交通事故で示談金の相場って決まっているの?
よくニュースなどで聞かれる示談金というもの。
あまりそういったトラブルに巻き込まれたことがない人は何のことなのか正しく理解していないことも多いのではないでしょうか。
示談金はいろんな場面で用いられる言葉ですが中でも多いのが交通事故の際。
小さな事故の場合なんかによく示談で進めていくことが多いようですね。
そこで今回は交通事故の際の示談金の相場なども見ていきます。
スポンサーリンク


皆さん一度は「示談金」という言葉を聞いたことがあるはずですが、そもそもこの示談金とはなんのことを指しているのかというと、―被害者に発生した損害を加害者側が支払う損害賠償金のことです。
示談金は必ず被害者と加害者の双方が納得し決められるようになっています。
因みに慰謝料という言葉もよく聞かれますは、これも示談金の一部で精神的苦痛に対し支払われます。
他には示談金には入院費や通院費、介護費用に葬儀費用などが含まれています。
因みに示談金の内訳に関しては被害者の怪我の具合などで変わってきます。
例えば被害者側が怪我をしていない場合には車の修理費や車が使えない間のタクシー代あるいはレンタカー代が支払われます。
他には事故によって壊れてしまった衣類なども示談金の一部として認められます。
つぎに通院のみ、つまり軽傷の場合に治療費と通院慰謝料や仕事を休んだ場合に休業損害などが支払われます。
次に入院をし後遺症が残ったケース。
この場合に治療費などは同じですが他に後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益なども支払わなければならない事態になっていると言えるでしょう。
そして最後に残念ながら死亡してしまった場合。この場合は被害者本に対する死亡慰謝料と遺族に対する死亡慰謝料などが支払われます。

示談金の相場っていくらくらい?交渉をしっかりしましょう

示談金の相場は。

示談金のルールがわかったところで今度はどのくらいが相場なのかということ。
事故の大きさで異なります。
怪我のない小さな事故の場合は治療費も含め最大1人120万程度。
後遺症が残った場合は最大4000円万円、死亡の場合は補償金は1人あたりで計算し最大3000万円くらいが相場のようですね。
ただし状況でかなり変わるので一概に言えません。

示談ってどう解決するの?

交通事故が発生したらまずは治療です。
そして症状が治れば良いのですが治療をしても一向に痛みが引かない場合症状固定として、後遺障害に入れられます。
そして主治医に後遺障害診断書を作成してもらいます。
後遺障害の等級申請があるので手続きを行い審査に後に等級に認定が認められます。
これをもとに示談交渉を行っていくのです。
一度示談をしてしまうとやり直しがきかないので、必ず慎重に判断します。
最初、はるかに低い金額を提示してくる保険会社もあるので注意ですよ。
示談屋なんて呼ばれているところだと相場の4割くらいを提示してくることもあります。
また示談を早めに済ませようと働きかけてくる保険会社もあります。
しかしこの場合後で症状固定され後遺障害が明らかになっても損害賠償金を請求できないのですぐに応じるのは危険です。
早めに示談に持ち込もうとする場合にそもそも支払う保険料を安くしようとしている可能性があります。
ですから必ず「症状固定してから」と主張しましょう。
ちなみに示談にはさまざまな書類を提出しなければなりません。
これも結構大変なので覚えておきましょう。
スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?
交通事故が起きると示談などいろんな話が出てきてわけがわからなくなる方も多いですが、決して被害者が損をしないようにしっかりと慎重に進めていきましょうね。
弁護士の中には交通事故問題に精通した人もいるので相談してみると良いかもしれません。

みんな読んでいる関連記事!