ものもらいってどうしてできるの?治りかけの際に気をつけることや症状など
皆さんものものもらいというのを聞いたことがあるでしょうか?
目にできる腫れのようなものを指して言います。
地域で呼び方も変わり、めばちこ、めばち、めいぼ等呼び方もそれぞれです。
目は顔の中でも目立つ位置にあるのでもしも出来てしまったら早くどうにか治したいですよね。
今回はそこでものもらいとはまず何なのか、そして治療中に気をつけることや気になる症状などもみていきます。
まずものもらいというものを聞いたことはあってもなんなのかあまりよくわかっていない方も多いはずなのです詳しくできる原因と治し方なんかをみていきましょう。

ものもらいって何?どうしてできる?

まず、ものもらいとは何かというと正しくは麦粒腫と呼ばれ目に病気に一種です。
原因は主に細菌感染で、その細菌は黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などどこにでもいるもので、これらがなんらかのきっかけで炎症を起こすことが主なるきっかけです。
ちなみに人への感染はありません。女性は特に化粧のやり方でものもらいを引き起こすことがあります。
例えばアイラインなどがしっかり落とせていないと最近が住み着く原因となります。
また免疫力の低下も原因となります。

症状は?

ものもらいになると、まず痒みがあります。
また目の痛みを瞬きをした時なんかに感じることも多いですね。
さらにはもがゴロゴロするような違和感、充血、赤く腫れあがることもあります。
さらに症状が進むと今度は膿が出てきます。
だいたい数日で治ると言われています。

ものもらいの治し方は?注意すること

ものもらいの原因や症状がわかったところで今度は治療についてです。
治療法は?
ものもらいになった場合には抗菌作用のある軟膏や点眼、さらには抗菌剤の内服などで治療をしていきます。
ただし膿が出てきて悪化している場合にはまぶたを切開し膿を取り出すこともあります。
放置すると悪化するので早めに受診しなくてはなりません。
ちなみにすぐに病院に行けない人はまぶたを温めてみてください。
ものもらいは改善しやすいんだそうですよ。
治療中に気をつけること
ものもらいは治りかけてきた時期にも注意が必要です。
まずはコンタクトの方は治療中は使用を控えましょう。
しばらくは眼鏡の方が無難です。
また清潔にするためにも汚れた手で触らないようにします。
薬を塗る前に手を洗うなどして心がけましょう。
ものもらいの予防法は?
一度できると厄介なものもらい、できれば作らないように気をつけたいですね。
そのためには前項でも説明した通り、目元は清潔にしておく必要があります。
アイメイクは優しくしっかり落としましょう。
また古い化粧品を長く使っていると細菌感染しやすいので注意しましょう。
次に免疫力を高めること。
風邪なんかを引いている時に実はものもらいってできやすいと言われています。
寝不足にならないように心がけたり、過度な飲酒などは控え、健康的な生活を心がけてみてください。
それがものもらいの予防にもつながります。
まとめ
いかがでしたか?
ものもらいは目の病気ですからできると当然目立ちますし結構厄介です。
眼帯なんかで難しい作業をするのはかなり困難ですよね。
そうならないためにも、普段からしっかり対策をしておきましょうね。
自然治癒をする場合もあるのですが、悪化する前に受診した方が無難です。
ものもらいではなく感染してしまうはやり目などの可能性もありますよ。
この場合は学校などは出席停止になるので要注意です。
早めにみてもらいましょう。
ちなみにものもらいは汗をかきやすい夏場になりやすいと言われています。
プールなんかも目を刺激する原因の1つになります。
特にこの時期は目の周りを清潔にするよう心がけてくださいね。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!