骨盤ベルトの役割って?産後だけでなく産前も効果あり!
妊娠中には体がどんどん変化し様々な場所に負担がかかっていきます。
特にお腹が出てくると腰痛を感じるママは多いようですね。
腰痛が辛いと出かけることすら億劫に…。
そんな時に活用して欲しいのが骨盤ベルト。
産後アイテムの一つとして知られていますが実は妊娠中も活用できるものです。
そこで今回は産前に骨盤ベルトを使うメリットなどを見ていきましょう。
スポンサーリンク


骨盤ベルトは様々なメリットがあると言われています。

骨盤の歪み予防

妊娠中は骨盤がどんどん緩み始めるために正しい位置で固定することが大切です。
というのももしも骨盤が歪んだままの場合に難産になるリスクは高まると言われています。
逆子防止や早産防止にもつながるのでとても大切です。
産後も開ききった骨盤を矯正するのに必須ですよ。

腰痛改善

次に腰痛を改善してくれるとして愛用しているママも多いですね。
妊婦さんの腰痛の原因はもともとホルモンの関係や筋肉量の低下、重心の変化などが関係していると言われています。
腰だけでなくその上の背骨も支えることにつながり腰と背中の筋肉負担を軽くできます。

恥骨痛を和らげる

お腹が大きくなる後期に入るとママは恥骨に痛みを感じ始めます。
原因としては同じくホルモンです。
リラキシンというホルモンが左右の恥骨をつなぐ恥骨結合を緩ませるのです。
これが痛みにつながっています。
骨盤ベルトで支えると結果的には子宮を支えることにもつながり恥骨痛予防のみならず赤ちゃんが早い段階で下に下がってしまわないというメリットもあるのです。

後太りを防ぐ

産後.ベルトはまた産後に気になる体型崩れに悩みも解消してくれるといいます。
産後の骨盤は緩んでいるのですがこれを放置すると歪み、ズレが必ずできます。すると下半身太りなどの原因になるのです。
スポンサーリンク


骨盤ベルトの種類と使い方

骨盤ベルトと一口に言っても種類が大きき二つあります。

h3>ベルトタイプ
一つ目がベルトタイプ。
このタイプは骨盤の周りにベルトを巻きつけてて使います。
最後にマジックテープなどで固定するのが定番です。
このタイプは産後まで使えます。
ただしっかり固定できる分動きづらさを感じることもあるかもしれません。
また固いものだと服装に響く恐れもあります。
またトイレのたびに装着が面倒だという意見もありますね。

ガードルタイプ

このタイプはその名の通りガードルのような作りでお尻まで包み込むのが特徴です。
トイレでの着脱も簡単で便利が良いです。
ただしベルトタイプに比べて固定の力は弱く、肌に触れている面積が多いので洗い替えがあった方が良いかもしれません。
他に骨盤ベルトを購入するにあたって大事なポイントはサイズでしょうか。
サイズが合っていないと意味がないので慎重に選んだ方が良いですね。

基本は妊娠前と同じサイズのものを選べば問題がないことが

多いのですが妊娠中って一気に体重が増える妊婦さんも多いので難しいところです。
目安として妊娠前より8キロ以上体重が増えていればもうワンサイズ上のものを念のため購入した方が良いかもしれません。

試着ができる場合も多いのでその場合はつけてみてサイズを確かめましょう。

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?
妊娠中はみるみるうちに体型が変わりますがこの間にしっかり骨盤を矯正しておくことで産後に体型が戻りやすくなるなどメリットはたくさんです。
また体型以外でも骨盤の歪みを放置しておけば健康面でいろんなトラブルが起きる原因となってしまいます。
面倒ではありますが産前産後としっかり骨盤ケアを行うようにしましょうね。
骨盤ベルト以外に骨盤体操なんかもあるのでそう言ったものも一緒に取り入れてみてください!
スポンサーリンク