毛穴の開き、

黒ずみって気になりますよね。

一度気になり始めたら止まらない。
気になるからごしごし洗ったり、

化粧が
どんどん厚塗りになってはいませんか?

普段のお肌ケアと

化粧下地の塗り方を見直して、
もう厚塗りからさようなら!!

毛穴を整え、黒ずみを減らして、

美しい肌へ!

スポンサーリンク



きちんと肌のケアをしているのに

毛穴に黒ずみが出来てしまうと言う人、
ケアのし過ぎではないですか?

毛穴の黒ずみの原因は

肌の乾燥が原因だったりします。

肌に水分量が足りず

乾燥してしまうと肌がしぼみ、
毛穴に隙間が出来てしまいます。

そして乾燥した肌に汚れがつまり

角栓ができ酸化してしまい
黒くなっていきます。

肌をケアしすぎると肌の角質を

無理やり剥がしてしまっている
場合があります。

肌のターンオーバーが

自然にきちんとできて
いないのかもしれません。

黒ずみを隠すため化粧が厚くなり、

厚い化粧を取るために
ごしごしクレンジングをするのは
間違いです。

スポンサーリンク



毛穴カバーのために洗顔を見直す

ごしごしと洗顔をしないと

汚れが落ちてない気がしていませんか?

肌は触れば触るほど痛んできます。
洗顔方法を変えてみましょう。
スポンサーリンク



毛穴ごしごし洗顔にはバイバイ

スクラブ入りの洗顔料は洗った後

気持ちがいいと感じますが、
実はスクラブが
肌をごしごししてしまっています。

スクラブの入っていない

柔らか系のクリーム洗顔料を
しっかり泡立てて、

手を肌に滑らすのではなく

泡で軽く洗います。

一番いいのは、

洗顔石鹸をしっかり泡立てて
同じように泡で軽く洗ってあげます。

時間を掛けて洗うと

皮脂が取れてしまうので
時間は掛けない方がいいです。

スポンサーリンク



毛穴カバーには朝の洗顔に洗顔料はいらない

夜に顔を洗った後は

化粧水や美容液を塗ったりしますが、
化粧をして寝るわけではありません。

ですので、朝に洗顔料を使って

顔を洗う必要はありません。

朝は水だけもしくはぬるま湯だけで

顔を洗うほうがいいと言われています。

肌質にもよるので、

オイリー肌の場合などは
水洗顔が合わない人も
いるみたいですが。

水(ぬるま湯)洗顔も、

ごしごしするのではなく
サッと洗ってあげるのが良いです。

スポンサーリンク



毛穴カバー_化粧水の付け方

洗顔後の肌は水を吸っているので

ふっくらと感じますが、
洗顔後から蒸発は始まります。

なので、洗顔後は

すぐに化粧水を塗ります。

べたべた沢山塗らなくても

肌をうっすらカバーしてくれるくらいで
大丈夫です。

その後、美容液もしくは

乳液を軽く塗って終わりです。

その時も、

こするように塗るのではなく、
手の平で肌を包み込むように
塗ってあげるのがポイントです。

面倒くさがりな私は最近

もっぱらオールインワンで
軽く済ませています(*^-^*)

スポンサーリンク



毛穴カバーには化粧下地は塗り過ぎない

化粧水や乳液で肌を保湿したら、

いよいよベースメークです。

化粧水や乳液もそうでしたが、

下地もべたべた
塗り過ぎないようにします。

適量は手の平にパールサイズで

十分だと言われてます。

指を使って顔の5か所に

下地を置きます。

両頬の高いところ・額・鼻・あごの

5か所にのせ、
顔の中心から外に向かって
柔らかく塗ってあげます。

ここでもポイントなのは、

力を入れずに塗ってあげることです。

ここでも面倒くさがりな私は

CCクリームやBBクリーム
(購入時の気分によって違います)
を使っています(*^-^*)

スポンサーリンク



おしまいに

肌の状態は

1日2日では元には戻りません。

せめて肌のターンオーバーの周期

(年齢によって異なります)で
違いを発見してみてください。

肌を自然の状態に近くしていく、

こすり過ぎないが基本です。

あとは

ナチュラルメークで出来上がり!!

肌がいきいきしてくると

化粧乗りも良くなってくるので、
気が付いたら1日に何度もしていた
化粧直しがいらなくなってくるかも!

またまた面倒くさがりな私は、

メークでさえ冬にはCCクリーム
(BBクリーム)
とアイブロー、

薄い口紅に薄いチーク

(チークは塗らない時もありますが)
だけです。

(基本的に仕事かお出かけ以外では化粧はしません。帽子好きの私は仕事中と家の中以外はほぼ帽子をかぶっているので、たぶんよくわからないだろうと思っています。)
夏は日焼けが気になるので、

プラスにパウダーを乗せて終わりです。

残念ながら年齢による

シミやたるみは
気になりますが。。。ははは(T_T)

スポンサーリンク