スポンサーリンク



就活を迎える女性にとって、最初に迎える問題は服装ではないでしょうか?服装で悪い印象を持たれたせいで内定がもらえない・・なんてことになったら、やり切れませんよね。パンツスーツとスカート、就活にはどちらが正解なのでしょうか?
スポンサーリンク



企業説明会や面接へ行くと、だいたいの女性はスカートのスーツでした。その中でパンツスーツだった私は「あれ?浮いてる?と、心配になったものです。
でも、結論から言いますとパンツスーツとスカート、どちらで就活しても問題ありません。もちろん、企業のカラーはそれぞれなので、どちらが有利というケースが全くないとは言い切れませんが、基本的にはどちらでも構わないのです。
服装って多少なりとも気持ちに影響を与えます。それなら、自分らしい心持ちでいられる方のスーツを選ぶと良いでしょう。
スポンサーリンク



女性が就活にパンツスーツを選んだときの印象は?

私がパンツスーツを選んだのは、スカートよりも動きやすいからです。そんな理由とリンクかのするように、就活にパンツスーツを着用すると、アクティブな女性という印象を持たれます
ほかにも積極性がある性格、デキル女性なんて印象を持たれることも。活発な女性がその個性を伝えるためにパンツスーツを着用しても良いですし、おとなしめの女性が元気な姿をアピールするために着用しても良いですね。
スポンサーリンク



女性が就活にパンツスーツを選んだときの印象は?

大多数の女性が就活の服装に選ぶ、スカートのスーツ。女性しか履かないスカートを選んだ場合、華やかさや女性らしさをアピールすることができます。このほか、大多数の人が着用しているという安心感が得られるのも、スカートタイプのスーツのメリットと言えるでしょう。
ただし、スカートの場合はパンツスーツと違って、丈の長さを間違えると悪い印象を与えてしまうので、そこだけは注意が必要です。
スカートを試着するとき、姿見で立った状態をチェックする人がほとんどかと思います。しかし、企業の人と向き合うときには椅子に座っていることが結構多いです。
そこで試着時には、座った状態でのスカート丈の長さもチェックしましょう。就活用のスカートは、座った状態でも膝上10センチ以内に収まるようにしてくださいね。
スポンサーリンク



まとめ

就活する女性の間では、「スカートの方が有利」「パンツスーツの方が内定をもらえる」なんて話が出るかもしれませんが、企業ではそのような違いを設けていません。スカート、パンツスーツ、どちらを選んでも同じです。
それぞれにメリットがあるので、それを活かしつつ、自分らしい姿をアピールできる方を選びましょう。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!