カーナビの古い地図更新で困ってませんか?更新の仕方と料金。
古い建物が取り壊され新しい建物が出来ていたり、新しい道路ができていたりと道路状況や地図状況はめまぐるしく変わっていくのが現状ですが、その現状にあなたはついていっていますか?
カーナビを使って目的地を設定し、いざドライブしていると車がカーナビ上で道路ではないところを走っているなんて経験ありませんか?
また、目的地に着いたら違う店になっていたとか駐車場になっていたとか。
古い地図を使っているとそんな状況も起こってきます。
カーナビは地図更新を行わなくては勝手には更新してくれません。
そこで、カーナビの地図更新の仕方と料金をいくつか調べてみました。
地図更新の仕方や料金の前に、まずはその必要性を見ていきましょう。

住所検索や電話番号検索ができない

古いカーナビ地図を使っていると道路や建物が変わるだけでなく、市町村合併によって住所自体が変更されている場合もあります。
もちろん新しくできた施設などの電話番号も記載されていなかったりするので、電話番号検索が出来なかったりもします。

遠回りさせられる

実際は新しい道路が出来て目的地までの近道が出来ていたりするが、古い地図だと遠回りさせられてしまうこともあります。
スポンサーリンク



カーナビ更新のタイミング

では、どのくらいのタイミングで地図は更新していくのがいいのでしょうか?
あまり遠出をしないのなら3~5年に1回の更新でも問題ないと思います。
気をつけないといけないのは、メーカーにもよると思いますが、更新してもその情報が1~2年前のものだったりします。
せっかく高いお金を払って更新するんですから最新の情報のものを更新した方がいいです。
また、カーナビによっては購入時に無料更新サービスが期間限定(2~3年)でついているものもありますので、上手に使用していくといいでしょう。
常に最新の地図が必要な職業ではない限り毎年お金を出して更新する必要はないと思います。
スポンサーリンク



更新の仕方と料金

更新の仕方はいくつかあります。
それによって料金も変わってきます。

ディーラーに依頼する

カーナビのメーカーによりますが、ディーラーやショップに依頼すると取り外しや更新に時間がかかる為事前に予約が必要です。
しかも、その日のうちに出来るものではなく数日から1週間くらいかかったりすることもあるので遠出をする予定があるから地図を更新してもらいたいという人は予め余裕をもって予約をを入れることをおすすめします。
料金は地図データ料金15,000~30,000円+工賃3,000~8,000円と言ったところでしょう。

自分でダウンロードする

SD挿入タイプのカーナビであれば、パソコンでダウンロードし最新地図を購入しSDカードに移しカーナビに挿入して更新するだけです。
これならば、ディーラーやショップに依頼するよりも安く更新することができます。
例えば、
「MapFan」は月額300円でプレミアム会員になれば割引クーポンを発行し通常よりの半額近い料金でダウンロードできます。
またパソコンがなくて自分でダウンロードができない人や時間がない人には「地図更新SDカード」を購入することも出来ます。
19,000円ほどしますがそれでもディーラーやショップよりはお得になっています。
自分でダウンロードする場合はSDカード(16GB以上が望ましい)を用意する必要があるのと、メーカーや機種に対応しているかどうか確認してからダウンロードするようにしましょう。
間違えたらもったいないですからね。

新しいカーナビを購入する

カーナビ自体を降雨乳するとなるとやはり10万円近くかかってしまうのですが、もし10年くらい同じカーナビを使っているようであれば地図更新を考えるよりも購入した方がいいと思います。
というのもカーナビも新しい機種がどんどんでてきますので、10年くらいで対応機種から外れてしまい更新できない場合もあります。
また、新しいカーナビには先にも述べましたが、メーカーによる期間限定で無料更新が付いています。

まとめ

カーナビは持っているけどCDやテレビ・ラジオとして使用することの方が多いので地図更新は必要ないかもという人もいると思います。
実際、スマホでナビサイトを使用すると更新する必要もありませんし画面は小さいけれど読み上げもしてくれるので十分なのかもしれません。
しかも高い料金を払うこともありませんしね。
ライフスタイルに合わせて考慮してみてください。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!