あなたはどこにほくろがある?ほくろ除去したいとき保険は使えるの?
以前はもっと薄かったような気がするのに、ふと気付いたら濃くなっていたというほくろはありませんか?
もしかしたら、そのほくろは成長しているかもしれません。
なぜほくろが成長するのでしょうか?
その原因は、いくつか考えられます。
しかし、体のどこへでも出てきて、ほくろは出る箇所によっては厄介ですよね。
除去したい際は、保険の対象となる場合と、対象とならない場合があります。
気が付くと、ほくろが成長してあなたもいつか除去したくなる日が来るかもしれませんよ。
スポンサーリンク



ほくろとは、メラニン色素が集まることによって顔や体に出来る黒色班のことを指します。
メラニン色素と聞くと、「シミの原因になるあれでしょ?」と思われるかもしれません。
確かに、メラニン色素はシミにも深く関わってきます。
私たちが生活をする上で避けられない太陽から降り注がれる紫外線には、残念なことに肌に有害な物質が含まれています。
紫外線を浴びてしまうことによって受けるダメージから肌細胞を守ろうと、「肌の色素を濃くして、肌を強化しろ」という指令が肌内に伝達されます。
この伝令を受けて、色素を濃くするメラノサイトと呼ばれる細胞が、メラニン色素を作り出すのです。
日焼けをしたとき、もしこのメラニン色素がなかったならば、皮膚の奥つまり真皮細胞まで直接紫外線による刺激を受けてしまい、肌はボロボロになってしまいます。
シミも日焼けも私たち女性にとっては消したい相手ではありますが、実はこのメラニン色素は紫外線によるダメージを引き受けて、私たちの肌をガードしてくれている大切な存在なのです。
なお、なぜそのガードがシミとして残ってしまうのかというと、古い角質が剥がれ落ちずに残ってしまうターンオーバーの乱れによってメラニン色素が皮膚内に留まり沈着してしまうからなのです。
ターンオーバーが正常に働いてさえいれば、メラニン色素は垢と一緒に剥がれ落ちていきます。年齢を重ねるごとにそのターンオーバーは乱れがちになるので、シミが多くなってしまうということなのです。
20代以降にできるほくろの多くは、シミの原因と同じように、紫外線が原因で活性化されたメラニン色素によるものと言われています。
子どものころにはなかった場所に、気が付いたらほくろがあった、などという経験はありませんか?
私は、特に右腕に増えたような気がします。
私の場合は運転などをする機会が多いため、右腕に紫外線の影響が強く出て、ほくろとなっているのだと思います。
このような紫外線などの刺激によってできたほくろを、後天性色素性母斑と呼びます。
ただしほくろとシミは、メラニン色素が関わってくるところは同じではありますが、シミはそのメラニン色素が沈着している状態であることに対し、ほくろはメラニン色素を作り出すメラノサイトの細胞が増殖することで成り立っているという点で少し違ってきます。
後天性色素性母斑対して、生まれたときからあるほくろのことを先天性色素性母斑と呼びますが、これは紫外線などの刺激ではなく、親からの遺伝が原因であると考えられていますが、まだ完全に解明されたわけではありません。
しかし、この先天性色素母斑は5%ほどの確率でメラノーマと呼ばれる皮膚がんを発症してしまう危険があります。
もちろんただの小さなほくろであればその可能性は低いですが、もしも毛が生えている何センチにもなる大きな黒い母斑であれば悪性化する危険性が高いので、早めに病院で相談してみたほうが良いでしょう。
もちろん先天性ではなくとも、盛り上がっているほくろや急激に大きさを増したほくろなどは、紫外線などの影響だけではなく、何か病気が関わっている場合も考えられるので、注意が必要です。
たいてい私たちが気にしているほくろとは、ただのメラニン色素の沈着がその一部に集中したものでしょう。
体のすみずみを調べてみると、1人の体に対して平均20~30個程度はほくろがあるといわれています。
あなたの体を全部調べてみたとき、もし私の右腕のようにほくろが多く点在している箇所があれば、そこはあなたの体が特に紫外線から守られた証なのです。
時間があるとき、自分自身の体のすみずみまでほくろを探してみるのも面白いかもしれませんね。
スポンサーリンク



ほくろの位置と占い

ところで、ほくろの位置で運気が分かるという「ほくろ占い」はご存知ですか?ほくろとはメラニンが皮膚の一部に集中して出来ているもの、ということは先述したように科学的に分かってはいますが、このほくろの位置と運気がリンクしているという噂があるのです。
もちろん科学的根拠はありませんが、「意外に当たる?!」と評判のようなので、少しご紹介しますね。
まず、このほくろ占いにいたっては、黒くくっきりとしたほくろと茶色めでぼんやりしたほくろの2種類に分けて、それらのほくろの位置で判断します。
ここでは、黒くくっきりとしたほくろの位置での占いを見てみましょう。
「泣きほくろ」と言われる目の下にほくろを持つ人は、泣き虫であるとともにモテるタイプです。
モテるからこそ異性問題も起こりやすいタイプのようなので、気をつけてください。
また、眉の上にほくろがある人は、交友関係が広く友人が多く集まるタイプです。
あごの中央より外側にほくろがある人は、良い部下に恵まれるタイプです。
耳たぶのほくろは「福ぼくろ」と呼ばれ、幸せ特に金運をもたらしお金に困らない人生が歩めるといわれます。
あなたのほくろは、どういう占い結果になるでしょうか?
ほくろ占いは科学的根拠こそありませんが、人によって出来方が違ってくるほくろだからこそ色や場所によって、その人の運勢や性格を見極める材料となるようです。
意外な結果が出ると面白いので、自分のほくろでの占いのみならず、知り合いや友人とほくろ占いをしてみることもオススメです。
スポンサーリンク



ほくろの除去

占いで判断するには面白いほくろの位置も、出ている場所によっては不本意である箇所もあるでしょう。
ほくろをコンプレックスに感じたときには、ほくろを除去するという方法もあります。
メラニン色素が沈着しているシミであれば、美白成分を含む化粧品や薬などで消すことが出来るものもありますが、ほくろは細胞の増殖によるものなので、これらの美白成分をどれだけ使用したとしても効果がありません。
皮膚科や美容整形外科でほくろを除去する方法が定番となっています。
多くの人が除去したいと思うほくろの位置は顔が多いようですが、ほくろを除去する場合には保険適用になるかどうかがポイントとなるでしょう。
スポンサーリンク



ほくろ除去が保険適用されるかどうかの判断基準

保険が適用されるかどうかの基準として、それがどのようなほくろなのかということがまず重要です。
悪性の可能性が高いほくろの除去は、もちろん保険の適用対象となります。
皮膚がんの疑いがある場合のほかにも、肥大化してきているほくろや頻繁に出血を繰り返すほくろ、生活に支障をきたしているほくろなど、そのまま放置すると危険だと医師に判断されたものは、基本的に保険が適用されるようです。
ほくろの除去が保険の適用となる治療は基本的には、メス切除縫合、くりぬき、高周波・電気メス切除の方法があります。
ただし、炭酸ガスレーザー治療でも保険適用となる場合もあるようなので、「この施術方法だから保険の対象だ」と勝手に判断しないことが大切です。
治療の種類ではなくほくろの状態が重視されることが多いので、保険が適用されるのかどうなのかを、除去する前にきちんと医師に確認してみる必要があります。
スポンサーリンク



ほくろ除去の保険対象外になりやすい炭酸ガスレーザー治療

炭酸ガスレーザー治療という、人気のほくろ除去施術法があります。
この治療は、小さなほくろであれば短時間で傷痕も小さく済むということで、特に見た目の良さを重視する場合にこの治療方法を選択する人が多いようです。
炭酸ガスレザー治療とはメスで切開することなく、炭酸ガスを発信物質としたレザーを用い、ほくろに熱や刺激を与えて物理的にほくろを取り除く方法になります。
ほくろ自体を皮膚の中から削り取ってしまうので、治療後はしばらくそのほくろがあった箇所はくぼんでしまいますが、皮膚の修復作用によって次第に皮膚が新しく作られ、数ヶ月できれいになるという経過をたどります。
痛みはほとんど感じられず、施術時間も10分程度ということで、人気のほくろ除去方法となります。
ただし、この炭酸ガスレーザー治療は保険適用になることは残念ながらあまりありません。
保険適用になるかは医師の判断によりますが、特別問題がないと判断された場合は完全な美容目的とされ、保険の適用外となります。
スポンサーリンク



まとめ

あなたがもしほくろを除去したくなった場合やほくろが気になった場合は、やはり医師に相談してみるのがベストでしょう。
色々な種類のほくろがありますが、素人が自己判断して、もし悪性のほくろであっても見逃してしまっては大変なことになります。
もしほくろを除去する場合になったことを考えて、初診の段階で保険適用を選択出来る病院のほうが良いかもしれません。
どういう方法で除去するのかも、よく考える必要があります。
もし悪性でないのであれば、ほくろと共存するという手も1つとして十分にあると思いますが、もしコンプレックスが強くなって除去したくなった場合は、慎重に除去方法を見つけるようにしましょう。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!