さすがガガ様ですね。
奇抜なファッションから、皆が真似したくなるようなファッションまで、いつも世間を楽しませてくれます。
今回皆が真似したいレディー・ガガのファッションは「リボンヘア」!!
ガガ様のリボンヘアも進化しているようですが、世の女性の中でも進化しているみたいですよ。
もうガーリー系が好きな女の子は可愛いので是非是非やってみたいと思うと思います。
自分の髪の毛でリボンを作るってどういうこと?
JoJoみたいにリボンを髪につけるのとは違うの?と思った方もいるかも?
そんな人たちにも、意外に簡単に作れてしまうリボンヘアの作り方をご紹介します。
リボンヘアもアレンジがいろいろあります。ちょっとしたワンポイントヘアアクセサリーみたいなリボンヘアも出来ちゃいます。
ハーフトップだけをゴムでまとめている人も少なくないはず。そんなハーフトップのまとめ髪にちょっとアレンジです。
  • ハーフトップでまとめた髪の毛を一つまみ取り、輪っかを作りピンで軽くとめておきます。。
  • もう一つまみ同じ量の髪の毛を取り、輪っかを作りピンで軽くとめておきます。
    ここで注意するのは、輪っかを左右に作る事。毛先は輪っかとは反対側に流しておく事。
    なんとなくリボンの土台ができたのがわかると思います。
  • リボンの中心に置くための髪の毛を作ります。
    輪っかに作った髪の毛の真ん中あたりから髪の毛
    (輪っかにしたものとは別の髪の毛)を一つまみ取ります。
  • 「くるりんぱ」というヘアアイテムを持っていれば、取った真ん中の髪をくるりんぱに通して、リボンが結ばれた状態にするように上側から中に差し込んでいきます。
  • 「くるりんぱ」がなければ、ハーフトップにまとめた髪を少し持ち上げて、中心くらいのところに隙間を開け髪の毛の下から指で取った髪の毛をキャッチ。あとは引き抜くだけです。
  • 引き抜いたら、輪っかの髪の毛を止めていたピンを外します。
スポンサーリンク



大きなリボンヘア

1つの大きなリボンを作ってみましょう。頭の高い位置でも真ん中あたりでも大丈夫です。
  • ポニーテールを作る途中で髪の毛を輪の状態で残します。
  • 残した輪を半分にし、左右に分けます。
  • 残っている毛先部分を「くるりんぱ」があれば、左右に分けた髪の毛の中心に下から上へ。
    くるりんぱを使って髪の毛を差し込んでいきます。
  • 差し込んだ髪の毛を隠しピンで処理します。
  • ポニーテールを作る途中で髪の毛を輪の状態で残します。
  • 残した輪を半分にし、左右に分けます。
  • 残っている毛先部分を「くるりんぱ」があれば、左右に分けた髪の毛の中心に下から上へ。くるりんぱを使って髪の毛を差し込んでいきます。
  • 差し込んだ髪の毛を隠しピンで処理します。
  • 輪っかにした左右に分けた髪の毛を、リボンのように広げて出来上がりです。
  • 「くるりんぱ」がない場合は、指を使って髪の毛を通してもいいですし、半分にして左右に分けた輪っかの根元をくるっと
    (差し込まずに)回して後ろで隠しピンで留めても大丈夫です。
スポンサーリンク



ポイント

上手く髪の毛がまとまりにくい場合は、水で少し濡らしながらするとまとまりやすくなります。
ヘアブラシとコムを上手に使うのもポイントですが、もしあればコムは柄の部分が細くなっているタイプを使用すると髪の毛を綺麗に分けていくことができます。
仕上げにヘアスプレーをかけてリボンヘアを固めてキープします。そうすると時間経っても崩れにくいです。
リボンの位置でガーリーヘアもなんとなく大人っぽく感じたり、ミニーマウスみたいに可愛いらしくなったりします。
初めの内は慣れないので綺麗にリボンが出来ないかもしれませんが、何度かしているうちにコツを掴んできます。
自分の髪の毛ではなかなか難しかったりするので、近くに長い髪の毛の人がいたら練習させてもらいましょう。
因みに私は娘の髪の毛で練習しましたが、かなりのカーリーを持つ娘の髪はもつれるもつれる。少々大変でした。

最後に

今回はベーシックなリボンヘアの作り方でしたが、アレンジの仕方は進化しています。
検索してみるといろんなアレンジ方法が見つかると思いますので検索してみてくださいね。
パーティ―②リボンヘアも可愛いです。
皆さんも是非リボンヘア挑戦してみてくださいね。
ガガ様今度はどんなヘアスタイルを見せてくれるんでしょう。楽しみですね。
真似できるヘアスタイルだと嬉しいですね。
スポンサーリンク