ムダ毛の処理には何を使っていますか?
  • カミソリ?
  • シェーバー?
  • 毛抜き?
  • それとも全部?
男性でも手入れをする眉毛。
特に女性は気になりますよね。
眉毛処理に欠かせないのは、

やはり毛抜きです。

最近では英語を使ってツイーザー

(Tweezer)と呼ばれていたりします。

『余分な知識』

日本ではツイーザーと呼ばれていますが、
本来はツイーザーズ(Tweezers)です。

はさみをシザーズ(Scissors)というように

一刃づつで対になっているので
複数系で表します。

片刃だけでは切れないし、

挟めないですもんね。

また、ピンセットのことも

Tweezersといいます。

スポンサーリンク



毛抜きの使用にもやはり

メリット・デメリットはあります。

スポンサーリンク



毛抜きのメリット(良いところ)

カミソリは刃が命!
ですので切れにくくなったら

新しく買い替えないといけません。

シェーバーは使用後、

常に手入れをしないといけません。

その点、

毛抜きはよっぽどの事がない限り
なかなか壊れるものでもないですし、

失くしさえしなければ

長く使用できるので、
良いものを購入したとしても
経済的には良いですし手入れも楽です。

毛抜きは根元から毛を抜くので、

ムダ毛が生えてくるターンが
剃るよりもゆっくりです。

カミソリやシェーバーで

処理しきれなかったムダ毛も
毛抜きでとることができます。

特に眉毛はカットしたり

剃って形を整えたりしても、

どうしても毛が残ったり

気になるところがでてくるので
毛抜きが欠かせません。

私も年齢のせいもあり、

眉毛の中に白髪を発見した時は、
すぐさま毛抜きで抜きました。

ちょっとしたところにも

対応できて便利です。

スポンサーリンク



毛抜きのデメリット(悪いところ)

カミソリやシェーバーと違い、

毛抜きは根元から
無理やり毛を引っこ抜くので
痛みを感じたり、

毛穴が炎症を起こして

しまうこともあります。

短い毛を抜こうとして

皮膚をつかんでしまったりすることも
よくあります。

脇の処理を毛抜きだけでするには

時間がかかる上に
体制に疲れてしまうことも。

100均などの安い毛抜きだと

隙間が開いていてなかなか毛がつかめない
こともあったり、

毛が途中で切れてしまったり

することがあります。
(ちょっとイライラしますよね。)

スポンサーリンク



個人的おすすめの毛抜きタイプ

日本製の職人手仕事の高級な商品だと

何万円もする価格の物もあります。

これはもうプロが使うような

商品ですので一般家庭用の普段使いで
そこまで高いものは手がでません。

日本製のものでも1,000円から3,000円くらいの

毛抜きもあります。
(主婦の私には3,000円の毛抜きは高級品ですが)

「痛くない」「毛がすっと抜ける」と

評判のようです。

  1. 毛抜きおすすめ先斜めタイプ

  2. 毛を掴む部分の形状が「斜め」になっているタイプです。安定性があり、斜めになっているので毛先が見えやすく毛穴に逆らわずにムダ毛の処理がし易いです。

  3. 毛抜きおすすめ先丸タイプ

  4. 毛を掴む部分の形状が「丸く」なっているタイプです。先が丸いので、どの角度からも毛を掴みやすく、手を持ち替えるときも方向を気にせず使用できます。

  5. 毛抜きおすすめ先細タイプ

  6. 毛を掴む部分の形状が「細い」タイプです。先が細いので一度に2,3本掴んでしまうことがなく、産毛や細い毛に使用し易いです。また、私のように1本だけ生えている眉毛の白髪をピンポインで抜くのに最適です。

  7. 毛抜きおすすめ先平タイプ

  8. 一般的に多い、毛を掴む部分が「真直ぐ」のタイプです。幅が広めなので掴み損ねが少ないです。

スポンサーリンク



毛抜きおすすめ番外編

ケース付きタイプ
ケースキャップだけを外して

使うことができるので、

キャップを戻すと

見た目にもおしゃれですし
ポーチやかばんに入れて
持ち運びにもよいです。

小さいお子様がいるご家庭では

安全性・衛生的にも良いです。

ケースと毛抜きが

別々になっているものもあります。

私のような無精者はたまに

知らない間にケースの中に
何も入ってないことが
あったりもしますが。。。

スポンサーリンク



おわりに

先にも述べましたが、

毛抜きは根元から
無理やり毛を引っこ抜きます。

なので、

なるべく毛穴を傷めないように、
抜く前は温タオルを当てて
毛穴を広げてから、

毛穴に沿って抜いてください。
処理し終わったら、

開いた毛穴を閉じて
あげるた方がいいので、

水で濡らしたタオルを固く絞って

処理したところにあててください。

眉毛や脇処理だけでなく、

毛抜きは色んな用途があります。
たかが「毛抜き」、
されど「毛抜き」です。

スポンサーリンク