今でこそ顔にいろいろ塗りたくったりしませんが、若い頃は人から見ればかなり薄い方らしかったですが、自分の中では頑張ってそれなりにはメークをしていましたから、メークもしっかりとっていました。
オイリー肌というよりはどちらかと言うと水分を欲しがっていましたね。
それを乾燥肌というのかどうか、化粧水をつけてもつけても浸透しまくっている感じ。
あー、そういえば、化粧の上からミストで潤いを補うスプレーをしていたこともありました。
やっぱり乾燥肌気味だったんでしょう。
そんな私が出会った泡泡洗顔。はまったのはどちらかというと泡の作り方。
そして泡泡洗顔しながらのリンパマッサージ。気持ちいいですよ。
洗顔しながらのリンパマッサージがいいのかどうかはわかりませんが、気持ちがよかったしお肌の調子もよかったのでお教えしますね。
美顔サロンに通っていた友達が教えてくれたのが最初です。
洗顔クリームが手の中でみるみる泡泡になっていくのはみごとでしたー。

しかも泡泡が細かい!
友達曰く「私はまだまだ泡立てが上手くできない方なんだけど、サロンのスタッフさん達は同じ量の洗顔クリームでももっと泡立てるよ。」
と言いながら、立った泡を腕に置いて手の平で次の泡泡を作ってました。
パチンコ玉くらいかもう少し大きくらいの洗顔クリームを手の平がくぼむようした中心に置きます。
ぬるま湯を2~3滴落として反対の手と言うより中3本の指先を使って手動の泡だて器の要領で泡を立てていきます。
泡が立ってきたら上の方の泡は手首のところに移動させて待機。残りの泡で更に泡立て。
泡立ちがあまり良くなくなった時はぬるま湯を1~2滴たらしながらするとまた泡立ちます。
満足いくくらい泡泡が出来たら両手にふわりと取ってお顔へGO!
ふわっと肌を包みこむ泡をつぶさないように軽く手を動かしてあげると気持ちいいし、それだけでも泡泡が毛穴の汚れを取ってくれます。
何よりもきめの細かい泡がどんどん出来上がるのが癖になる!
最初はなかなか上手に泡立たなかったのに何日かしていると泡泡が上手になってきて結構嬉しいんですよ。

泡ネット

泡ネットを使うともっと早く泡が作れます。
別の友達でネットを使っていとも簡単に泡を作っていたのをみて、自分でも100均で買って使ってみましたが泡があまりきめ細かくない。
やっぱりハンドパワーです!!
お肌には洗顔クリームなどより洗顔石鹸の方がいいとも言われますので洗顔石鹸に変えた時、ハンドパワーだけでも泡は立ちますが少々難しかったので、ネットを使ったら泡がよくできました。
洗顔石鹸とネットで泡を作ったら、その泡をもとに手の平で更にきめが細かくなるように泡立て。
これでばっちりです!
スポンサーリンク



リンパマッサージ

洗顔をしながらのリンパマッサージはいいのかどうかわかりませんが、気持ちがいいです。
泡泡の顔の状態で最初は軽く手を動かして汚れを浮かせます。
でまずは、両手の腹を使って頬のリンパマッサージです。
小指付け根側をほうれい線にあて、手を半回転させるような感じで親指の付け根まで、手の腹が頬を押す感じで。
少しずつずらしながら目の下までやります。
1回通りでいいです。
次に目の周り。
目の下を目頭側から目尻まで、薬指の腹を使って押し動かします。
5回押しくらいで目頭から目尻までいけるかな。
次に目の上を同じように目頭から目尻まで押し動かします。
目尻まできたら止めずにそのまま指の腹で押しながら首筋まで。
ここまででとっても気をつけて欲しいことは一つ!

顔をこするのではなく押すのです。
リンパを押しながら移動させていく感じ。
あっでも、力を入れ過ぎないでくださいね。
肌に負担をかけないように1回通りでいいです。
続いて、両手の中3本の指を使います。
額の中心に指がそれぞれ縦に並ぶように両手の指3本を置き、指を顔から離さないように滑らしていきます。
額中心からこめかみ、耳の上まで来たら人差し指は耳の後ろ、残りの2本は前を通るように滑らせ首筋・首の付け根まで指を滑らせます。
これは2~3回通りします。
最後に鎖骨を数回なでてあげて終わりです。
ここまですると、顔の泡泡もマッサージと共になくなります。
ぬるま湯で軽く流し、水で引き締めて終わりです。

終わりに

洗顔石鹸で泡泡洗顔しながらリンパマッサージ。どっちも気持ちいいので、よかったら試してみてください。
肌の乾燥具合も以前より良くなった感じですよ。
スポンサーリンク