スポンサーリンク



結婚は二人だけの問題ではない。
相手の親と何とかうまくやっていこうと初めは頑張るものの、姑の手ごわさに嫌気がさして何度も離婚を考えたけど、自分の家族は壊したくない。
そんな状況から少しでも良い方向へ抜け出せる考え方をご紹介しましょう。
スポンサーリンク



じっくり考えてみてください。
姑に関して以外でも、どんどん不満が溜まりにたまっていつの間にか、顔も見たくないほど嫌いになっていた。
そんな経験ありませんか?
不満は溜まっていくけど、何故か良いことは溜まっていかないような気がします。
人間の脳が勝手にそう作られている!?
なら、仕方ないですよね。
だけど、そんな脳の作りのおかげで姑が異常に嫌われるのは心外だと思いませんか?
いやいや悪いところが山ほどあるから仕方ないじゃん!
ならば、嫌いなところを徹底的に書き出してみよう!
スポンサーリンク



姑と自分の違いは?

嫌いなところを書き出した紙を見ながら、自分と姑を比較してみると『あらやだ!自分も姑と同じようなことしていたわ』なんて気づくところがちらほら出てくる。
私はこの比較で自分の悪いところを知ることができ、改めようと思うことができました。
といってもそう簡単に改めることなんてもちろん無理!
悪いとも思ってなかった部分もあるし。
でも、自分を知ることができました。
他人のことをとやかく言う前に自分を見なさい。ということですね。
とは言いつつ自分の悪いところが見えたって姑の悪いところも沢山あるしで、姑のことはこんなことくらいで好きにはなれませんよね。
スポンサーリンク



よくある?姑に自分の普通を押し付けられたとき

洗濯物の取り込む時間や入浴する順番、ご飯の味付けまで、、、
「普通はこうなのよ!」とか、
「そんなことも知らないの?」
なんて、何かにつけて“普通”と言って自分の意見を押し付けて、自分中心で世界が回っているかのようにケチをつける。
そんな時は、イラッとしてしまうと相手の思うツボ!!
とにかく驚きと感動を。
「そうなんだ~!お義母さんの普通はこうなのね!知らなかった!有難うございます。」
と感謝の言葉まで添えてみる。
今までそんなことを言ったことのないあなたのこの言葉を聞いてお義母さんはどう思うか?
想像してみてください。
まずは驚くこと間違いなし!
そして、少し挙動不審になるかもしれません。
なんてったって不意を打たれたわけですから。
そうなったら、逆に聞いてあげるのです。
「お義母さんの普通…もっと知りたいです!」
心にも思ってなくてももしかしたら本当に、知って得する知恵を発見できるかもしれないですよ。
姑を敵と思うなら、戦いに勝つには敵を知らなければ戦場に立つことも恐れてしまうでしょう。
これは姑に対しての自信をつけることになると思います。
もともと生きてきた環境が違うのだから、生活習慣はもちろんのこと考え方や価値観喋り方まで違って当たり前。
そして、自分の思う普通が他人も同じ普通ならばそれは奇跡と考えても良いのだと思う。
十人十色ということですね。
こんなことを考えながら姑と話をしてみると、自分が姑を手のひらで転がしているように思えてきませんか?
スポンサーリンク



姑嫌いを好きまではいかない普通よりちょい好きにする

嫌いから普通ではなく、普通よりちょい好きになるなんて至難の業!
なんて思った方…私もそう思います。
でも、きっとこの文章を読んで実践してみると案外そうでもないのかもしれません。

姑を一人の人間としてみる

お義母さんも一人の人間で同じように人から産まれ人の手で育てられ、もちろん赤ちゃんの時も、学生時代も、社会人、そして、今の自分と同じ嫁という立場。
それは、自分よりも全て先に経験している先輩だ。
だけど、全てが自分達と同じ初めてばかりの人生で、姑という立場もあなたが嫁1年生だとしたら、姑1年生なわけで、わからないこともあなたと同じように沢山あって、戸惑うことも沢山あるのだと思います。
何か気に食わないことがあっても、そんな風にまだ、姑初心者だし仕方ない。くらいに思うほうが気も楽だと思います。
正しいことばかりする人なんてほぼいないと思いませんか?
そして、正しいことを正しいと決めているのは誰なのでしょうか?
大きなことを言ってしまうと国や思想によっても違いますよね。
自分も姑も全く違う世界の人間だということを頭において接することも、自分の気持ちを抑えられるというか、姑を客観的に見ることのできる考え方のような気がします。
スポンサーリンク



姑が嫌いだからと言って離婚は成立するのか?

どんな理由でも夫と妻お互いが合意すれば、離婚はできます。
ですが、考えてみてください。
あなたは誰と結婚したのですか?
もちろん姑と結婚したわけではないですよね?
せっかく大好きな人と結婚出来たのに、一般的に上手くいくほうがまれだと言われている姑が原因で離婚だなんてもったいなさすぎる!
スポンサーリンク



姑が嫌いで離婚した時のデメリットメリット

たった一つの姑との不仲が原因での離婚が成立したとします。
デメリットは、
“大好きな人と一緒に居られないこと“そのまま同棲状態というのもありなのかもしれませんが、旦那さんは、自分の母親を完全否定されたことになるので、ショックで同棲してもうまくはいかないかもしれませんね。
最悪旦那さんにまで嫌われてしまう可能性も!?
お子さんがいる場合はもっと複雑になると思います。
成人を過ぎた大人ならまだしも、小さな子供の場合理解もできないので説明しようがないですよね。
結婚する際に仕事を辞めてしまった人は、また就職活動をしなければいけないし、就職するにしても小さい子供がいたら保育所など預けられる場所も確保しなければならないし、まだまだ書ききれないほど色んなところに目を向けなくてはならなさそう。
毎日忙しくてそれこそ他人のことを考えている暇なんてきっとありません。
そんな離婚のデメリットに比べてメリットといえば…
“嫌いな姑がいないこと”メンタル的には大きいのかもしれませんが、このことに対してのデメリットが大きすぎると私は思います。
簡単に言ってしまうと、一つのメリットに対して複数のデメリットが生じる。
こんなに効率の悪いこと、したくありませんよね。
それこそ後から考えたとき後悔しそう。
スポンサーリンク



まとめ

姑が嫌いでも離婚はしたくないのなら、現状の関係を早いうちに良い方向へ持っていくために、まずは自分から姑を知ることから始めよう。
そして、人生の先輩であることは間違いないので、尊敬の気持ちを持って話を聞いてみよう。
姑歴は自分の嫁歴と変わらないから間違いも沢山あって当然なので、仕方ないと気楽に考える。
完璧を求めてしまっていると苛立ちから、嫌いという感情が芽生えてくるけど、完璧ではない失敗して当たり前くらいで思っていると、嫌いという感情も薄れてくるのかもしれませんね。
そして何より、姑が嫌いという理由での離婚はデメリットが多すぎてほぼ良いことがないということ!
後先考えずに思い立ったら即行動!!
なんて人も中にはいるだろうし、それが悪いことばかりではないとは思うのですが、この件に関しては今一度冷静になって考えてみることが必要のようだ。
冷静になれば今まで見えなかったものが見えるようになったり、思いついたり本当の意味に気づいたり。
そう!姑さんが今まで話していたことは、嫌みでも意地悪でもなく、本当にあなたに教えてあげたかったことなのかもしれないですね。
離婚することにならないためにも、できれば姑さんともうまくいけるのが一番だと思います。
スポンサーリンク