スポンサーリンク



12月は、大掃除をしたり、1年のまとめをしたり、と大忙し。
そして、年賀状も書いてしまわないといけません。
仲がいい人にだす年賀状に各内容を考えるのはなんだかうきうきしますよね。
ところで、年賀状が元旦に届くにはいつまでに出したらいいのでしょうか?
今回は、年賀状について、寒中見舞いについても含めてくわしくご説明していきます!
スポンサーリンク



年賀状とは、よく知られていますが、新年に贈られるあいさつ状のことです。
新年を祝う「謹賀新年」「あけましておめでとう」などといった言葉であいさつをします。
そして、前の年での相手からの向上への感謝とともに、次の新しい年でも依頼するものです。
親しい相手には、近況を報告する1文を添えることもあります。
結婚した人であれば、結婚式での写真を用いたり、赤ちゃんが生まれた人は赤ちゃんの写真を用いたりします。
わたしも幼いころは両親の年賀用に写真が使われていました。
そんなわたしも今では可愛い赤ちゃんの写真や花嫁姿の写真を年賀状で送られるようになり、とてもほっこりとしています。
年賀状には堅苦しい挨拶状としての役割だけではなく、近況報告としての側面も持ち合わせています。
年賀状は、主に日本で多く送りあっているものです。
日本のほかには、中国、台湾や韓国で送られています。
アメリカやヨーロッパなどでは、クリスマスが日本でのお正月のような重要な意味を持つため、クリスマスカードで新年の挨拶も一緒に行われていることがほとんどです。
スポンサーリンク



年賀状はいつから始まったの?

年賀状を送りあうというこの習慣はなんと平安時代のころからあるようです。
新年のあいさつまわり、というものが奈良時代のころからあり、これが平安の貴族に広まりました。
遠方に住んでいてなかなか会うことがかなわない相手にはお手紙で挨拶をする、というのが始まりです。

いつまでが「年賀状」?

帰省や海外旅行などで、どうしても年賀状を年が明けてから出さないといけない、ということもありますよね。
そして、小さいころに、「早く出さないと寒中見舞いになってしまうでしょ!」とせかされたことはありませんか?
わたしはよくありました。
いつまでに出せば年賀状で、いつから後に出すと寒中見舞いになるのか知っていますか?
ある期間を過ぎてしまうと、新年のあいさつとしての年賀状から、一年で一番寒い時期に相手の体調を気遣う寒中見舞いになってしまいます。
この期間とは、いったい何なのでしょうか?

松の内までは年賀状!

松の内とは、門松を飾っておく期間のことを指します。
松の内とされる期間には地域によって異なります。
関東では1月7日、関西では1月15日とされています。
全国的には1月7日と言われています。
ですので1月7日までに相手に届いていれば安心です。
1月7日になると、学校やお仕事も始まっていて、お正月の気分ではなくなっていますよね。
早めに届くようにしたいですね。
スポンサーリンク



松の内をすぎてしまうと…?

松の内を過ぎてしまうと、寒中見舞いにしなければなりません。
寒中見舞いでは、新年の挨拶よりも、相手の健康を気遣う文面にしましょう。
寒中見舞いの「寒中」とは二十四節気の小寒から大寒までの期間をさしています。
年によって異なりますが、1月5日ごろから2月3日の節分までが目安です。
この時期は一年で一番寒い時期ですので、相手の体調を気遣った挨拶状にしましょう。
また、寒中見舞いは普通のはがきを使いましょう。
年賀はがきで送ってしまうと、年賀はがきの余ったものを処分するために寒中見舞いを送ってきたのか!と相手を怒らせてしまいかねません。
新年から険悪なムードで始まってしまうとなんだかイヤ~な気持ちになってしまいますよね。
そんなことになってしまわないように、しっかりと注意しておきたいですね。
年賀状として送ることができる期間を超えてしまうと、寒中見舞いという、年賀状とは異なった性質をもつ挨拶状になってしまいます。
相手のもとにいつに届くのか考えながら準備しましょう!
スポンサーリンク



いつまでに出せば元旦に届く?

それでは、いつまでに年賀状を出しておけば元旦に相手のもとに届くのでしょうか?
毎年12月25日の最終の収集時刻より前に年賀状を投函しておけば確実に元旦に届きます。
それ以降でも届け先が近隣の場合は届く場合もあります。
  • 隣接都道府県内への年賀状は27日夕方の集荷時までに投函
  • 同一都道府県内は28日の午前中の集荷時刻までに
  • 引き受け郵便局と同じ地域へは30日午前集荷分まで
  • 引き受け郵便局と郵便番号上2桁が同じ地域へは29日の夕方の集荷分まで
が、届く可能性があります。
しかし、これはあくまでも目安です。
間に合う可能性は高くなりますが、集荷後の仕分け作業に間に合うかどうかで、元旦に届けられない場合もあります。
なるべく、25日までに投函を済ませておきたいですね。
また、ポストへの集荷の時間は日によって異なります。
ポストに投函する際は時間に余裕をもって投函しましょう。
スポンサーリンク



遅れてしまった場合は?

年賀状の投函が遅れてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?
  1. 配送局に出す
    年賀状の宛先の地域の郵便局もしくはポストに投函します。
    30日までに出しましょう。
    配達先の地域に行く必要があるので、あまり遠いと行くことができません。
  2. 配達日指定で送る
    郵便物が翌日に届く距離の地域であれば、30日までに窓口で配達日指定のはがきとして送ることができます。
    この方法では、配達日指定という特殊な方法で送るので、相手にばれてしまいます。
    「そこまでして元旦に届けたかったんだ」と感激されるのか、はたまた、「そんなぎりぎりにだしたのか」と失望されてしまうかはわかりません…。
  3. 速達で出す
    郵便物が翌日に届く地域であれば31日に速達として出せば元旦の配達に間に合います。
    遠距離であれば、元旦の午後に届きます。
    この方法では、30日に出してしまうと31日に届いてしまうこともありますので、注意しましょう。
スポンサーリンク



まとめ

年賀状について説明・元旦に届ける方法についてご紹介してきました。
12月は一年の終わりで、やることがたくさんあります。
そんなばたばたとした中でゆっくりと机に向かって、気持ちを整理したり、年賀状を書いたり、ということができないかもしれません。
今年は、いつまでに投函すれば元旦に届くかの目安をもとに、目標の期日をつくって、計画的に進めていきましょう!
スポンサーリンク