キャンピングカー(キャンプ車)の選び方!おすすめは?
みなさんは普段アウトドアを楽しむことはありますか?一切しないという人と、よくキャンプなんかに行く!という人で意見は真っ二つに分かれるかもしれませんね。
最近ではアウトドアも色々と変化して、おしゃれで気軽に楽しめるものとして人気が出てきています。
例えば家族で楽しむキャンプはもちろん、一人でゆっくりと楽しむソロキャンプなんていう言葉もよく聞かれるようになっています。
アウトドアをする上で車って案外大切。人数が多ければ多いほど荷物の量なんかも増えますよね。今回はそこでキャンプ車の選び方やオススメを見ていきましょう。
キャンプ車を選ぶときにはいろんなことを考えて選ばなくてはなりません。
例えばキャンプに行く人数や年齢、荷物をどのくらい詰めるのかなど考えることはたくさんありますよね。ではもっと詳しく説明していきます。

行く人数の把握

まずキャンプに普段行くときにどのくらいの人数で行くのかは大切なことです。
人数ギリギリしか乗れない車よりも荷物を入れるので後部座席は倒してラゲッジスペースになると考え、車の乗員は2人から3人分くらい減るという計算でいなくてはいけません。

次に子供の有無です。

子供といっても中高生くらいであればもう大人と同じ感覚で構いません。ただ幼児なんかの場合にはスライドドアで車高も高すぎない方がベストです。
車高が高いと車酔いを起こしやすいとも言われています。キャンプ場までは山道であることが多いのでこれは考えた方がよさそうです。

車中泊かテント泊か

車の中で寝泊りをするのか否かも大切なことです。車中泊はシートをフルフラットにしマットを敷くな度すれば寝れそうか?というのは確認すべきです。
またテント泊にしてもテントをしっかり収納できるのかということもチェックしなくてはなりません。

シートは防水仕様か

急な雨の場合に車が濡れないように、荷物をのせる前にブルーシートなどを敷くはずですが、それでも完全にはには防ぎきれないために防水であることもポイントです。
スポンサーリンク



オススメのキャンプ車の種類とは

では具体的にどんな車が良いのかというのをみていきましょう。

ヴォクシー トヨタ

ミニバンで三列目を倒してラゲッジスペースにすることも可能です。バーベキューセットなんかは結構かさばるのですがそれでも5人くらいは余裕で乗れます。

デリカD:5 三菱

この車はアウトドア用に開発されたミニバンで悪路、行き道なんかでも安心して走らせることができます。
またシートが汚れプロテクト加工シートというのもありがたいポイントです。

ステップワゴン ホンダ

ステップワゴンは床下格納ができます。またラゲッジスペースが低く、子供でも荷物を積み降ろしできます。他にはテールゲートが縦にも横にもドアが開くので3列目でも乗り降りは楽チンです。

エクストレイル

ラゲッジスペースまで防水で走行性能などもアウトドアに適した車です。座席もフルフラットにできるので急な車中泊も可能です。
3人から4人くらいで行くのであればこれくらいものが良いでしょう。

ジムニー スズキ

ソロキャンプを行うのであればジムニーのように軽自動車でも良いかもしれません。
かなり人気の車で性能は高く高速道路なんかでも十分にそれを発揮するといいます。大きめのテントも入ってしまうことも多いのでオススメです。

まとめ

アウトドアを意識して開発された車は他にもいくつもあります。キャンプが好きでよく行く!という方は今回挙げたような車も検討してみてください。
車次第では快適なキャンプになることでしょう。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!