靴紐ってきっちりしっかり結んだつもりでも、いつの間にか解けてしまっていたり、履いているうちに緩くなってしまったりします。
そんな人は靴紐の通し方や結び方が間違っているのかもしれません。
緩まない方法を一緒に学んでいきましょう。
私も好きなコンバットブーツやミリタリーブーツも靴紐の通し方や結び方があるので、そちらも合わせて学んでみましょう。
靴紐の通し方もいろいろあって、呼び名がついているものもあります。
シングル・パラレル・オーバーラップ・アンダーラップ。
それぞれどのような方法か見てみましょう。

シングル

一番簡単ですが、少々緩みやすいです。
トップの穴に靴紐を通し、下になった方の靴紐をそのまま一番下の反対側の穴に下から上に出てくるように通します。
あとは反対側の穴に上から紐を通し、またその反対側の穴に下から紐を通していくのを繰り替えし、トップまで編んでいきます。
表面を見ると靴紐は一文字が並んでいます。
トップまで来たら蝶々結びをして出来上がりです。

パラレル

シングルに比べて緩みにくいので、長時間歩くのに向いている通し方でスニーカーなどに適しています。
一番下の穴2つに靴紐を両サイド上から下に両方とも通します。
この時点で紐の長さを均等に調整します。
片方の紐を反対側の穴(下から2番目)に下から上に出てくるように通します。
そのまま一文字になるように反対側の穴(下から2番目)に上から下に通します。
次はもう片側の靴紐です。
下から2番目の穴はもうどちらも埋まっているので、まず反対側の穴(下から3番目)に下から上に紐を通します。
そして、そのまま一文字になるように反対側の穴(下から3番目)に上から下に通します。
このように交互に靴紐を通しながらトップまでもっていき最後は蝶々結びで出来上がりです。
交互に交差させていくので、緩みが少なくしっかりとします。

オーバーラップ

しっかりと絡めていく通し方なので、靴紐は緩みにくいです。スポーツなどをする時に向いています。
一番下の穴2つに靴紐を両サイド上から下に両方とも通します。
この時点で紐の長さを均等に調整します。
片方の紐を反対側の穴(下から2番目)に上から下に通します。
今度はもう一方の紐を反対側の穴(下から2番目)に上から下に通します。
紐を左右交差させていきながらトップまで紐を通します。
表面を見ると、一番下は一文字、2番目からは紐が上から下に通った✖マークが出来ているはずです。

アンダーラップ

オーバーラップの反対バージョンです。
一番定番な通し方ではないでしょうか。
フィット感があってよいので、ハイカットのシューズやブーツにおすすめです。
少々緩みやすいですが、結びをといた時に全体が一気に緩むので脱ぎやすくなります。
一番下の穴2つに靴紐を両サイド下から上に両方とも通します。
この時点で紐の長さを均等に調整します。
片方の紐を反対側の穴(下から2番目)に下から上に通します。
今度はもう一方の紐を反対側の穴(下から2番目)に下から上に通します。
紐を左右交差させていきながらトップまで紐を通します。
トップまで来たら蝶々結びで出来上がり。
表面は全部紐が下から上に出てきている状態で✖マークになっているはずです。

コンバットブーツに向いているのは


コンバットブーツやミリタリーブーツにはパラレルかオーバーラップの通し方が向いていますが、別の通し方もあります。

アーミー

一番下の穴2つに靴紐を両サイド下から上に両方とも通します。
この時点で紐の長さを均等に調整します。
片方の紐を同じ側の次の穴(下から2番目)に上から下に通します。
もう片方の紐も同じ側の次の穴に上から下に通します。
次に下で交差するように、片方の紐を反対側の穴(下から3番目)に下から上に通します。
もう片方の紐も反対側の穴に下から上に通します。
次はまた、同じ側の穴に紐を上から下に通して、次は下で交差、下から上に紐を通す。
この繰り返しです。
かなり緩みにくく、アーミーと呼ばれるくらいですから、軍人さん達がしている通し方です。
日本の自衛隊は主にオーバーラップを採用しているようです。
スポンサーリンク



結び方

靴紐の結び方もいろいろあります。
簡単で緩みにくい方法をお教えします。

イアン・セキュア・ノット

普通に一回結んだら、両方の紐に輪っかを作ります。
その輪っかを蝶々結びのように通すのですが、片方の紐だけを輪っかに通すのではなく、小輪っか両方とも大輪っかの両側から通し引っ張れば完成です。
かなり緩みにくい結び方なので、スポーツなどに適しています。
もちろんコンバットブーツにもいいですね。

まとめ

靴紐の通し方には38種類ほど(海外サイトを見ると、実に54種類ほど)あります。
結び方も18種類(もしくはそれ以上)あります。
全部の方法を試すのは大変ですが、それぞれ用途や靴の種類に適している方法がありますので、皆さんもぜひ調べてやってみてくださいね。

   

スポンサーリンク