靴を脱いだ時に「あれっ?臭う?」と思うことありませんか。
一日中歩きまわって蒸れた靴の中は思いもよらない臭いがします。
我が家では、兄の靴、靴下、足から酸っぱいような得も言われぬ臭いがするので、帰宅後のは一直線に風呂場に行き足を洗うのが日課です。
でも、いくら足を洗っても、靴や靴下に臭いが染みついていると意味がない気がします。
靴下も普通に洗濯するだけでは臭いが残っている気がします。
靴に至っては毎日洗う訳にもいきません。
そこで、靴や靴下の洗い方・臭いケアの仕方についてご紹介していきます。
人間の足は毎日約コップ1杯の汗をかくと言われています。
結構な量ですよね。
一日中靴を履きっぱなしだとその汗はどうなるんでしょう?

足の臭い

私たちの皮膚にはたくさんの常在菌と呼ばれる菌がいます。
足の裏や平にももちろんいます。
足にいる常在菌の中で汗を分解してくれる菌がいます。
実は汗自体は臭いはないのですが、この汗を分解してくれた常在菌が出す排泄物が臭いの原因の一つなんです。

靴や靴下の臭い

靴や靴下の臭いは雑菌からきていることが多いです。
特に靴は毎日洗うものではないので雑菌が居座っていますし、ほぼ一日中履いていた靴は熱と汗で高温多湿の雑菌にとっては嬉しい環境で繁殖しまくりです。
そして臭いのもとをどんどんと増やしていきます。
靴下も靴の雑菌が移っている上に足の常在菌による排泄物の臭いで臭くなります。
つまり、臭いの原因の主には菌が発生させているということですね。
スポンサーリンク



洗い方や消臭に工夫を

スニーカーなど洗いやすい靴は洗濯して臭いを落とします。
そのうえで普段からの消臭にも気をつけましょう。

洗い方

用意するものは簡単です。
  • 固形石鹼
  • 酸素系漂白剤
  • 使用済み歯ブラシ
  • タオル
  • ゴム手袋
まずは、靴の中敷きと紐は取ってしまいます。
靴の表面や底についた土汚れを歯ブラシで落とします。
洗面台もしくは大きめのバケツかタライにぬるま湯(40度くらい)を用意し固形石鹸を入れて水が白く濁る程度まで溶かします。
そこに靴をしっかり付け込んでから歯ブラシを使って軽く洗っていきます。
水もしくはぬるま湯でゆすぎます。
次に、また用意したぬるま湯に酸素系漂白剤を投入します。
目安は1~2リットルに対して大きいスプーン一杯くらいです。
(汚れ具合によります。)
そこに先程の靴を投入して約1時間付け込んでおきます。

付け込みが終わったら軽く歯ブラシで全体、内側をこすり水もしくはぬるま湯でしっかりゆすぎます。
タオルで脱水して後は風通しの良いところに日陰干しします。
脱水は、気にならなければ洗濯機で脱水すると乾きもはやいです。

酸素系漂白剤は除菌・消臭もしてくれるのでイヤーな臭いもこれで取れていると思いますよ。
手荒れの心配があるので、ゴム手袋を使用してください。
靴の中敷きや紐も酸素系漂白剤に浸け置き洗いします。
ただし、靴紐の場合は先の部分の接着が剥がれないように時間は短めにして洗います。
折角靴を洗ったのに中敷きを洗わずに菌がついたままだと元の木阿弥です。

靴下も酸素系漂白剤で

靴下も同じように酸素系漂白剤で除菌・消臭が出来ます。
靴下は靴より簡単。基本は同じようにぬるま湯に酸素系漂白剤を入れ靴下を浸け置き洗いです。
靴下の場合は靴紐のように時間は短めに、長くても30分付け込みます。
後は軽くゆすいで洗濯機に投入。
普段と同じように洗濯するだけです。
これだけでなんだか消えなかった臭いや汚れが気にならなくなります。
スポンサーリンク



消臭対策も忘れずに

消臭対策もいろいろあります。
靴は毎日洗わないので消臭対策を心がけることで臭いをおさえられます。方法としては簡単なものは、
  • 10円玉を数枚脱いだ靴に入れておく。銅が菌を分解してくれます。
    (が、私的には10円とも言えお金ですから臭い靴に入れるには抵抗があります。)
  • お菓子などのシリカゲルを入れておく。湿気は雑菌の大好物です。シリカゲルは乾燥剤ですし、わざわざ買わなくてもお菓子の袋の中や海苔の袋の中に入っています。玄関に置いておけば、帰宅後すぐに入れられます。また外で靴を脱ぐことがあれば、鞄に入れておいて靴を脱ぎ着する時にこっそり出し入れすればいいんです。
  • 消臭スプレーを併用します。消臭スプレーをしたうえでシリカゲルを入れておくと効果もあがります。

おしまいに

靴や靴下の臭いのもとである菌を取って清潔にすることが一番です。
臭いは夏だけでなく冬もブーツの中が蒸れて臭くなりがちなので消臭ケアをして臭いのストレスから少しでも逃れましょう。
スポンサーリンク