ドラマでも時々主人公や

サブキャストが
心に大きな衝撃を受け、

それが原因となって

突然声が出なくなってしまった
という設定があります。

ドラマの「スマイル」の

新垣結衣が演じる役は
小さい頃に受けたストレスで
声が出なくなってしまいました。

このような症状を

「失声症」と言われますが、
実際には
どのような病気なのでしょうか。

スポンサーリンク



失声症とは、

声を出すための発声器官にも
脳にも異常はないにもかかわらず、

話そうとしても声が出なかったり、

声がかすれてうまく言葉を
発することができない症状です。

事故に遭うなど衝撃的な出来事や

精神的なストレスを
長く受けていたなど、

精神的な大きなストレスが

主な原因と言われています。

現時点では男性よりも

女性の方がかかりやすく、
しかも30代~40代が比較的多いという
統計があるそうです。

ストレスによって起こった

自律神経の乱れが喉を動かす筋肉に
うまく指示が出せず

声が出せなくなっているのでは

ないかと言われています。

実はストレスによる

自律神経の乱れで起こる
体の不調は
失声症だけに限る物ではなく、

ショックを受けた時の

記憶がなくなったり
手足の動きに
不調が出ることもあります。

スポンサーリンク



失語症とは?

似たような言葉で

「失語症」という病気がありますが、
「失声症」とはまた違うものです。

失語症は言語障害の一つで

言葉の意味が混乱してしまい
わからなくなり、

物を指して違う名称で呼んだり、

または字を読むことや聞くこと
(聞こえているが意味がわからない)
にまで不調が出てくる病気のことです。

失語症は主に

脳の障害によって起こる病気なので、
ストレスが主な原因となる
「失声症」とは全く異なるのです。

スポンサーリンク



ドラマ「スマイル」

冒頭にも出てきたドラマ「スマイル」

の新垣結衣が演じる失声症の女の子は、

小さい時に父親が起こした

事件のせいで
マスコミに追い掛け回され、

周りからいじめにあったりして

大きなストレスを抱え、

そのストレスが許容範囲を超えたため

失声症になってしまった
という設定でした。

新垣さんは実際に

失語症になってしまった人に会ったり
体験談を聞いたそうです。

実際、過度のストレスで

声も笑顔も失った人もいれば、

新垣さん演じる花のように

いつも明るく
振舞っている人もいるようです。

スポンサーリンク



治療方法はあるの?

ドラマ「スマイル」の花は

ずっと失声症ですが、
治療方法はあるのでしょうか?

過度のストレスが掛かって

起こった病気ですので、
精神科や心療内科で治療をします。

病気になってしまった原因である

ストレスが何だったのか、

それを解明・改善の道を探し

不安を取り除くために
心理カウンセラーのもと
心理療法が行われます。

また、発声の仕方が

わからなくなっているので、
喉を動かす訓練などをしながら
徐々に発声練習をしていきます。

症状が悪化してしまうパターンとして、

過度のストレスで
声を失ったにもかかわらず、

声が出ないことに

更なるストレスを感じてしまい、
うつ病を併発してしまうことです。

その為、うつ病などに使用される

薬物治療が
病気の進行状況によっては
服用されます。

病気になってしまった

ストレスの度合いにより、
約1週間ほどで声を取り戻すことが
出来る患者さんもいれば、

ストレスにストレスを掛けてしまい

治療に数か月かかってしまう
患者さんもいるそうです。

スポンサーリンク



おしまいに

ドラマ「スマイル」の花は

失声症にも関わらず明るい子で、

愛する人を助けたい思いが強く出て

思わず言葉が出てきて
驚く場面もありましたが、

父親の事件の事を言われると

意識を失いそうになるくらい
ストレスが強く
また声を出せなくなってしまいました。

しかし、

最後には愛する人と話がしたい、
自分の思いを声に出して伝えたい
という思いが伝わったのか

突然声が出せるようになりました。
何かのきっかけで失った声ですが、

このドラマのように
何かまた別のきっかけで

声を取り戻すことが

出来るかもしれませんね。

有名人でも

失声症になってしまった方々がいます。

やはり抱えきれないほどの

ストレスです。

ストレスは溜めないようにと思っても、

失声症はストレスの種類や負荷が
通常のストレスとは
異なると私は思います。

重要なのは、

もし失声症になっても

それ以上悪化してうつ病や不眠症を

併発しないように、
そのストレスを
回避することだと感じました。

喉や声に異常を感じたら、

まずは耳鼻咽喉科、

そして失声症の疑いがあれば

精神科、心療内科を受診して
早めの治療が出来るように
心がけることをおすすめします。

スポンサーリンク