秋は「食欲の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」「読書の秋」いろいろ楽しみがありますねぇ。
いいですね。なんだかわくわくします。
紅葉の季節には「紅葉狩り」もいいですねぇ。
ん?「紅葉狩り」?
言葉ではよく耳にするけど、実際どういうものか知っていますか?
紅葉の時期にする事柄なのでしょうが、いったい何をすればいいんでしょう?
「狩る」という言葉を聞くとどうしても「狩猟」のイメージが湧いてきてしまいます。動物でも狩りに行くの?誰にでも出来ることではないので、これは絶対違いますよねぇ。
いや、でも待てよ!?そういえば何かを収穫する時にも「狩る」という言葉を使っている気がします。例えば「ぶどう狩り」や「きのこ狩り」。春には「いちご狩り」。
と言うことは、「紅葉」を「狩る」、「紅葉」を「収穫」するということなのでしょうか。
あながち間違いでもないでしょう。
諸説ありますが、狩猟をしない貴族たちが紅葉を愛でるために自然の中へと足を運んだ事や紅葉を摘んで手に取り愛でた事から、「紅葉狩り」と呼ばれるようになったとも言われています。
実際に手に取る。なるほど、収穫と似ていますね。でも、どちらかというと、この場合は目で収穫という感じですかね。
改めて「紅葉狩り」とは、
秋に赤や黄色に色づいた木々を見るために山などの自然に自ら足を運び、葉を手に取ったりして楽しむこと。
スポンサーリンク



愛でる時期

紅葉狩りとはどういうものか、何をするのかわかったところで、紅葉の時期はいつ頃か調べてみましょう。
木々が紅葉してくる時期はもちろん場所によって異なりますが、早いところでは9月下旬から色づき始めます。東日本だと10月中旬から、西日本だと11月上旬から約1か月紅葉を楽しむことが出来ます。
詳しくはwebで「ジョルダン紅葉情報」を確認すると、各県ごとの紅葉スポットの見ごろ時期を教えてくれます。今年の「行楽の秋」の予定を立てるのにとても参考になりますし、もうすでに見ごろ時期に入ってしまってから「よし、出かけよう!」という方にもおすすめです。今現在、どこが見頃か教えてくれます。
「あ~、見頃を逃してしまった!」という方、お金とお休みがあれば日本全国のどこかでは12月初旬まで見頃のところもありますから、あきらめないでください!!
注:ご存知でしょうが、木々の色づきの良し悪しはその年の気候にも寄ります。今年綺麗な紅葉が見れなかったら、来年見る楽しみがまた増えたくらいに考えてくださいね。
スポンサーリンク



世界の紅葉

もちろん紅葉を楽しめるのは日本だけではありません。海外でも秋になると木々は赤や黄色に色づきます。
カナダ・オンタリオ州のメープル街道は日本でも有名です。ケベックシティからメープル街道を抜けてナイヤガラの滝までというコースは定番ですが、実際に行くと感動します。
中国の九塞溝も透き通った流れる水と紅葉に情緒を感じます。とても綺麗です。(時に現地の人のまるで喧嘩の様に聞こえてしまう会話が情緒を遮ることもありますが。。。)
イギリスのウェストンバート国立森林公園は広大な園内の黄色に色づいた木々の中に時に赤い紅葉を見ながら歩くのは、なんともロマンチックです。
クロアチアの世界遺産・プリトビチェ湖群国立公園は湖や滝に紅葉が映え、まるで現実を忘れるかのような世界観が心を癒してくれます。
外国でも「紅葉狩り」なんて、贅沢ですがいいですねぇ。
外国の場合は、ツアーや飛行機・宿泊など事前に早めの予約を入れておかないといけないので、時によっては予定していた時期と紅葉の時期が少しずれてしまうこともありますが、そんな時は他にも日本と違う楽しみはたくさんあるので、気持ちを切り替えて思い切り満喫してくださいね。
スポンサーリンク



おしまいに

うーん、紅葉狩りに関する記事を書いていたら、わくわくしてきてなんだかどこかに出かけたくなってきてしまいました。紅葉の時期が待ち遠しくなってきました。楽しみですねぇ。
皆さんも紅葉狩りの意味も時期も何をするかもわかったところで、今年の紅葉狩りは貴族になった気分で「愛でて」くださいね。
今年の紅葉が綺麗でありますように~。
スポンサーリンク