スポンサーリンク



秋というのは月が一段と明るくきれいに見えますよね。秋に見えるきれいな月は「十五夜」とも「中秋の名月」などと言われ、お月見をしている方も大勢いるのではないかと思います。でも、「十五夜」と「中秋の名月」に違いがあることを知っている方は少ないはず。今回は「十五夜」と「中秋の名月」の違いをお教えします。月を愛でながら誰かに話したくなる豆知識です。
スポンサーリンク



平安時代頃には日本人はお月見を始めていたと伝えられています。身分の高い人たちが月見の宴と称し、満月を観ながらお酒を飲み、楽器の演奏に耳を傾けたり、舟に乗って月を観るのではなく水面に映し出される月を楽しんでいました。
江戸時代になると、庶民にもお月見が浸透してきます。その頃の庶民の主食は米よりも芋だったので、丸い芋を満月に見たててお供えし、芋料理で満月を楽しんでいました。今でも芋名月などという言葉が残っているのはそのためです。
スポンサーリンク



中秋の名月とは?

昔の暦として使用されていた旧歴は月を暦にして、四季を1月から数え始め、1月から3月が春、4月から6月を夏、7月から9月を秋、10月から12月を冬と暦の上では呼んでいました。その7月から9月の秋の真ん中である8月15日が秋の中と書いて中秋。その日前後は満月になり、とても明るくきれいで中秋の名月と呼ばれています。
スポンサーリンク



十五夜とは?

月を暦としていた昔は、新月(月が地球の影に入り見えない日)を1とし、次の新月までを1ヶ月といいます。満月になるのは新月から数えて15日目で、15日目から16日目にかけての夜を十五夜と呼びます。毎月、一度は十五夜がありますが、秋は月がとても綺麗に見えるため、一般的に十五夜と呼ばれているのは旧歴の8月15日のことです。
スポンサーリンク



中秋の名月と十五夜は同じ日ではない

現在は、秋分の日である9月23日より前の新月の日を1と数えて15日目の日を中秋の名月と決めています。なので、旧歴の8月15日と中秋の名月の日が必ず同じ日ということではありません。
スポンサーリンク



十五夜は満月とは限らない

学校で習った月の軌道というものを覚えていますか?月の軌道というものは丸ではなく楕円形をしているので、新月から15日目がいつも満月だとは言えません。ずれても2、3日なのですが、新月から15日目である十五夜が満月とはならないこともある理由です。
スポンサーリンク



たまには夜空を見上げてお月見してみませんか?

中秋の名月が満月ではなかったとしても、秋の綺麗な月。たまには真ん丸な満月をゆっくりと眺めながら酒を飲み、秋の夜長を過ごすのもちょっぴり贅沢な気分になれるのではないでしょうか。
2017年の中秋の名月は9月ではなく、なんと10月。10月4日が新月から数えると15日目にあたり中秋の名月となります。でも、その日は満月ではなく10月6日が満月になります。今年は是非、夜空に輝く綺麗なお月さま見てお月見してみませんか。
スポンサーリンク