スポンサーリンク



インフルエンザにかかったときの辛さは、感染した経験のある人ではないとなかなか想像することが出来ないでしょう。
あなたはインフルエンザに感染したことはありますか?
私は悲しいことに何度かインフルエンザにかかっているので、私が「だるい」などと不調を口にするだけで、家族に「ちょっと、またインフルエンザとか言わないでよね」と言われるほどです。
私のインフルエンザ予防がうまく出来ていないのだと思います。
きちんと手洗いやうがいをするようにして、インフルエンザに感染しないようにしたいものですね。
今回は、私が苦しまされるインフルエンザについてと、特にその初期症状の1つである「だるさ」にスポットを当ててみましょう。
スポンサーリンク



冬の足音が聞こえるにつれて、ニュースでだんだんとインフルエンザの話題が出てくる季節になります。
ピーク時などは、学級閉鎖になることもよくありますね。
インフルエンザは、ひどいときには大変残念ですが死に至ってしまう可能性のある危険なウイルスです。
インフルエンザは古くから流行していましたが、科学的に存在が証明されたのは1900年頃からになります。
特に1918年に流行したスペインインフルエンザによる流行はその被害が非常に大きく、全世界での死亡者数は2000万人から4000万人ともいわれ、日本でも約40万人も犠牲になったと推測されているそうです。
最近では、2009年に新型インフルエンザが世界で大流行したことは、まだ記憶に新しいのではないでしょうか。
通常のインフルエンザとは抗原性が大きく違うインフルエンザウイルスのことを新型インフルエンザと呼びますが、多くの人がそのウイルスに対する免疫を持っていないために、急速に広がります。
新型インフルエンザは、いつどこで発生するのかが予測することが難しいため、あらかじめ対策しておくことができず、世界に大きな被害を与えてしまいます。
医療技術が高い日本であっても、新型インフルエンザをあらかじめ予測することは困難であり、2009年の新型インフルエンザの世界的大流行の波が日本にもやってきました。
その1年間で新型インフルエンザにかかった人は、日本でも約2千万人と推測されています。
もちろん今では、その新型インフルエンザに対して免疫を備えることが出来たので、そのウイルスを原因とした大流行はすることがないでしょう。
しかし、いつまた違ったインフルエンザウイルスが新型として現れるかは、誰にも予測出来ません。
このように大流行する恐ろしいのがインフルエンザです。
次にどのようなインフルエンザが流行するのかは分かりませんが、私たちに出来る備えといえば、自分の体の免疫力を常日頃から高めておくことが挙げられるでしょう
スポンサーリンク



インフルエンザ予防の鍵!免疫力を高める

私たちの体には、ウイルスなどの異物が侵入したとき、それらから体を防衛する免疫システムが備わっています。
しょっちゅう風邪やインフルエンザにかかるという人は、逆に言えばこの免疫システムがうまく機能せず、防衛能力が低下しているためにウイルスなどの侵入を許してしまっているからなのです。
免疫システムを高めるためには、日常から体温を36.5度程度に上げておくことが効果的です
免疫システムの要、つまり免疫細胞である白血球は、血液にのって体内を巡回していますが、体温が下がっている状態だと、血管が収縮して血行が悪くなっています。
ある白血球が体内に異物を発見したとしても、血行不良だとそれを素早く攻撃する白血球がなかなか集まることが出来ません。
せっかくウイルスを見つけたにも関わらずそれを退治することなく、病気の発症を許してしまうことになるのです。
そうならないためにも、白血球が活動しやすい環境、つまり体内の温度は36.5度であることが良いのです。
私たちの生活環境はエアコンなどの影響で低体温になりがちと言われており、私自身のも平均体温は35度台です。
あなたの平均体温は何度ですか?体温が1度下がることで免疫力が30%低下するという研究もあるそうなので、体温を上げた状態に保ちたいですね。
体を温める食べ物、例えばにんにくや魚、卵などをうまく摂取し、どんなに忙しくてもシャワーだけではなくお風呂に10分以上入るように生活習慣を見直してみましょう。
発症してからお風呂に10分!とかはダメですよ。
チャンと医師の指示にしたがってくださいね。
また、継続的に運動することも、体温を上げることに効果的です。
バランスの良い食事や生活習慣がとても重要になってきます。
スポンサーリンク



インフルエンザの初期症状とは?

しかし、免疫がうまくいかずにインフルエンザウイルスの侵入を許してしまい、もしインフルエンザにかかってしまった場合であっても、慌てないで下さい。
まず「インフルエンザかな?」と疑う材料として、インフルエンザの初期症状をご紹介します。
インフルエンザは風邪とは違って、その症状が全身に現れます
一般的な風邪であれば、熱も37度台であることが多いでしょう。
インフルエンザの初期症状となれば、急激に38度を越える高熱となり、さらに寒気やだるさを伴うことが多いです。
しかし、それはインフルエンザA型によく見られる特徴であって、実はインフルエンザB型となると高熱にならないこともあるのです。
「熱はないけれど体がだるい」という、自分ではインフルエンザだと認識出来ないような事態もあり得るということです。
だるいだけだからと、インフルエンザにかかっていることに気付かないで日常生活を送ってしまえば、周囲の人へ感染させかねないのです。
多くの人がかかるインフルエンザA型は、高熱などの初期症状から「インフルエンザかも」と疑うことが比較的容易かもしれませんが、B型ともなると少しその判断が難しいでしょう。
このインフルエンザB型は、近年感染者が多くなってきている傾向にあるので注意が必要です。
スポンサーリンク



そもそも「だるい」って何?

体がだるいと感じるのは、インフルエンザの症状に限りません。
高熱が出ているわけではないので、学校や職場を休むことは出来ないけれど、なぜか体が重く感じるというだるさは、あなたのみならず誰しも感じたことがあるのではないでしょうか。
インフルエンザなどの感染症にかかって体がだるく感じるのは、体全体がインフルエンザウイルスと戦っている証拠です。
その戦いを妨げないためにも、体に負担をかけないように安静にする必要があります。
しかしそうした病気にかかっていないと病院で判断された場合、病気ではない原因が考えられます。
病気以外で第1に考えられる原因は、体や心自体が疲れている状態だということです。
体がだるくなる数日前の生活で頑張りすぎていなかったか、振り返ってみましょう。
疲労から体がだるく感じるということは体が悲鳴を上げている、つまり免疫力が低下しているので、例えその段階で病気にかかっていなかったとしても、その体はウイルス達の格好の標的になりかねません。
免疫力が低下している状態では、インフルエンザウイルスなどの異物の侵入を許してしまう可能性が高まります。
また、心の疲れからくるだるさをそのままにしておくと、うつ病などといった心の病になってしまいかねません。
体や心の疲労からくるだるさだと思い当たるのであれば、出来るだけ早く十分な休息と睡眠をとるようにしましょう
ビタミンB群や炭水化物、タンパク質の摂取が十分ではない場合も、体はだるく感じてしまいます。
このように、だるいという症状はインフルエンザのみならず、体や心が疲れるだけでも起こる不調になります。
少しでもいつもと違うだるさだと感じた場合は、なるべく早めに病院を受診するようにしましょう
スポンサーリンク



インフルエンザ解熱後にもだるいなんて…

インフルエンザのだるさは初期症状のみならず、高熱が治まった後も、だるさが残っていると感じる人は多くいます。
それは体力が落ちているからかもしれません。
インフルエンザの感染によって、自分の体を発熱させるために筋肉を震わせたり、解熱のために汗をかいたりしているので、体は運動した後のような状態になっています。
体力が落ちてだるいというのも、当然かもしれませんね。
また、抗インフルエンザウイルス薬が強力な薬であるために、体質によってはその服用が副作用となって、だるさに繋がることもあるようです。
さらに、インフルエンザによる解熱直後にだるいだけではなく、何日もだるさが続くのであれば、インフルエンザウイルス以外の別のウイルスに感染している可能性もあります。
体力が落ちているため、どうしても他のウイルスにかかりやすくなっているからです。
だるさが何日も続くようであれば、やはり病院で診てもらったほうが良いかもしれません。
スポンサーリンク



まとめ

インフルエンザは、日本のみならず世界各地で流行する怖い病気です。
いつまた大規模な感染が起こるか、分かりません。
インフルエンザに感染しないためにも、私たちは日頃から自分自身の免疫力を高めておく必要があります。
免疫力を高めておくことは、インフルエンザウイルスを防ぐのみならず、様々なウイルスなどの異物を防ぐことへと繋がります。
疲労などが原因で、免疫力が低下することもあります。
体にだるさを感じてダラダラしていると、時に怒られることもあるかもしれません。
しかし、そのだるさは怠けたい気持ちからではなく、検査してみたら病気が隠れていたということも決して珍しくはありません。
インフルエンザの初期症状として、だるいと感じることもあるのです。
だるさを、決して軽視しないようにしましょう。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!