バイトの中には色んな種類のものもありますよね。例えば飲食、塾講師、コンビニなんかでバイトしている学生は多いですね。そんな中でもやりがいや、楽しさを求める人に人気なのがコンサートスタッフ。
単発の仕事になるのですが、メリットも意外と多く、アーティストの身近で働けるなんてそうそうないこと。
是非やってみたい!という人は多いんです。
そこで今回は気になるコンサートスタッフのバイトの詳細や時給なんかについてみていきましょう。
コンサートスタッフってやったことがない人にとっては結構未知の世界。自分にも出来るのか…ちょっと不安に思うもしれません。具体的にどんなことをするのでしょうか?

コンサートスタッフの仕事内容とは

コンサートスタッフには色んな仕事があり、まずはさまざまな準備が必要ですよね。会場の設営作業なんかは朝早くから行われます。大勢で行うので力仕事というほど大変ではないですが、それが終わると今度はグッヅ売りなどにすぐに回されます。
受付やチケットもぎりなんかに割り当てられることもありますね。あるいは男性は特に警備係にされることも多いです。
コンサートが始まると今度はステージに背を向け観客のチェックなんかを行ったりします。例えばカメラ撮影やマナーが悪い人を注意することもあります

またなかにはコンサートの演出として風船を飛ばすなどの簡単な作業を行うことがあります。ちょっと面白い体験ですよね。
コンサート終わりにも仕事は続きます。ゴミ拾いや片付け、撤去作業です。全ての作業が終わるのはかなり遅い時間になることもあります。

時給はどのくらい?

コンサートスタッフのような単発の仕事は時給が高いことが多いですよね。普通、定期のバイトでいうと時給は800円から900円前後が多い中、コンサートスタッフの場合は時給1,000円くらい。東京だと1,500円くらいの場合も珍しくありません。
交通費もさらに出してもらえることもあります。そのため短期間でがっつり稼ぎたい若い人に人気が高いんですね。

コンサートスタッフのバイトは大変?

コンサートスタッフのバイトは大変なの?時給は?体力必要と聞きます、コンサートスタッフのバイトもやはり他のバイトに比べて大変なのでしょうか?
実際にコンサートスタッフのバイトを経験した人が感じる大変だったところでいうと、拘束時間が長いというのがあるようですね。

朝から夜遅くまで、しかも待ち時間が数時間なんていうこともあるのでそこがデメリットです。
ただそれ以外でいうと単発なのでその日のみで人付き合いもなく、お弁当なんかの支給もあることが多いのでメリットが多いとも言えるでしょう。
あとは向き不向きでしょうか。拘束時間に関しても拘束されていた時間分の給料が支給されます。
少しでも興味がある、やってみたいというのであれば是非挑戦してみてください。
回数を重ねれば重ねるほど、楽なポジションなんかを優先して選べたりもするようですよ。中にはリーダーに抜擢され時給が上がった!なんていうことも!ぜひ一度やってみてください。
スポンサーリンク



まとめ

コンサートスタッフは時給が高い分、定期的に入れるバイトではないのですが、1日でしっかり稼げるのでオススメです。学生の長期休暇なんかの間にはコンサートも多いので募集もいつもよりしていることも多いですよ。
ちなみにコンサートスタッフのバイトは人材派遣会社などに登録してそこから条件が合うものにエントリーして初めてお仕事ができます。どこの会社に登録するのかも時給を含め重要なポイントなのでよく見極めてくださいね。
同じ現場で同じ作業をしていても時給が全く違うこともあるんだそうですよ。
スポンサーリンク