    勇ましく物事に思い切って挑むこと。
  • 家内安全(かないあんぜん)
    家族に事故や病気がないこと。
  • 順風満帆(じゅんぷうまんぱん)
    物事が思い通りに順調に運ぶこと。
  • 明朗快活(めいろうかいかつ)
    明るく朗らか。はきはきとして元気がよいこと。
  • 和気藹々(わきあいあい)
    和やかで楽しい気分に満ちていること。
  • 有言実行(ゆうげんじっこう)
    発言したことを責任もって実践すること。
  • 威風堂々(いふうどうどう)
    威厳や活気に満ち溢れていて立派であること。
などなど。
四字熟語はまだまだたくさんありますので、自分の新年の目標にぴったりな言葉を探して、ぜひ挑戦してみてくださいね!
スポンサーリンク



まとめ

お正月に欠かせない行事の一つである書き初めにはちゃんと意味や由来があって、そこには様々な願いが込められていました。
書き初めは上手に描くことも重要ですが、一番大切なのは心を込めて書くことです。
今年の書き初めは、良い言葉を選んで良い一年になるよう、より一層真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか?
スポンサーリンク