花粉症の人にはなくてはならない
必須アイテムのマスク。
でも眼鏡をかけている人は
マスクをすると曇ってしまう
難点があります。
実は私も、
ものすごい花粉症なんです。
幸いにもスギ花粉だけですが、
もう夜寝る時もマスクは欠かせません。
少しでも花粉を避けようと
この時期だけダテ眼鏡をかけています。
こすってしまって
目が少し腫れたり赤くなったりするのも
ごまかせますし。
でも、眼鏡が曇ってしまうので
しょっちゅう拭いています。
なんとかならないものでしょうか。
実は、ちょっとの工夫でマスクを
かけた時の
眼鏡の曇りを防ぐことが出来ます。
もちろん、花粉症でなくても
冬の風邪やインフルエンザの予防で
マスクをする人たちも
たくさんいると思いますので、
よければ参考にしてみてくださいね。
スポンサーリンク



これは皆さんも
なんとなくわかりますよね。
そうです、
単純に吐いた息による水蒸気が
マスクから漏れ眼鏡に触れ
結露状態を引き起こしてしまうんです。
水蒸気を含んだ暖かい空気が
温度の低い眼鏡のレンズにあたり、
急に冷やされて
結露になってしまったものです。
直接息を眼鏡に吹きかけたり、
暑いものを食べた時、
寒いところからバスや電車など
急に暖かいところへ移動したときにも
同じ状態になりますが、
原因はみ同じです。
スポンサーリンク



眼鏡の曇りを軽減する方法

眼鏡が曇ってしまう
原因がわかったら
防ぐ方法もわかってきます。
単純に、
マスクから息をもらさない。
超立体マスクや三次元マスクは
フィット感に優れているので、
眼鏡は曇りにくいです。
でも、ちょっとお高いので
100均でも買えるマスクでも
出来る方法などをご紹介します。
スポンサーリンク



マスクの上部を折る

最近は100均の
50枚入りマスクでも
ノーズブリッジが付いています。
鼻の形にフィットさせるものです。
これは今や欠かせません。
更にフィット感を出すために
マスクの上部を少し内側に
折り曲げてしまいます。
そしてマスクを普通通りに掛けて、
ノーズブリッジを鼻の形に合わせて
装着完了です。
上部を折り返すことで
隙間を減らすことが出来るので
水蒸気が上に逃げにくくなり
眼鏡も曇りにくくなります。
完璧にシャットはできませんので、
少しは水蒸気は逃げますが、
簡単で、何もせずに
装着するより効果はあります。
スポンサーリンク



ティッシュを挟む

こちらも水蒸気が
上に逃げていくのを防ぎます。
鼻とマスクがあたる部分に
コンパクトに折り曲げた
ティッシュを挟むだけです。
これだけで
隙間を減らすことが出来ます。
女性なら
マスクに化粧がついてしまうのも
ティッシュでカバーできますし、
取り換えも簡単なので良いです。
ガーゼがある人はティッシュの
代わりにガーゼを使うと、
柔らかいですし洗って
また使用することが出来るので
経済的です。
こちらも
完全にシャットは出来ませんが、
眼鏡は曇りにくくなります。
スポンサーリンク



曇り止めを使う

お風呂場の鏡に曇り止めを塗って
鏡が曇るのを防いでいる家庭も
あるかと思います。
それと同じで、眼鏡にも
専用の曇り止めがあります。
市販で売っています。
朝に曇り止めを塗ると
ほぼ一日効果があります。
固形の石鹸を眼鏡に塗り付け、
布で拭くという方法もありますが、
眼鏡が痛んだり白い幕が付いている
感じになることもあるので、
おすすめはあまりできないです。
スポンサーリンク



番外

花粉症の人には
あまり効かないかもしれませんが、
今は懐かしいガーゼマスクを
使用する方法もあります。
ガーゼは通気性も良いですし、
水蒸気もガーゼが吸収してくれますので
眼鏡が曇りにくいです。
効果は抜群です。
ただ、やはりちょっと蒸れるのと
ずっと肌に触れている状態ですので、
女性の方には向いていないです。
化粧がかなりの確率で落ちてしまいます。
スポンサーリンク



最後に

いかがですか?
とっても簡単ですよね。
その他にも、
通販でも眼鏡が曇りにくい
ストレッチマスクなども
売っています。
息が漏れるのを防止してくれる
フィルムが付いたマスクです。
そういったのも試してみると
良いかもしれません。
良ければ参考にいろいろ試してみて、
自分に一番フィットするものを
見つけてください。
眼鏡をかけている方もそうでない方も、
花粉の時期、
冬の風邪・インフルエンザ予防の対策を
一工夫で乗り切りましょう。
スポンサーリンク