雨の日の自転車通勤で気をつけることは?便利なアイテムなど
自転車通勤は健康にも良い上にお財布にも優しいもの。
晴れた日は朝から清々しい気持ちで出勤できますよね。
ただ逆に雨の日は大変。
自分も荷物もビショビショ…。
いろんな危険性も伴います。
そこで今回は不幸な事故を起こさないためにも、雨の日でも安全に自転車通勤ができるための注意点と、便利なアイテムなんかも紹介していきます。
雨の日にはいろんなトラブルや危険があるので晴れた日に比べて十分注意が必要です。
走行中はもちろん事前準備や帰宅後に行うっておくべきこともいくつかあるので詳しく見ていきましょう。

事前にできる準備とは

まずレインウエアの準備は必要ですね。
機能性の高いものを買っておいた方が長持ちしますしオススメです。
夜に雨が降った時には目立つ色を着ておいたほうが安全なので暗めの色よりも明るい色のものが良いでしょう。
また大切なものが濡れてしまわないようにカバンも防水性に優れたものにしなくてはいけません。
また着替えも念のため準備しておいたほうが良いですね。
会社に置いておけるなら置いておいたほうがようですね。
そして濡れたものを入れるゴミ袋も一緒に入れておきましょう。

走行中に心がけることとは

走行中はみなさん重々わかってはいると思いますが滑りやすいのでいつもよりも注意が必要です。
時間に余裕を持って行動すべきです。
また急ブレーキなんかで滑って止まらないこともあり得ます。
マンホールは特に滑りやすいので避けて通ることをオススメします。
他には1番やってはいけないことで覚えておいて欲しいのが傘差し運転。
傘をさすと片手運転になりバランスが取りづらいので大変危険です。
傘で視界が悪くなり、急ブレーキを踏むとどうなるか…わかりますね?
雨に打たれてしまうのは誰も嫌でしょうが、そのためにレインコートがあります。
必ず走行中に傘はささないでください。

帰宅後にやっておくべきこと

帰宅後は自分の体や大切な荷物を拭くことも大切ですが、それが終わったら自転車のケアも行いましょう。
これをするかしないかで随分、自転車の状態がかわってきます。
何をするのかというと水分をまず拭き取ります。
特にクロスバイクを使用している方は念入りに拭いておかないと不調の原因になりますよ。
サビは大敵ですよ。
また注油も忘れないでください。
また意外と忘れがちですが靴がびしょびしょになってしまった場合に、そのままにしておくとカビが生えて嫌な臭いがしてきてしまいますよ。
靴の中に新聞紙を丸めておくだけでもかなり水分を吸い取ってくれます。
カバンも上から新聞紙をかぶせておくと乾きが良いです。
少し手間ではありますが、こう言ったことはきちんとやっておきましょう。
スポンサーリンク



電車などを利用した方が良い場合も

雨と一口に言ってもパラパラとすぐに止みそうな雨や、土砂降りの雨など程度が場合によって異なりますよね。
あまりに激しい雨の場合には自転車での通勤は断念して電車などを利用すべきでしょう。
特に雨の強さもですが風の強さも重要で、風が強い日の走行は危険です。
自分自身が吹き飛ばされてしまったり、何かものが飛んできたりする可能性もなくはないですよね。
自転車通勤の人はこの見極めがとても大事ですね。
あまり無理はせずに可能な限りで自転車は利用しましょうね。

まとめ

自転車通勤は大変そう…と思うかもしれませんが、意外と始めてみると朝から気分がいいものですよ。
運動不足の方にはオススメです。
ただ今回挙げたように天気次第ではとっても危険になるので、その時その時の判断が大切です。
雨が降っていても自転車で通勤をする!という場合には十分な準備をしておき、いかんに余裕を持ちつつ安全に走行するように心がけましょうね。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!