人工知能「AI」の未来はアニメのようになる?技術開発で予測される
人工知能とは何でしょうか?

実は私たちの周りにはすでにたくさんの
人工知能が使われていることは
知っていますか?

更に開発が進む人工知能の未来は?
アニメのキャラクターに見る

私たちの
未来を一緒に覗いてみましょう。

スポンサーリンク



「Artificial Intelligence」略して「AI」

と呼ばれる人工知能とは
どんなものでしょう?

人間が知能を使ってすることと

同じようなことを
機械にさせようとすること、

人間の知能そのものを

機械が持つことが出来るように
開発された機能です。

1920年代にはすでに

実現に向けて考えられ始めていました。

「AI」という言葉を

使用するようになったのは1956年、
ダートマス会議にて
初めて使われてからです。

身近な物では、

情報処理能力をもつコンピューター、
スマホで使う「Siri」、

埃を感知し綺麗にしてくれて

終わると自ら充電する
「ロボット掃除機」、

駅や大型ショッピングモールで見かける

案内ロボット「Pepper」、

自動運転搭載の車など

人工知能が搭載されている物は
いろいろ開発されています。

スポンサーリンク



未来技術は漫画アニメの中の人工知能

子供の頃「未来ってすごいなぁ~。」
と思いながら見ていたアニメにも

人工知能のキャラクターが登場します。

何十年も前に登場した

キャラクター達ですが、

そんな以前から

人工知能を予測してロボット
(アンドロイド)

が考えられていたと思うと

なんだか凄いですね。

どんなロボット

(アンドロイド)達が
登場していたのか
見てみましょう。

現代でも長く親しまれている

キャラクター達です。

スポンサーリンク



未来技術の予測_鉄腕アトム

1952年から手塚治虫によって

書かれた漫画です。

核融合をエネルギーとして動き、

人間と同じように
考える知能を持っている
十万馬力の少年ロボットです。

その他にも、

難しい機械の操作や
難解な計算問題も
電子頭脳で難なくこなし、

世界60か国以上の言語を

話すことができます。

それでいて、

正義と愛を信じる
心優しいロボットです。

改めて見直してみると、

ロボットであるがゆえに
受けた区別もあり、

人工知能と人間との

共存について考えさせられる
内容も入れられています。

2017年には実際にAI搭載した

鉄腕アトムが家庭でも作れる
パートワークが発売されました。

アトムが現実に近づくのも、

そう遠い未来では
ないかもしれませんよ。

スポンサーリンク



未来技術の予測_ドラえもん

みんな大好き未来の猫型ロボット

「ドラえもん」です!!

1969年に藤子不二雄

(現 藤子・F・不二雄)
によって書かれた漫画です。

22世紀から

未来を変えるためにやってきて、
いろいろな便利道具で
物事を解決していきます。

現在もまだテレビ放映と

映画も公開されている
長期にわたって
好まれているアニメです。

「未来にはロボットがある」

というだけでなく
「未来には便利な道具がいっぱいある!」
なんて心をわくわくさせていましたね。

皆さんも知っていて、

「欲しい!!」と思った
未来の便利道具です。

私が今でもあったら

欲しいと思う道具は、

  1. パスポートもなしで何処へでも行ける「どこでもドア」
  2. 過去にも未来にも行ける「タイムマシン」
  3. これがあれば何でも道具を出せる、いらない物はすっきりしまえる「四次元ポケット」
ロボットの技術開発が

どんどん進んでいますが、

ドラえもんの便利道具が

開発されるようになるには
まだまだ遠い話なのでしょう。

スポンサーリンク



未来技術の予測_アラレちゃん

1980年に鳥山明によって書かれた漫画

「Dr,スランプ」に登場する、
アトムやドラえもんとは
全く違った天然キャラクターです。

計算能力に長けている

元気な女の子ですが、

知らないことばかりなので、

学校の友達や周りから
少しずつ学んでいきます。

あまりにもハチャメチャな

日常生活を描いたギャグ漫画です。

アラレちゃんこそ、

私たちが思うような
人工知能ではないかと思います。

人工知能が自ら学習・成長し、

人間の生活の中に入り込んでくる。

ハリウッド映画でAI達が

暴走して人間を傷つける映画があり
「こわい」を感じさせられました。

そうではなく、

アラレちゃんのような可愛らしくて
楽しいAIだったらいいんですけどね。

スポンサーリンク



未来技術の予測_コロ助

ドラえもんと同じ原作者である

藤子不二雄によって書かれた漫画
「キテレツ大百科」で
1974年に登場しました。

主人公である発明好きな

小学生の男の子によって造られた、
助手兼お掃除ロボットです。

とても人間的で、

喜怒哀楽の感情を
しっかり持っています。

また、食べ物を動力源とし

コロッケが大好き、
トイレも行くし車酔いもする、
惚れっぽい性格。

中身はほぼ人間です。

もし本当にコロ助のような
ロボットがいたら、

一人暮らしの老人や

子どものいない家庭が
もっと安心に明るくなるかも
しれませんね。

スポンサーリンク



おしまいに

私たちが小さい時から見てきた

漫画・アニメのロボット
(アンドロイド)達。

進んでゆく技術開発によって、

彼らに会えるのも
そう遠くはないのかもしれません。

アトムやアラレちゃんにも出てくる

問題のように、

息子や妹として生活するには

知能は成長しても体が成長しないのは
良くもあり悪くもある事なのでしょう。

これからの未来、

可能性に期待がつのります。

スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!