スポンサーリンク



お正月に食べるものといえばおせち料理は欠かせません!
おせちは自分で作りますか?
それとも既製品?
どちらにしても、一つひとつに意味があると思うとつい気になってしまうのがおせちの種類。
ここでは、誰もが疑問に感じるその種類や意味をお教えします!
スポンサーリンク



まず、おせちは大きく分類すると祝い肴、口取り、焼き物、酢の物、煮物の5種類があるようです。
地域によって品数は異なりますが、すべて揃えると20~30種類になります。
また、おせち料理は重箱に詰めるのが一般的ですが、これにも幸せを重ねるという意味が込められています。
お店で売られているものは二段や三段が主流で、五段の場合もありますが、正式な段数は四段となります。
スポンサーリンク



一の重の具材

一の重には、黒豆、数の子、田作りなどの具材が入ります。
黒豆は、「まめに働く」という語源から、元気に暮らせますようにという意味。
数の子は、卵の数が多いことから子孫繁栄を願う縁起物。
田作りは、豊年豊作を祈願するもの。
スポンサーリンク



二の重の具材

二の重には、栗きんとんや伊達巻などの口取り、紅白なますやいくらなどの酢の物を入れます。
栗きんとんは、漢字で栗金団と書くことから金運を呼ぶ縁起物。
伊達巻は、形が巻物に似ていることから学問、教養を持つことを祈願するもの。
紅白かまぼこは、赤が魔除け、白が清浄を表すことからめでたいという縁起物。
紅白なますは、水引をかたどっているとされ平安や平和を願うものです。
スポンサーリンク



三の重の具材

三の重には、タイやブリなどの焼き物、エビをはじめとする海の幸を入れます。
タイは、「めでたい」の語呂合わせはもちろん、恵比寿様が持つ魚として縁起のいいもの。
ブリは、出世魚であることから立身出世を願う縁起物。
エビは、ゆでるとお年寄りのように腰が曲がることから長寿でいられるようにと祈願するものです。
スポンサーリンク



与の重の具材

与の重には、里芋やクワイ、蓮根や人参など山の幸を使った煮物を入れます。
蓮根は、穴が空いていることから将来が見通せるという縁起物。
里芋は、子芋をたくさんつけることから数の子同様に子孫繁栄を願う縁起物。
ごぼうは、地面の中に根を深く張り強く丈夫なことから、その土地にしっかりと根を張って安泰に暮らせるようにという願いが込められています。
スポンサーリンク



おせちの由来

もともと、おせち料理は一年のうちに五度ある「五節句」のときに食べられていた御節供(おせつく)料理なのですが、五節句の中でももっとも重要なお正月に食べる御節供料理だけを、おせち料理として食べるようになったのです。
スポンサーリンク



まとめ

お正月に食べるおせち料理は、そのすべてに意味があります。
どの種類の具材にも、願いを込めたり縁起を担いだりしていますね。
新年になってもおせちをあまり食べない人も、これを機におせちを食べてよい年にしましょう!
スポンサーリンク