学生の方は普段授業などで実験なんかを行う機会があるかもしれません。
そんな時に大切なのが研究ノート。
研究ノートはどんな実験を行いどんな結果が得られたのかというのを逐一記録するためにものでラボノートとも呼ばれます。
このノートには様々な情報が詰まっているのでもしもその実験を行なったという証明をする場合に欠かせません。
そんな研究ノートですが、書き方が指定されている場合もありますが、実験を行なった人に委ねられる場合もあります。
そんな時に知っておきたい研究ノートの書き方とコツを見ていきましょう。
実験を行う場合に必ず必要な研究ノート。
出来るだけ後で見返してもわかりやすくしておかなければ大事な情報もわからないということになりかねません。
ただ研究ノートの書き方については学校でもおしえてもらえないもの。
そこで具体的に研究ノートの書き方を見ていきましょう。

使うノートは?

まず使うノートは一冊の綴じ込み式のノートを使うのが普通です。
これはページの差し替えを困難にすることで信頼のあるデータが残せるためです。
またページ紛失も防げますね。
そういう意味ではルーズリーフは研究ノートには不向きと言えます。
簡単に差し替えができてしまいます。
ただ研究室によっては指定がありルーズリーフの場合もあるので一概にいけないとはいえないので覚えておいてください。

筆記用具は?

筆記用具はボールペンで書きます。
これも書き換えができないようにするためです。
データの改ざんなんかを疑われずにすみますしね。
修正ペンなんかも使用禁止にされていることは多く、間違った箇所は二重線で訂正します。

どんなことを書くのか?

まず実験前に日付や実験のタイトル、目的などかける項目に関しては記入しておくのが普通です。
そして予習で得た情報も書いておきましょう。
実験の際の作業工程表もあると当日便利です。
次に実験中はというと、はっきりと何をしたらどうなったかということを記入していきます。
ここで曖昧な記入があると後でレポートを書く際に大変なのでしっかりと記入漏れのないようにしましょう。
さらにいうと実験中に気づいた些細なことでも書いておくことをおすすめします。
そして最後に実験後の記入ですが、ここでは得られた結果を書いたり貼ったり、うまくいかなかった場合に失敗の原因をしっかり考え記入しておきましょう。
スポンサーリンク



研究ノートを書く際に注意すべきこと

研究ノートというものを書くにあたり心がけて欲しいことがいくつかあります。
まずは嘘を書かないということ。
これは当たり前のようですがとても大切なことです。
またページ番号もふりましょう。
これをしておくと「◯ページ参照」などと表記できますね。
また几帳面な人ほど綺麗にまとめようと頑張るのですが自分に分かれば良いのでそこはあまり重要ではありません。
綺麗に書くとするとレポートの方ですね。
ちなみに実験中は利き手側にノートがあると記入をさっとできます。
そしてノートに器具をのせないこと。
いざという時に邪魔で記入できない場合もありますし実験のものをこぼしてノートが使えなくなると大変です。

まとめ

いかがでしたか?研究ノートに正しいも間違いもありません。
そのためその人の個性やクセがよく出るとも言われています。
後で見ても鮮明に思い出せるというくらいわかりやすいものにしたいですね。
研究ノートは使えば使うほど愛着もわいて来ます。
大事に使うようにも気をつけたいですね。
研究ノートを作ることでうまくいった例やそうでない例もまとめられ、次にどうしていくのかというプランもたてやすいです。
ちょっと面倒ですが、必ず1つ研究ノートは作っておきましょう。
スポンサーリンク