スポンサーリンク



毎年関門海峡をまたいで行われる関門海峡花火大会は、見ごたえもあり有名な花火大会です。多くの人が集まるので、混雑を避けるには公共交通機関を使って訪れるのが一番。中にはどうしても車で来たいという方もおられるはず。今回は関門海峡花火大会へ車で行く方のために駐車場をご紹介します。
毎年8月13日に関門海峡を挟んだ山口県と福岡県で合同に開催される大迫力の花火大会です。海を真ん中にして2つの街が合同で花火をあげるのは日本の花火大会でも珍しいと評判です。
山口県側と福岡県側ではそれぞれ趣向が変わっており、大玉や水中花火など、どちらも見応え抜群。夜景も綺麗な場所で打ち上がるので、夜景も一緒に楽しめると人気があります。
スポンサーリンク



海を挟んだ両側であがる花火

関門海峡花火大会は関門海峡を真ん中にして山口県の下関と福岡県の門司の2ヶ所で同時に行われます。山口県と福岡県で競争しているかのように次々とあがる花火は感動そのもの。見る場所にもよりますが、自分のいる場所と海の向こう側の両方の花火を一度に観ることができる人気の花火大会です。
スポンサーリンク



関門海峡花火大会の駐車場は?

下関の会場、門司(もじ)の会場ともに駐車場はないため、毎年駐車場を求める車で町中は大渋滞。今回、車で行く予定なら駐車場は事前に決めておくことが大事です。
スポンサーリンク



下関会場の駐車場

関門海峡花火大会の下関側は、山口県下関市の唐戸(からと)あるかぽーと地区から花火があがります。ここはJR下関駅から徒歩15分というアクセスの良い場所となっています。

下関駅前「シーモール」駐車場

下関駅前にあるシーモールは大きなショッピングセンターで1600台が駐車できる大型パーキングを持っています。23時まで停められるので花火見学をしてゆっくり帰ることができます。

海響館駐車場

海響館(かいきょうかん)は、ペンギンが群れで泳ぐ様子が今や大人気の下関市立の水族館。ここでは涼しい室内からゆっくりと花火が楽しめるのでおすすめ。

火の山公園

火の山公園の展望台は1000万ドルと言われる下関の夜景が綺麗な場所です。関門海峡の絶景が楽しめるので、花火見学するにもぴったりです。

JR長府駅前「下関競艇場」の駐車場

下関競艇場の駐車場は1200台が停められる駐車場で、しかも無料です。ここに停めてJR長府駅から下関駅まで電車(14分)で行くのもおすすめ。
スポンサーリンク



門司会場の駐車場

関門海峡花火大会の門司側は、福岡県北九州市門司区西海岸埋立地から花火があがります。JR門司港駅から徒歩5分です。付近の道路は交通規制となるため、ちょっと離れた駅周辺にとめて最寄り駅まで電車で行くのがおすすめです。

小倉駅周辺のコインパーキング

JR小倉駅周辺にはコインパーキングがたくさんあるので、ここに停めて小倉駅から門司港駅まで電車(13分)で行く方が多いです。

九州鉄道記念館

懐かしい電車などが見られ運転体験も楽しめる九州鉄道記念館。ここは駐車場に車を停めたまま花火が見えます。

風師山展望広場

関門海峡を下に臨むことができる風師山(かざしやま)展望台。初日の出が見れることでも知られています。ここは山口県側と福岡県側の両方の花火も見えるという穴場です。
スポンサーリンク



関門海峡花火大会を楽しもう!

海を挟んで両側であがる花火など、あまり見る機会はありません。そんな貴重な花火大会は混雑必至ですが、見る価値は十分。駐車場は満車になる前に早めに行かれると良いですよ。下調べをしっかりして、この夏の素敵な花火大会を思い切り楽しんでください。
動画は九州テレビです。「下関側」
動画はThe Raspberry Studioさんです。「門司側」
スポンサーリンク