スポーツをする時、また夏場なんかには特にたくさん汗をかきますよね。
そんな時に気になるのが臭いです。
自分が嗅ぐのも不快ですが周りに気づかれてしまわないかも心配ですね。
女性だけでなく男性でも汗の臭いは気になるもの。
どうにかしたい!
と悩んでいる方は多いかと思います。
そもそもどうして汗は臭いがきついのでしょうか?
そこで今回は汗の臭いの原因と対策をみていきましょう。
そもそも汗をかいた際にどうして臭いがするのか知っていますか?
なんとなく汗は汚いものだから…というイメージがあるかもしれませんね。
しかし実際は汗自体の臭いではないんです。
というのも汗というのは99%が水分で匂いもほぼありません。
ではどうして臭いがしてしまうのかというと実は汗そのものではなく、汗をそのままにし皮脂、垢と混ざり雑菌が繁殖する事で匂いは発生しているんです。
ですからあらかじめいろんな対策をしておく事で汗の臭いを抑えることができます。
では具体的な方法を見ていきましょう。

汗の臭いに効果的な対策は?

具体的にやっておくと良い汗の臭い対策をみていきましょう。

汗をすぐに拭き取る

汗自体に臭いがないのであれば汗をかいたらすぐに拭き取ってしまえばよいのです。
雑菌が汗の成分を分解し、臭いの原因物質を作るまでには1時間くらいはかかるのでそれまでにタオルなんかで拭いてしまいましょう。
ちなみに臭いが嫌だからと汗をかかないようにするのは間違いで逆に汗が臭くなりやすいです。
むしろ汗をかく習慣を運動なり、半身浴なりでつけておくべきでしょう。

制汗剤を使用する

夏場になると汗対策グッヅがたくさん売られるようになりますよね。
その中でも手頃でオススメなのが制汗剤。
スプレータイプやシートタイプなんかがありますね。
種類が色々あって、汗をおさえてくれるものや雑菌の繁殖を抑えてくれるものなどがあります。

出かける前にささっとひとふきしておくと随分違いますよ。

吸水インナーを着る

制汗剤と同じく夏場によく見られるようになるのが汗を吸い取ってくれるサラサラしたインナー。
インナーが汗を吸い取ってくれれば皮膚で雑菌が繁殖しないので臭いも起きにくいですね。
インナーが濡れた時には脱ぐことも出来ますから便利です。

身体を優しく洗う

お風呂の際にも汗の臭いを抑えるために心がけたいことがあります。
それはゴシゴシこすらないこと。
汗をよくかく時期には汚れを取るために念入りにこすってしまう人は多いもの。
しかしこれは逆効果で肌を守る良い垢というのも落としてしまいます。
そうすれば雑菌が発生しやすくなってしまいます。
必ず優しく洗うようにしてください。

食事にもポイントが

実は食べ物の中にも汗の臭いを抑えてくれるものはあります。
例えばきのこ類や食物繊維の多く含まれている野菜類、海藻類なんかもそうです。
基本的に腸内環境を整える食べ物が多いです。乳酸菌なんかもそうです。
できればヨーグルトなんかは毎日とっておきたいですね。

ストレスを溜めないこと

ストレスは自律神経の乱れにつながります。
すると汗の匂いの原因となる成分が増えてしまうと言われています。
ですからストレスを溜めないというのも実は汗の臭い対策には重要なのです。
睡眠不足なんかの人は多いですから、気をつけましょうね。

まとめ

スポンサーリンク



いかがでしたか?
汗の臭いは雑菌が関係していたというのは知らなかった人も多いのでは?仕組みはわかると対策もしやすいですよね。
今回挙げた方法の他にはこまめの水分補給を心がけたり、冷えに気をつけたり、衣類についてしまった臭いを落とすのも大事です。
いろんな対策を組み合わせて、夏場も汗の臭いをしっかり予防しましょう!