6月のイベントといえば、ジューンブライド。日本のブライダル業界の戦略だ・・なんて言われていますが、実はちゃんと「6月の結婚は幸せになれる」という意味と由来があるんですよ。ここではジューンブライドの意味と、6月の結婚式であじさいのブーケが人気になっている理由をご紹介します。
ジューンブライドは英語で「June Bride」と書きます。「June」は6月、「Bride」は花嫁や新婦という意味です。このことから、ジューンブライドは「6月の花嫁」といわれ、欧米では6月に結婚した花嫁は幸せな結婚生活が送れると言い伝えられています。6月の結婚が良いといわれる由来は3つあります。それぞれご紹介しましょう!

由来1:6月の語源になったローマ神話の女神・ユノ説

まずは、最も有力とされる由来からご紹介しましょう。
Juneという言葉は、ローマ神話に登場する女神・Juno(ユノ)が語源といわれています。女神ユノは6月を守る女神であると同時に、結婚や出産、育児の女神でもあります。そのため、女神ユノのご加護がある6月に結婚した花嫁は幸せになれるといわれているのです。

由来2:ヨーロッパの農民の風習説

一方で、欧米では5月の結婚は縁起が悪いというジンクスがあります。それは5月の女神であるマイアが、結婚を嫌っていたためです。
マイアは豊作の女神。結婚よりも農業に専念してほしいのです。確かに女神マイアの言うことも一理あります。この時期は、農家にとって実りある年になるかどうかの大事なときですからね。そのため、ヨーロッパでは3~5月の結婚は禁止され、6月に結婚式を挙げようという風習があったのです。

由来3:6月は天候に恵まれる説

日本では6月は湿度が高く、雨が多い時期という印象が強いです。しかしヨーロッパでは6月はカラッとした空気で天候に恵まれた時期にあたります。そのため結婚式に向いているので、6月の結婚が支持されるようになったといわれています。
スポンサーリンク



入籍だけでもジューンブライドになる?

最近では結婚式を挙げず、入籍だけで済ませようという新婚カップルがたくさんいます。同じ入籍するならジューンブライドの6月にしようか・・なんて検討している人もいるかもしれません。入籍だけでもジューンブライドになるのでしょうか?
答えは、残念ながらNOです。ジューンブライドは、結婚式を挙げなければ意味がなく、入籍だけではジンクスにあやかれません。
入籍オンリーという新婚カップルの中には「6月の結婚式は雨の日のぶつかりそうで嫌だな~」と考える人もいるかもしれません。しかし、フランスでは「雨の日の結婚式は幸せが降ってくる」といわれ、縁起の良いものとされています。
つまり6月の結婚式は天候に関係なくハッピーなものなのです。幸せな新郎新婦を見ると、周囲も幸せになりますよね。ジューンブライドにあやかるために6月の結婚式を考えてみてもいいかもしれません。
スポンサーリンク



ジューンブライドにはあじさいの花束が人気

ジューンブライドの結婚式では、あじさいの花束がよく見られます。6月に見ごろを迎える花なので、ピッタリですね。
ジューンブライドが生まれた欧米では、あじさいは「元気な女性」を意味します。イキイキとした花嫁を象徴する花にふさわしいですね。また、小さな花が寄り添っている姿から「家族の絆」や「一家団欒」を意味するという説も。こうしたことから6月の花嫁のブーケはあじさいが人気なのです。
一方であじさいは、土壌によってリトマス試験紙のように色を変える性質があることから「移り気がある花」と表現されることもあります。高齢の方は欧米での言い伝えよりこちらのイメージの方が強いかもしれません。そのため、ビックリしてしまうことも。司会者の説明などでフォローしてもらうと良いかもしれませんね。

ジューンブライドはみんなが幸せになれるイベント

日本ではブライダル業界の戦略というイメージが先行しがちなジューンブライド。しかし、語源となった欧米ではちゃんと意味があり、長い歴史で引き継がれている大切なイベントです。本来の意味を踏まえて、改めてジューンブライドにするかどうか、考えてみませんか?
スポンサーリンク