念願の住宅を購入、だけどローンが長い。
やっと半分住宅ローンを払って来たけど子どもの進学や自分の転職などで状況が変わってきたので、いまのまま払い続けられるのかちょっと心配。
そんな方の為に、住宅ローンは借り換えをすることができるのです。
でも、「借り換えってどうすればいいの?」「借り換えするとどのように変わるの?」と思いますよね。
借り換えの事について、また借り換えを検討する際にしておいた方がいいシュミレーションについて簡単にご説明していきます。
スポンサーリンク



簡単にいうと、現在お金を借り入れしている金融機関から他の金利の安い金融機関に乗り換えてローンを払っていくことです。
  • 金融機関で3,000万円の借り入れをし、30年の住宅ローンを組んだとします。
15年払い続けて残り1,500万円のローンが残っていますが、ここで他の金融機関に借り換えをします。
借り換えた先の金融機関が残りの1,500万円を元の金融機関に完済してくれ、その分を毎月ローンとして支払っていきます。
スポンサーリンク



借り換え前にシュミレーション

金融機関も沢山ありますので、どの金融機関にいつ借り換えをすればいいのか悩みます。
借り換えをする時期はそれぞれの家庭の事情・転職や退職・子どもの進学などで違ってくるとおもいます。
そして、金利もその時々の株価や経済情勢によって変動していくものなので「今!」といえるタイミングや金融機関によって金利も微妙に違いますので「ここ!」といえるのははっきり言って難しいです。
そこで、借り換えを検討するにあたってしておいた方がいいのがシュミレーションです。
住宅ローンの借り換えシュミレーションはどの金融機関でもすることができます。
かといって、思いつく金融機関全部でシュミレーションしていくのは大変ですし、後で勧誘も沢山来るのは嫌だと思いますので、いくつかの金融機関に決めてシュミレーションしていきましょう。

シュミレーションで必要なこと

まず現在借り入れしている金融機関の返済予定表があれば比較しやすいです。シュミレーションでは元金の残高より計算していきます。
  • 毎月の返済額
  • ボーナス月の返済額
    (なくても良い)
  • 住宅ローンの種類
    (金利変動型・固定金利型・全期間固定金利型など)
  • 毎月の返済額
  • ボーナス月の返済額
    (なくても良い)
  • 返済期間
毎月の返済額
  • ボーナス月の返済額
    (なくても良い)
  • 住宅ローンの種類
    (金利変動型・固定金利型・全期間固定金利型など)
  • 返済期間

の設定をすることで、このまま現在のところで払い続けていくのと借り換えをした後、どのくらいの金額が得になるのかがわかります。
借り換えをした場合、新たに諸費用が掛かってきます。
手数料
保証料
収入印紙代などなど。
借り換えシュミレーションではこのような諸費用を含めても残りの返済額が少なくなるかどうかを頭に入れておく必要があります。

シュミレーションの仕方

では実際シュミレーションはどのようにしたらいいのでしょうか。
まずは気になる金融機関の金利を確認した上でどの金融機関のシュミレーションをするか決めましょう。
金融機関に出かけて行ってシュミレーションをお願いするのにはなかなか時間が取れないという方もいると思います。
またネット銀行のように店舗を持たない銀行もあります。
そんな場合はインターネットの時代ですので、主要な金融機関では入力さえすればシュミレーション結果が出てきます。
しかし、インターネットで簡単にできるからと言って闇雲にシュミレーションしていくのは危険です。
先にも言いましたが、あとで勧誘がきたりしますので気をつけましょう。

各金融機関のサイトからシュミレーションをしたうえで改めてわからないことなどを確認してから借り換えを決定しましょう。

  • 現在の借り入れ金融機関でも担当者に相談すると金利の見直しをしてくれます。
    そのシュミレーションも元に他と比較検討するのも一つです。
現在の借り入れ金融機関でも担当者に相談すると金利の見直しをしてくれます。
そのシュミレーションも元に他と比較検討するのも一つです。

最後に

借り換えの検討・シュミレーションをしたからと言ってすぐに借り替えが出来るわけではありません。
各金融機関共に審査がありますので、もちろん審査に通らなければ借り換えをすることは出来ません。
もし、転職や退職などで給料・資産が減るかもしれないことがわかった時や子どもが進学するにあたっての学費や諸費用により月々の返済が厳しくなるかもしれないということが分かった時点で早めにシュミレーションをしていくのがいいかもしれません。
(もちろん現在の金融機関の金利が安ければ借り換えをする必要はないですが・・・)
スポンサーリンク