AndroidもiPhoneも次から次へと新しい機種が発売されます。
特にiPhoneは人気があるので新しい機種に買い替えたいと思う人も少なくありません。
逆に、iPhoneが欲しいけど新機種は高い。
ひとつ前の機種もしくは2~3前の機種なら中古で買いやすいと思う人も少なくありません。
でも、箱や充電器などの付属のアクセサリーがないと買取価格は大幅に変わってしまうのでしょうか?
買取してもらうときにどんなことに注意をしておかないといけないのでしょうか?
もちろんスマホ本体だけでは使用が出来ませんので、付属品にも少なからず価値はあります。iPhoneでいうと、新品を携帯電話会社より購入すると
「イヤホン」
「USBケーブル」
「USB電源アダプタ」
「説明書」
「SIM取り出しピン」がセットになっています。
買取をしてもらうときの基本は
「年型と本体に傷がついていない」
が一番の査定ポイントになっていますが、付属品があるとなしではやはり査定は変わってきます。
付属品だけを買い取ってもらいたいと言うのもありでしょう。
iPhoneを新機種に買い替えてもケーブルやアダプタは前の物を使い続けているので、新品のまま残っていたりしませんか?
もちろん売却可能です。
驚くのは、箱だけでも値段がつきます。
例えていうなら、高級ブランドの紙袋に値段が付くのと同じ感じでしょうか。
売る場所・出品場所にも異なりますが、綺麗な状態であれば箱だけで1,000円くらいの値がつきます。つまり、ケーブルやアダプタと同じくらいの価値があるということになります。なので箱も傷つけずに大事に扱ってくださいね。
と言うことは、もちろん付属品がないと買取価格も変わってきます。
お店により違うのでしょうが、付属品1品に付き500~1,500円くらい値段が下がるのが相場のようです。
ゲオはiPhoneであっても特別な充電器でない限りは本体だけで付属品がなくても買取価格は変わらないそうです。
スポンサーリンク



傷や動作を確認

本体に傷が入っているともちろん減額です。カバーをつけずにスマホを使用していて落としてしまった傷や、Androidでも暗めの所だと綺麗に見えても光をあてたり角度を変えたりすると無数の小さな傷がついていることがあります。
ステッカーなどを貼っている場合は、剥がすときに傷がつかないように気をつけてください。
本体に傷が無くても動作が悪ければ価値は下がります。
カメラやスピーカーなど正常に動くかどうかは今後売りに出されるので重要です。
状態によっては買取不可になってしまうこともあります。
スポンサーリンク



データ消去

スマホが他の人の手に渡った時に一番気になるのはやはり個人情報です。個人情報の流出は恐いので、データは完全に消去しておく必要があります。
気をつけないといけないのは、iPhoneの場合は初期化してデータ消去をしてもicloudがそのままになってしまっていることがあるので、完全にデータが消去されてなかったりします。
必ずicloudをサインアウトしておかないといけません。
お金の流通があるアプリなどもアンインストールしただけでは恐いので、サインアウトしたりリセットしたりしておくのを忘れないようにしてください。
もちろん買取査定の時に確認はされますが、必要なら売却する前に何をどうすればいいか信用できる買取屋か携帯電話会社に確認して初期化、削除するのもいいでしょう。
特に買取業者を利用せずにオークションや個人売買をする人はデータが完全に消去されているかどうか十分に気をつけて下さい。

まとめ

携帯電話を購入する時、買い替える時に売る場合の事を考えて購入する人は少ないかもしれません。
でも、家にあっても使わないなら邪魔になるだけだし、使ってくれる人がいるのなら売ってもいいのかも。
古い携帯や充電器など家のどこかに眠っていませんか?
今やリサイクルの世の中ですから、多少なりとも値段が付くかもしれませんよ。
本体は恐いので売る気になれない人も、これからは充電器や付属品、箱に至るまでなるべく綺麗に使ってみましょう。
スポンサーリンク