口臭は、ここぞ!
というときに気になってしまいます。
口臭が気になると、
コミュニケーションをとるのが
怖くなってしまいますよね。
原因に合わせた対策をとって、
身近なものや専用のグッズを使って
口臭に別れを告げてしまいましょう!
口臭の原因は、
生理的な原因のもの、
食品が原因のもの、
病気が原因のものの
3パターンに分けられます。
それぞれの原因に応じて、
適切な口臭の対策をしていきましょう!
スポンサーリンク



まずは生理的な理由によるものです。
生きていく上で
どうしてもなってしまうものです。
どうしてもなってしまいますが、
対策をちゃんと取っていれば
防ぐことができます。

緊張しているときは口臭が発生?!対策は?!

緊張しているときや
ストレスがかかっているときは
口の中が乾燥するため、
口臭が発生しやすくなります。
水やお茶を飲んで口の中を潤したり、
ガムをかんだりすると
口臭を抑えることができます。
また、体をリラックスさせることも
効果があります。
身体をリラックスさせるには
副交感神経を活発にさせる
必要があります。
爪の生え際に副交感神経を
活発にしてくれるツボがあるので、
爪をもんであげます。
マッサージにもなるので、
緊張して手が
冷えてしまっているときにも
おすすめです。

寝起きの口臭もおさえよう!対策は?!

寝起きの口臭って
とっても気になりますよね。
寝ている間に、
口の中ではバクテリアが多く
発生しています。
このバクテリアが
口臭の原因になっているので、
バクテリアの発生を抑えてくれる
効果のある
歯磨き粉や
オーラルリンスを使のが効果的です。

お腹が空いていても…口臭と対策

お腹が空いているときや
食事を抜くような
無理なダイエットをしているときにも
口臭が発生します。
お腹が空いていると
唾液の分泌が減るため、
口の中が乾いてしまい、
口臭につながってしまいます。
水分をとったり、
軽く食事をとったりすると
解消されます。
また、食事を抜くような
無理なダイエットはせずに、
健康的なバランスの整った
食事を心がけましょう。
無理なダイエットは口臭以外にも
身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

舌の汚れが原因でも口臭が!対策は?

舌に汚れが溜まっていても
口臭の原因になってしまいます。
口呼吸をしていて、
口の中が乾燥して
口臭につながってしまったり、
舌の汚れが
取りにくくなったりしてしまいます。
口呼吸はなるべくしないようにして、
口の中が
乾燥しないように注意しましょう。
舌についた汚れが溜まってしまったら、
舌ブラシを使って掃除してあげます。
舌ブラシは、
舌に傷がついてしまうのを防ぐため、
柔らかいものを選んで
優しく使ってください。
スポンサーリンク



食品が原因でも口臭が!?対策は?

つぎに口臭に影響を与える
食品について見ていきたいと思います。
口臭のもとになる食品は
にんにく、玉ねぎ、にら、
コーヒーがあげられます。
これらの食品は、
そのもののニオイが
強く残ってしまったり、
ニオイの成分が体内で分解されて
血液中に入ってしまうことで、
口臭につながってしまいます。
なので、ニオイの成分が
身体のなかに吸収される前に
消臭効果のある
食べ物や飲み物を摂っておくと、
ニオイを抑えることができます。
食品が原因の場合は、
緑茶を飲むことと、
リンゴを食べることがおすすめです。
緑茶には、
葉緑素やカテキンといった
消臭効果がある成分が
多く含まれています。
これらの成分の効果を利用します。
カテキンには殺菌作用があるので、
すぐに口臭を消したい!
というときにおすすめです。
リンゴには
ポリフェノールが含まれていて、
このニオイを
消してくれる効果があります。
体の中に吸収されてしまう前に、
ニオイのもとになる成分と
ポリフェノールを
反応させてしまいましょう。
特に、にんにくに含まれる
ニオイの成分に効果があります。
にんにくの使われている料理の後に、
デザートとしてリンゴを食べると
口の中も息もすっきりできますね。
スポンサーリンク



病気が原因での口臭と対策

最後に、病気が原因の場合について
見ていきます。
病気の場合は
大きく口の中が原因のものと
消化器官が原因のものの、
2つのパターンに
分けることができます。

プラークが原因のもの

プラークをご存知ですか?
プラークは、
歯垢のことです。
歯垢は食事などの際に
溜まってしまう汚れのことです。
これが溜まってしまうことで、
歯周病や虫歯になってしまいます。
なってしまったら、
悪化してしまう前に病院に行って
治療してもらいましょう。
歯周病の場合も虫歯の場合も、
予防には歯磨きを丁寧にすることが
必要です。
歯磨きの際にプラークを
しっかりと落としてあげるのが
重要です。
おすすめのグッズは、
マウスウォッシュと歯間ブラシです。
歯ブラシではなかなか取りにくい、
歯と歯の間のプラークを
除去するのに便利です。

消化器官の不調

消化器官が病気になっている場合や
不調になっている場合に
口臭が発生することがあります。
まず病気の場合ですが、
肝硬変などの肝疾患になっている場合、
糖尿病や肥満になっている場合に
口臭が発生します。
病気になってしまっている場合は、
病気を特定し、
その治療に入る必要があります。
そのなかで、
生活習慣の見直しなどを
しっかりとしていきましょう。
また、消化器官が不調の場合にも
口臭が発生してしまいます。
この場合は大きく2パターンあります。
胃の不調の場合と便秘の場合です。
胃の不調の場合は、
食べ物が消化しきれていないことが
主な原因です。
暴飲や暴食はしていませんか?
また、夜遅くに食べて、
消化しきれないまま寝ていませんか?
あてはまる方は
生活習慣の改善をしましょう。
便秘になっていると、
有毒なガスが腸内で発生します。
このガスが
口臭の原因になってしまいます。
便秘解消のため、
食物繊維を多く含む
さつまいもなどの野菜や果物を
しっかりとりましょう。
また、適度な運動を行い、
生活習慣の改善に努めましょう。
スポンサーリンク



まとめ

口臭の原因3パターンと
その対策についてみてきました。
対策グッズは
どれも簡単に入手できるものです。
それぞれうまく活用して、
口臭に悩まされない
快適な生活を送りましょう!
スポンサーリンク