冬はお肌が乾燥しやすい季節ですね。
きちんとケアしているつもりでも、

乾燥などの影響でケアが足りずに
肌が荒れてしまうという
原因になっているかもしれません。

私も、

いつも通りケアしているんですが、

冬の乾燥している季節って

いつもの化粧水やクリームの量じゃ
足りていないような
感じがするんですよね・・・

そこで、おすすめしたいのが

手軽にできる化粧水パックです!

化粧水パックって、

正しいやり方や時間でやらないと、
逆に肌荒れしてしまう
原因になってしまうんですよ!

化粧水パックの

正しい手順をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



化粧水パックで用意するもの

まず、化粧水パックに必要なのは

もちろん化粧水。

いつも使っている自分の肌に合った

化粧水を使いましょう。

そして、コットンです。
厚いものだと化粧水を吸い過ぎるので、

化粧水を多めに使うことになります。

経済的なことを考えても、

そこまで厚手のものじゃなくても
構いません。

厚手のものしかない場合でも、

裂いて使えばいいので大丈夫です。

この2つがあれば

化粧水パックは簡単にできるんです!

スポンサーリンク



化粧水パックの前に

では早速、

化粧水パックをしていきましょう。

と、その前に!
より化粧水パックの

効果を高めるためにも
大切なのが「洗顔」です!

化粧水パックの前に

きちんと洗顔をしましょう。

汚れや余分な皮脂を

きちんと洗い流すことで、
そこに化粧水が
しっかり浸透してくれます。

あまり強く洗いすぎて

刺激を与えてしまうと
逆効果になってしまうので、

いつも使っている洗顔料で

必ずやさしく洗顔しましょう。

私もやさしく洗顔するということに

いつも気を付けています!

たっぷりの泡で包むように

やさしいが良いらしく、
私もこのやり方で洗顔しています。

スポンサーリンク



化粧水パックの正しい手順と時間

  1. 広げたコットンに、化粧水をしっかりと染み込ませる。
  2. 化粧水を染み込ませたコットンを頬・おでこ・鼻・あごなどに貼っていく。パーツによって貼りにくいところはコットンを裂いて使うなどして、しっかりフィットさせましょう。
  3. 2~3分パックしたら、コットンをはがして美容液やクリームで保湿する
これだけで完了です!
簡単ですよね?
ズボラな私でも簡単に、

手軽にできちゃう!!

ですが、この通り正しくやらないと

逆に肌荒れしてしまうことも。

もっとも大切なのが、

化粧水パックをする「時間」なんです。

スポンサーリンク



化粧水パックの時間ってどれぐらいがいいの?

正しいパックの時間は

2~3分と言いました。

長くても3分が限度です。
それ以上やってしまうと

逆効果になってしまうので
注意が必要なんです!

何故かというと・・・
化粧水パックの目的は、

肌に水分を浸透させること
「だけ」です。

保湿してくれる効果はありません。
なので、長い時間パックをすると

乾燥して水分が
とんでいってしまうんですね。

長い時間すればするほど

効果が高まるわけではないので、
ある程度の時間をこえて
パックしてしまうのは逆効果。

長い時間やった分だけ効果が高まると

勘違いしていた私・・・

危なかったです!!
くれぐれもパックの時間には

気をつけましょう!

そして、

肌に水分をしっかり補充した後は、
美容液やクリームで
しっかり保湿をします。

これで完璧!
スポンサーリンク



化粧水パックの効果って?時間は?

正しい時間で

化粧水パックをすることで、
肌に水分がしっかり浸透します。

それによって、

乾燥肌の悩みを解決してくれます!

肌が乾燥した状態が続くと、

さまざまな支障が出てきます。

例えば、肌のくすみ、毛穴のひらき、

目元や目じり、ほうれい線などのしわ、
にきびなどなど・・・

女性にとって、

どれも絶対に避けたいものですよね!

しっかり水分を肌に

染み込ませることで、
これらの問題も予防できます。

また、化粧水パックをすることで

肌がやわらかくなります。

これによって、

化粧水パックをした後に使う
美容液やクリームなどが
浸透しやすくなって、

モチモチした肌に仕上がるんですね!
乾燥肌を解決してくれるだけでなく、

肌の若返りまで期待できるかも・・・

これはやってみるしかないですね!
スポンサーリンク



化粧水パックの時間まとめ

化粧水パックの正しいやり方、

分かっていただけたでしょうか?

大切なのは「時間」です。
やりすぎは逆効果。
きちんとしたパック時間で、

最大限の効果を出しましょう!

乾燥に悩むこの季節、

ぜひ試してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク