子どもがいる家庭では気になる「子どもの習い事」。
いつから何才から始めるのがいいのか、どんな習い事をさせるのがいいのか。
周りの子どもたちはいくつ習い事をしているのか、などなど頭を悩ませているご両親も少なくはないでしょう。
今時の子どもたちの習い事はどのようになっているのでしょうか。ちょっと覗いてみましょう。
習い事と一口に言っても実は様々あります。語学系・運動系・音楽系・勉強系などなど。特に語学・英語などは言葉を話し始める幼少期から始めた方がいいと言われたりします。
実は作者はしばらく英語のプリスクール兼英語教室に勤めていたことがあったのですが、そこでの子どもたちの習い事事情をちょっとお話ししましょう。
英語に関しては、どっぷりと毎日6時間英語のみの環境に子どもたちは浸かっていますので問題ありません。
このプリスクールを幼稚園と考えるか習い事の一環として考えるかは親御さんによるのでひとまず置いておきましょう。

何才からどんな習い事?

3才までの幼少期から習い事を始めている子どももいます。
  • スイミング
  • リトミック
4才になると習い事を始める子どもたちも多くなります。
  • スイミング
  • ピアノ / バイオリン
  • 体操
  • バレエ
5才には習い事が変わったり増えたりします。
  • 公文
  • 学習教室
小学生からは習い事が絞られてきたり変わったりします。
  • サッカー教室 / 野球教室
  • 英語塾
  • 習字
  • そろばん
  • 学習塾
平均的には4才くらいから習い事を始めさせる親御さんが多いようです。
小学校受験を考慮に入れている親御さんは年長さんになったとたんに公文や学習系の習い事を始める傾向があるようです。
不思議に思ったのは、英語のプリスクールに通ってほぼ英語はペラペラと話している子どもたちに、更に週末の英語教室に通わせている親御さんもいました。
内容が違うのでどちらも楽しく過ごせているそうです。

習い事の数

習い事をいつから始めるかというのともう一つ気になるのは習い事の数です。
私が子どもの頃は3才からピアノを習い始めて、小学校3年か4年の時に字を綺麗に描くためと集中力をつけるために習字も習い始めました。
今の子どもたちはどうでしょうか?
3才で習い事が1つ、4才から2つと小さいうちから習い事をいくつかしている子どもたちがいました。例を上げてみると、
  • 4才の子どもでプリスクールが3時に終わった後、引き続き英語教室に残り5時に終わったらお母さんが迎えに来てそのまま公文に行き家に帰るのが7時くらいになる。
  • 5才で習い事が幾つもあって何もない休みは日曜日だけ。
    (さすがにこの子は私に「疲れる、もっと公園で遊びたい」とこぼしていました。。。)
  • 習い事に通っている数は2つまでだけれど、子どもの興味で次々に習い事を変えていく。子どもにどの習い事が合っているのかわからないので、とりあえず興味がなくなったものやある程度の目標を達成したら、子どもが習ってみたいといった習い事に変更する。(変更したけど合わずに結局以前の習い事に戻るパターンもあります。)
作者は小学校低学年の子どもがいますが、幼少期は習い事に興味を持っていなかったので特に生かせませんでした。
興味が出てからでも遅くないという判断で。
小学校にあがってからすぐ習い事に興味を持ち始めたのですが、予算の問題もあり10か月程待たせたら念願が叶ったのがとても嬉しかったのか毎週楽しみにしています。
因みに女の子で、習いたかったのは空手です。
同学年の早く始めた子に追いつきました。
黒帯目指すと励んでいます。

終わりに

作者の経験談から見て、習い事を始めるのに早い遅いはあまり関係はないように感じました。
興味がなければ上達はなかなかしないというのが実際です。
(因みに作者は子どもの頃、自分から願ってピアノを習い始め、ピアノ教室に行くのもピアノを弾くのも好きでしたが練習が嫌いだった為一つの曲をマスターするのに時間がかかってしまっていました。ははは。)
お受験などもありますし、幼稚園や学校で習わないようなことを習うので上層教育にもなりますから習い事が悪いとは決して言いません。
ただ言えることは、せめて小学校に上がるまでは子ども自身に負担にならないようにしてあげたいものだと感じました。
スポンサーリンク