スポンサーリンク



オフィスにパンツスーツで行くことが多いけど、いつも着こなしに悩んでる。そんな女性は意外と多いものです。いろんなバリエーションのインナーを見ると、そんな悩みも解消できますよ。そこで、この記事では秋におすすめのスーツのインナーをご紹介します。
スポンサーリンク



夏はパンツスーツのインナーは、半袖あるいはノースリーブのシャツやカットソーが中心でした。でも秋になると、自然と長袖のインナーにシフトしていきますよね。このとき、デザインやカラーに気をつけて秋らしいものを選べば、それだけで女性らしいパンツスーツの着こなしが楽しめます。
秋からのパンツスーツの着こなしは、襟のついたブラウスをインナーにするのがおすすめです。暑い夏は、多少胸元が開いたものを着ても違和感なかったですが、涼しい秋になるとそれも不自然になります。それに襟があれば、多少は防寒にも役立つので一石二鳥です。
スポンサーリンク



ゆとりあるシルエットで大人の着こなしを楽しむ!モダンブラウス

ブラウスといえば、襟元がキュッとしまって、ちょっと窮屈という印象があります。フレッシャーズならそんなブラウスもいいですが、大人になったらもう少しゆとりある着こなしを楽しみたいですよね。そこでおすすめなのが、モダンブラウスです。
襟付きだけど首周りに多少ゆとりを持たせているのが、おしゃれポイント。カーキ色など落ち着いたカラーなので、秋の着こなしにピッタリです。ワイドパンツ系のパンツスーツにも相性バツグンですよ。
スポンサーリンク



華やかな首元で女性らしく!長袖レディースシャツ

女性らしい華やかさを出したいなら、首元に装飾があるものがおすすめ。まるでスカーフを巻いたかのようなこちらのレディースは、ボタンが大きめパールなのも女子力が高いです。
タイトなデザインなので、スマートに見せるストレートのパンツスーツによく合います。ブラウスの色はホワイトやベージュなので、どんなスーツの色にも合わせられますよ。
スポンサーリンク



胸元のフリルが女性らしい!長袖ベーシックシャツ

胸元にフリルがあるシャツも、女性のスーツの着こなしの定番です。私も常に1着持っているシリーズで、スカートだけでなく、パンツスーツにも合いますよ。
メンズのシャツに使われる芯地を使っているので襟がしっかりと立つので、フリルがあっても甘すぎることはありません。毎日使うことを意識して、アイロン不要の素材を使っているのも嬉しいポイント。グレーのパンツスーツと特に合いそうです。
スポンサーリンク



丸襟でさりげない女性らしさを!長袖ストライプシャツ

フォーマル感と個性的なおしゃれを両立してくれるストライプシャツも、1着あると便利ですよ。個人的に大好きなシリーズです。さらにこのシャツは、襟を丸襟にすることで、女性らしい柔らかさも出しています。
パンツスーツは、一歩着こなしを間違うとしっかり感が前面に出過ぎて、とっつきにくい印象になってしまいますが、こうしたさり気ないデザインがそれを中和してくれます。
スポンサーリンク



まとめ

シャツのインナーというと、カッチリとしたブラウスが定番ですが、探してみるといろんなデザインのものがあることが分かります。女性用のブラウスは、色や柄だけでなく襟元や胸元にさりげない工夫が施されているので、こうした違いを楽しむと、パンツスーツの着こなしがもっと楽しくなりますよ。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!