毎年恒例の衣替え。スッキリと簡単に収納する方法いろいろ。
ほとんどの人が経験している毎年恒例の衣替え。
春夏物と秋冬物の入れ替えをするので年に2回しないといけないです。
その度に収納方法に悩んでいませんか?
服や小物も毎年少なからず買っているので、気づいたら結構増えていたりして今までの収納ではスペースが足りないなんてことも発生してきます。
衣替えした物たちがスッキリと簡単に収納できる方法をいろいろ上げてみます。
上記でも言いましたが、服や小物はいつの間にか増えていってしまいます。
いつか着るだろう・使うだろうと大事に取っておいて結局は箪笥の肥やしになってしまっていたり、リメイク出来るんでは、と思いながら結局リメイクしないまま袋に入っていたり、という方も少なくはないと思います。
収納をスッキリ綺麗にさせるためには「溜め込まない」ことです。
3年以上着ていない服はこれからも着る確率は無きに等しいです。
  • 取っておく物
  • 捨てるもの
  • 売るもの
でまず、分けてみましょう。
服に限らず、小物でもペアの片方がなくなっているのになぜかずっと持っているとか。
(私はピアスがいつの間にか片方なくなっていたりすることが多かったので、耳にピアス穴をもう一つ開けて一つになったピアスもつけれるようにしてます。おしゃれっぽく有効活用です。ははは。)
スポンサーリンク



重ね収納はNG

普段の衣服の収納もそうですが、衣替えをする時の収納も重ね収納よりも縦収納をおすすめします。
縦収納は「見やすく・取り出しやすく・虫に喰われにくい」という利点があります。
また収納力も重ね収納よりもいいです。
縦収納のコツは服をたたむ時に幅と高さを揃えることです。
普段から箪笥に縦収納で入れておくと、衣替えの時にそのまま簡単に入れ変えることができるので時間短縮にもなります。
「スッキリ簡単」が出来ちゃいます。
そして、虫よけを一番上に置いておくと全体に回りやすいので重ね収納よりも効果的です。
スポンサーリンク



スペースは有効に

押し入れやクローゼットに収納する時にデッドスペースが気になったりしませんか?そんな時は100均やホームセンターなどに売っている収納ボックス(収納ケースではなく)を上手に使いましょう。
主にはその季節には使用しない小物(春夏なら冬帽子や手袋・マフラー、秋冬なら夏帽子や水着関係)などを入れて吊るしの下のスペースや上部棚に収めます。
ポイントとしては、
  • 収納ボックスは同じ種類の物。
  • 2個以上並べて収納ボックスを置くときは同じ大きさの物。
  • パッと見て分かるようにボックスの側面に内容物がわかるレーベルをする。
デッドスペースを有効に活用できるだけでなく見た目もスッキリしますし、レーベルは貼るタイプではなく、差込み式にしておくと春夏用・秋冬用で中身を変える時にレーベルも後ろ前に入れ替えるだけでいいので簡単です。
スポンサーリンク



圧縮袋で小さく

一番場所をとってしまうのが寝具。
数は少なくとも物が大きいので場所をとってしまいます。
夏物の寝具はまだ薄いのでいいですが、冬物の寝具は分厚く夏よりも数があります。
寝具は100均でもホームセンターでも売っている蒲団圧縮袋を利用しましょう。
薄い夏の寝具でも圧縮するともっと薄くなります。
冬物をしまうときはセーターなどかさばる物も大きさを合わせてたたんで、何枚かづつ一緒に圧縮してしまうとかさばりません。
(掃除機を使用するタイプで、ノズルを抜くときに失敗せずに上手に圧縮袋を縮めることが出来たらちょっと気持ちいいです。)
スポンサーリンク



ここで注意点

衣替えで注意しておくことは「洗ってからしまう」ことです。衣類などはちょっとの時間しか着ていなかったらもう一回着てから洗おう、という事ありませんか?また、帽子や上着などはしょっちゅう洗うものでもなかったりします。
でもそのまま衣替えでしまってしまうと生地についた汗や皮脂などが黄ばみや臭い、虫喰いの原因になってしまいます。もちろん寝具も同じです。無駄を避けるためには一手間を惜しまないようにしてくださいね。

おしまい

もう衣替えをした方も、まだこれからの方も、収納方法をちょっと見直してみるとまだまだスッキリ綺麗に簡単に出来る部分があるかもしれませんよ。
吊るしも綺麗に見せるには同じ種類のハンガーで揃えた方が方の高さが同じになるのでスッキリ見えます。
衣替えはスッキリ収納のチャンスの時なので頑張りましょう!
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!