革靴にせよスニーカーにせよ、紐付きの靴を履いたり脱いだりする時は靴紐はどうしていますか?3年程カウチサーフィンを受け入れしていて外国人の方々が沢山泊まっていかれました。
ほとんどの外国人たちは靴を脱ぐ時は紐をほどいて、履くときにまた結んでいました。自分はもともと靴紐をほどかないし、結び目が表に出ないように結び方を変えているので、いちいちほどくのも面倒です。
でも、正しいのはほどく、ほどかないどちらなのでしょう?
自分の周りの日本人で靴紐をほどく人はいない気がします。知る限りでは外国人ばかりがほどくのですが、日本人はほどかない人の方が多いのでしょうか?
主人も外国人でほどく派なのですが、始めの方は自分や家族が靴紐をほどかずサッと靴を脱いで家に上がるのを見て、
「なんで靴紐をほどかずに靴が脱げるんだ???」
という疑問を持っていました。
そして、スニーカーを履いている状態の私の靴紐を触ってチェックし、靴が簡単に脱ぎ履き出来る原因を発見。
「こんなに靴紐が緩かったら歩きにくいだろう!?」
と。
自分としては歩くのに負担がかかるほど緩くは全然ないのですが。。。
主人の主張は、

  • 靴紐をきちんと締めて足にフィットさせないと足に負担がかかる。
  • 靴紐をほどかずに脱ぎ履きすると、足を入れる口の部分が伸びてがばがばになったり、かかとを踏んでしまったりして、靴を傷める。
  • 靴紐がついている靴は紐をほどいたり結んだりするためにあるのだから、ほどかないなら靴紐のない靴を選んで履くべき。
言われてみると、どれも正解です。
スポンサーリンク



靴紐をほどかない派

「面倒くさい」
この一言でしょうか。
あとは、
  • 靴を脱いだ時に紐が横にダラーンとしているのは、他の靴に邪魔だし見栄えがよくない、そして紐が汚れる。
  • 結び方を変えて見た目をすっきりおしゃれっぽく見せているので、ほどきにくい。
こんなものですね。
スニーカーに限りの話になりますが、自分の場合はいつも結び目を内側に入れて結んでいるので表にはでてないんです。
なぜなら、結び目が外だと緩くなったりほどけたりして紐を踏んずけてしまい、紐が痛むし汚れる。
見た目も紐がないとすっきりみえる。
展示している商品は結び目が見えてなかったりするものも多く、見た目もすっきり靴の形がよく見えます。
登山靴のような感じのガッチリ系の靴も好きなのですが、「今日はがっつり歩くぞ!」というとき以外、普段履きに使用する時は後半少し紐を緩めに通して上まで紐をかけず、足首でしかも内側に結んでいます。
なので、やっぱりいちいちほどきません。
スポンサーリンク



検証

改めて自分のよく履いているスニーカーと主人のスニーカーを見て比べてみると、主人の方は靴紐がやっぱり下にダラーンとなって玄関の床についている。
自分の方は、少し遠目からパッと見た感じは紐の結び目も見えないしいい感じか普通に見えるが、近づくと主人の靴より太っている。
足を入れる口の部分がまるであんぐりと大きな口を開けているように見え、しかも伸びて幅広になっているので、主人のと並べたら自分のスニーカーの方が明らかに太っていました。
折角の結び方も太った靴にはスッキリとは見えない。。逆に結び目が見える方があんぐり口に目がいかなくていいのでは?とも思ったり。。。
スポンサーリンク



結果

靴紐をほどく派の方々の意見が正解!だと感じました。。。
安物の靴を買って履いているので、痛んで履けなくなったらまた次のを買えばいいと思っていましたが
(そのくらいで丁度飽きもくるので)、
でも靴紐をきちんとほどいて脱ぎ履きした方が安物の靴でも今まで以上に長持ちしますし、靴が太らない。
靴を買い替えるより靴紐を買い替える方が経済的にもいいですし、飽きが来たなら靴紐の色や柄を変えて結び方もいろいろあるので、また変えると雰囲気が違ってきます。
それでもやっぱり靴紐をいちいちほどくのが面倒くさい人は、靴ベラを使ったり、100均でも伸びる靴紐が販売されているので試してみてもいいかも。
そして、自分の靴はと言うと、、、相変わらず太っています。
やっぱり、根っからの面倒くさがり屋なのでしょう。。。
スポンサーリンク