6月に各家庭で行われるイベントといえば、衣替え。夏に向けて、しっかりとクローゼットの中を整理したいですね。ここでは6月の衣替えを始める前に知っておきたい情報をまとめてご紹介します。
なんと、衣替えは平安時代から続く日本の習慣です。現代ではスーツや支給される制服などを冬服から夏服に変えるタイミングだったり、各家庭で冬服をしまって春物や夏物を出すタイミングになっています。

衣替えの時期は地域によってさまざま

一般的に、衣替えが行われる時期は6月1日と10月1日です。しかし、地域によって温度差があるのでこの時期に衣替えを行うのが適さない場合もあります。
そのため、気候が温かい地域では夏の衣替えは5月1日ごろに、冬の衣替えは11月1日ごろに行われます。また寒冷な地域では、6月15日ごろに夏の衣替えを、9月15ごろに冬の衣替えを行うことが多いです。
ただし、これはあくまで会社や学校といった公共の場での話なので、家庭内の衣替えは自分が良いと思ったタイミングに行えばよいでしょう。気温を目安にすると、20度以上の日が続く場合は夏の衣替えに適した時期といえます。
スポンサーリンク



6月に衣替えをするときの注意点

梅雨の時期である6月に衣替えをする場合、気を付けたいのが天気です。衣替えは、晴れの日に行うのが理想的とされています。
これから使う春物や夏物の洋服は問題ないのですが、使われなくなる秋物・冬物の洋服は、湿度が高い日にしまうとダメージを受ける可能性があるからです。さらに時間帯は、太陽が昇る10~14時ごろが最も良いとされています。
スポンサーリンク



6月の衣替えのポイント

真夏のような暑さを記録する日もあれば、冬の気温に逆戻りするなど、4~6月って天候が安定しませんよね。そのため最近の衣替えでは、一度に服を入れ替えるのではなく、少しずつ洋服を入れ替えるのが主流になっています。
まずはアウターをしまい、その後はニット系の衣類をしまいます。それにあわせて、少しずつ春物や夏物を増やしていきますが、急な寒さに備えて6月いっぱいまでは羽織れる春物カーディガンは残しておくと良いでしょう。
7月に入ったらカーディガンを含めた春物をしまい、夏物だけにしても問題ありません。天候に合わせて上手に衣替えを進めましょう。

断捨離も一緒に行うとさらに良い衣替えに

衣替えと断捨離を一緒に行うと、効率的に整理整頓ができるのでおすすめです。冬服をしまうときに、もう傷んで着られないものや、ワンシーズン通して着なかったものはないかチェックしてみましょう。
また、春物や夏物を出すときにも、色あせなどで傷んでいるものはないか、流行から外れているので着る機会がなさそうなものはないかチェックしましょう。これだけでもクローゼットがスッキリしますよ!
スポンサーリンク