みなさん空気が乾燥する冬などには肌も乾燥して、ひび割れなんかを起こす場合もありますよね。
これは単なる肌荒れではなく乾燥皮膚炎というれっきとした病気です。
乾燥肌が進んで症状がひどくなった状態のことですね。
こうなった場合に必ずなんらかの対処が必要です。
悪化するとかゆくてかゆくて眠れない!
なんていうことになる場合もあるんです。
かゆいのってほっとけないですもんね。
そこで今回は乾燥によるかゆみの対処法を見ていきましょう。
まず乾燥するとかゆくなるというには、経験したことがある方も多いかもしれませんがその理由については知らない場合も多いので説明すると肌は乾燥することで肌バリア機能が低下するようになっています。
すると花粉や黄砂などはもちろん、普段使っている化粧品なども刺激になるんです。
乾燥しやすい場所は身体中にあって、かかとや手、スネなんかは特に乾燥しやすい!
と感じている方が多いようですね。
かゆみの程度も人それぞれで、ちょっとかゆいかも?
くらいのレベルから、かゆくて眠れないというのものまであります。
できるだけひどくならないうちに対策を取らなければなりませんね。
スポンサーリンク



乾燥によるかゆみの対処法は

では次に乾燥対策の方法についてです。
意外といろんな方法があるんですよ。

ボディクリームによる保湿

まずみなさん思いつくのがこれでしょう。
どんなものが人気なのでしょうか。
ニベアやワセリンソンバーユなんかはやはり有名ですね。
保湿効果も抜群です。
ボディクリームを選ぶ際には配合成分のチェックは欠かせません。
乾燥肌の方に特に注目して欲しいのはセラミド成分。
これが配合されているものは肌を内側から潤わせ長く水分を保持する特徴があります。
また伸びがよいもののほうが、値段は少々高くても長持ちをする場合もありますし、匂いの好みも結構分かれるのでテスターなどで試してから購入することをオススメします。

入浴方法も見直して

意外と入浴方法1つで乾燥も改善されることがあるのでポイントを見ていきましょう。
まず長風呂をしすぎていませんか?
風呂が好きな方は平気で1時間くらい入っているかもしれませんね。
しかし長時間の入浴は乾燥のもと。
できれば10分くらいで切り上げましょう。
次に体を洗う際の注意点としては、ゴシゴシと洗いすぎないこと。
汚れを取るためにそうしている方も多いですが皮脂が取れすぎて乾燥してしまうんです。
人の体の汚れは湯船に浸かればなんと8割も取れてしまうんだとか。
ですからあまりこすらなくても問題ないんですよ。
できればネットであわ立てた泡で洗うようにすると良いです。

食事でも乾燥対策を

あまり関係がないように思われる食事も乾燥の原因になっている場合が。
油っこい食べ物や冷たい飲み物を好んで取り入れていませんか?
これでは代謝が悪くなってしまいますよ。
代謝が悪いと健康な皮膚は作られません。
どんなトラブルでも肌には食事が大きなポイントというわけです。
ビタミンを積極的にとるようにしましょうね。

まとめ

いかがでしたか?乾燥対策にはいろんなものがありましたね。
食事なんかは意外だったかもしれません。
他にもストレスなんかが乾燥肌の原因になることもあったりと本当にいろんな要因から肌トラブルって起きているんですね。
肌を改善するにはボディクリームなどの保湿と、そして健康的な生活を送るということが大事だということがわかるでしょう。
ちなみに今回挙げた対策を試しても、かゆみがおさまらないのであれば、皮膚科を受診しなくてはいけません。
もちろん保湿も並行して行います。
かゆいとかなりのストレスですから、早めにできれば薬を貰った方が楽ですよ。
スポンサーリンク