男性でもみあげが長い・濃いなどの悩みは耳にしますが、女性だってもみあげで悩んでいる人はいるんです。
特にサイドの髪の毛を耳に掛けたり髪の毛をアップにまとめたりした時には、どーしてももみあげって丸見えになってしまいます。
イヤリングやピアスをすると視線が耳の周り、つまりもみあげの周りに来ることもあるので、なかなか耳を出すということに自信が持てなくなってしまう人も。
モサモサもみあげは清潔感が少なく感じるので好感度や女性度も下がってしまうかも。
もみあげが気になる人はきちんとした処理方法でお手入れして見てください。
女性にも理想のもみあげの長さや形があります。
真直ぐ下に伸びていて徐々に終わりが細くなっていく逆三角形が理想のもみあげと言われています。
ただし、逆三角形の先端部分はシャープなものではなく、少し丸みを帯びた感じで、長さは耳たぶに届くか届かないかくらいの長さです。
綺麗なもみあげは清潔感を持たせるのと同時に顔の輪郭をはっきりさせ小顔に見せる効果もあります。
男性とデートをする時など、顔を正面から付き合わせているよりも横並び、つまり横画を見せている時間の方がはるかに長いです。
そんな時にももみあげは女性らしさを見せるパーツの一つになっています。
スポンサーリンク



処理の仕方

もみあげの処理としては3通りあります。自分で処理、美容院で処理、脱毛サロンで処理。

自分で処理

自分で処理するのは慣れてないと始めは難しいです。左右対称にならなかったり、切り過ぎ反り過ぎたりしてしまうので気をつけてください。
櫛とハサミを使って、長さと形を決めカットしていきます。
逆三角形を忘れないように。
最初の方は長さと形を決めるのにアイライナーなどを使って軽く書くとわかりやすいです。
カット出来たら余分な毛をカミソリかシェーバーで処理して終わりです。
カミソリやしては肌の表面を少なからず傷つけているので、やる過ぎると黒ずみや吹き出物の原因になることもあります。
スポンサーリンク



余談

私は顔そりを自分でする時に(年に1~2回)、もみあげ周りもいつも剃っていたのですが、顔そりをするともみあげ周りの毛が濃いのがよけいに目立ち、ついつい剃り過ぎてしまい、もみあげ超くっきりになってしまったことが数回あります。
よけいに目立ちました。
友達に一度ばれてしまったことがあります。
「はっきり、くっきりだねー」と言われ、2人で大笑いでした。
私の場合笑えたからいいですが、皆さんはそのような失敗はないように程々に処理してくださいね。

美容院で処理

美容院に髪の毛のカットやセットに行った際、もみあげを処理してもらうと顔の形や髪型に合わせて整えてくれるので安心できます。
どのような形のもみあげにしたいかなどの相談も出来ます。
最初の方は美容院でもみあげの処理してもらって、そのうち自分で挑戦処理して見るのも方法の一つですね。

脱毛サロンで処理

時間とお金がかかります。
他の部分の脱毛同様にレーザー治療を行います。
少しづつ形を整えながら脱毛していきますが、完全に脱毛できるまで5~7回は通わないといけません。
少しづつ自然な感じで揃っていくので、違和感がなく進められるかもしれません。
レーザー治療なので、カミソリやシェーバーと違って、肌を痛めてしまうこともありません。
ただし脱毛なので、将来髪型を変えるからもみあげの形を変えたいとか流行が変わってしまったりした時に、更にもみあげを減らすことはできても増やすことはできないので、脱毛サロンで処理してもらう前にはきちんと納得した上で処理してください。

まとめ

夏は髪をまとめたりすることも多いと思います。
イメージチェンジでショートやボブに髪型を変えてみたり。
長くて濃いもみあげは男性的は雰囲気をみせてしまいますので、鏡で改めて自分のもみあげをチェックしてみてください。
他の人とも比べてみて、もし長いとか濃いようなら綺麗なもみあげが作れるようにチャレンジしてみてください。
綺麗なもみあげで好感度も女性度もどちらも上げていきましょう。
やり過ぎにだけは気をつけてくださいね~。
スポンサーリンク