外国に比べて日本人は歯並びの悪さをまだまだ意識していません。また歯並び矯正をするということにも意識が薄いように感じます。
それにはいろいろ理由があるみたいです。
また歯並びって自力で矯正していくことは出来ないのでしょうか?そのあたりの事をちょっと見ていきましょう。
もちろんすべての外国が歯並びに対しての意識が高いわけではありません。
でも映画やドラマを見比べても外国もの特にアメリカものは歯並び矯正中のキャラクターがいたりしますが、日本のドラマや映画では見たことがありません。
(あるのかもしれませんが、少なくとも筆者は見たことがありません)

 

このこと自体も歯並びに対する意識の違いから来ているのでしょう。

八重歯は可愛い?

日本人は八重歯が生えている人を見て「可愛い!」と思いますよね。
実際、筆者も若い頃は八重歯に憧れた時期がありました。
でも、ヨーロッパやアメリカなどではドラキュラみたいと八重歯は嫌われたりします。
実際は、八重歯があると歯と歯が重なっている部分がキチンと磨くことができずに虫歯になるケースも少なくはないようです。

就職に不利?

日本では歯並びの悪さが原因で就職試験に落ちるということはありませんが、外国ではあり得るのです。
歯並びが綺麗かどうかでその家庭がしっかりしているかどうかまで判断されてしまうこともあるそうです。
日本人は歯並び矯正器具を付けているとからかわれたりしますが、外国では歯並びが悪いとからかわれたりしてしまいます。

ブランド物より歯の健康

ブランド物のバッグや服を身に付けているけど歯並びが悪いのは日本人。
ブランド物を身に付けていないけど歯並びが良く色も綺麗な外国人。
ブランド物は一生付き合っていく物ではありませんが、歯は一生付き合っていく物です。
健康な歯は健康な身体を作ります。
お金をかけるところが日本人と外国人ではどうやら違うようです。

日本人の意識

日本人が歯並び矯正をあまり意識しないのは他にも費用の面や期間にもあるのでしょう。
歯並び矯正は治療してすぐに終わるものではなく、1年半~2年かかります。
1次矯正+2次矯正まで必要な場合は合計で3年~4年かかってしまう人もいます。
もちろん費用も100万円以上かかってしまうこともあります。
食べることや生活に支障がないのであれば、歯並びに100万円かけるよりは塾に行かせた方がいいのではと考える親御さんもいると思います。
これからの未来、益々国際化していきもっと多くの日本人が世界で活躍していくかもしれません。
それが歯並びの悪さのせいで認められなかったなんて悲しいですよね。
スポンサーリンク



矯正は自力ではできないもの?

先にも述べたように歯並び矯正には費用も時間もかかります。
そこでふと思うのが「自力で治すことはできないものか」ということです。
毎日少しづつ押していたら出っ歯が目立たなくなったとか、前歯のすきっ歯がなくなったなんてこと耳にしたことがあるかもしれませんが、これは非常に稀なことのようです。
自分で押して治そうとすると歯茎に変な負担が掛かったり弱くなったりする恐れがあるそうですので、自力で治そうとするのはやめておいた方がいいです。
でも、これ以上歯が歪まないように予防する方法はあるようです。

癖の見直し

実は歯や顎に負担をかけている癖を持っている人がいるんです。癖なので自分では気づかないうちにやっていることが多いので意識しないとなかなか治せないものですが。。。こんな癖持っていませんか?
  1. 頬杖をつく― 本を読んでいる時や何かに集中している時に気が付いたら頬杖をついていることありませんか?
    しかもほぼいつも同じ側。
    顎がずれてかみ合わせが悪くなり歯も歪んでしまいます。
  2. 前歯で唇をかむ― 上の歯で下唇を噛んでいたり、下の歯で上唇の内側をかんでいたりしませんか?歯や顎が歪んでしまう可能性があります。
  3. 上記の2つの癖は見た目で分かるものなので人から指摘してもらいやすく治しやすいかもしれません。

  4. 頬杖をつく
  5. 上記の2つの癖は見た目で分かるものなので人から指摘してもらいやすく治しやすいかもしれません。

〇頬杖をつく― 本を読んでいる時や何かに集中している時に気が付いたら頬杖をついていることありませんか?しかもほぼいつも同じ側。顎がずれてかみ合わせが悪くなり歯も歪んでしまいます。
〇前歯で唇をかむ― 上の歯で下唇を噛んでいたり、下の歯で上唇の内側をかんでいたりしませんか?歯や顎が歪んでしまう可能性があります。
上記の2つの癖は見た目で分かるものなので人から指摘してもらいやすく治しやすいかもしれません。
〇舌で歯を押す―口を閉じた状態で無意識に舌で内側から歯を押してしまう癖のある人がいます。
前歯を歪めてしまう可能性があります。
これは外からは見えないので自分で気づくしかないのと自分で意識しないと治しにくい癖です。
このような癖を持っている場合は、癖を克服することで歯並びを自力では治せないにしてもこれ以上歯を歪めない予防にはなります。

3Dでマウスピース

2016年にアメリカのニュージャージー工科大学の学生が3Dプリンターを使って歯並び矯正用のマウスピースを自力で作成し、無事矯正にも成功したと自身のブログに紹介していたことがありましたが、あくまで自己犠牲実験です。

成功したから良かったですし、歯並びがそこまでひどくはなかったのも良かったのでしょう。

もちろん時間はかかりましたが費用は掛からず自力矯正に成功しましたが、一般人向けではないのでおすすめはできませんね。でも発想と発明は素晴らしいです。

最後に

これからの国際社会と健康な歯の為にも日本人ももう少し歯並びに対する意識を高めないといけないのかもしれませんね。
(因みに筆者はもともと歯並びは悪くはないのですが、銀の被せが奥歯に2,3あるのが口を開けたときに見えるのを外国人の友達に不思議そうにみられたことがあり、なんだか恥ずかしかったです。。。)

スポンサーリンク