年をとっても死ぬまで自分の歯を残したいという希望は皆さんあると思いますが、実際なかなか全部の歯を残すというのは難しいものです。
色々な原因により歯を抜かないといけなかったり、歯が抜けてしまったりという事が起きてしまうこともあります。
そうなると物を食べたり話をしたりという普段の生活にも支障が出てきます。
そんな時は入れ歯や差し歯・ブリッジなどといくつか代替えの方法がありますが、インプラントを考える人もいるでしょう。
インプラントなら取れる心配もなく安心というイメージがありますが、本当に安心でしょうか?
インプラントにしていても気がつけば怖い病気になっていることもあるんです。
インプラントの仕組み
まずはインプラントについておさらいしておきましょう。
インプラントとは、何らかの理由で歯を根元から失ってしまったところに人工の歯根を入れ、歯型をかぶせるものです。

この人工の歯根の事をインプラントと呼び、インプラントは骨に直接ネジのような物を埋め込み固定するので、入れ歯や差し歯・ブリッジなどとは違い、ぐらつきがなく歯が健康だった時と変わらないようにしっかりものを噛んだりすることができ寿命も長いです。

またメンテナンス、いわゆる定期検診をすることでインプラントの寿命を更に持続させることができます。
保険対象外の為高額な施術代を払ったので、問題ないだろうと思ってメンテナンス(定期検診)を怠ったり、きちんと歯が磨けていなかったりするといくらインプラントしていても病気になる可能性があります。

インプラント周囲炎

細菌による歯の炎症が起こる歯周病というのをご存知でしょうか。
歯茎が炎症を起こし、ひどい場合は歯を溶かし、歯根や骨まで溶かしてしまい歯が抜け落ちてしまうこともあります。
これによく似た症状が「周囲炎」と呼ばれインプラントの周囲に起こる可能性のある病気です。
いわゆる、インプラントの歯周病です。
インプラントの場合は早インプラント自体は溶けませんが、その代り歯茎の炎症やインプラントが刺さっている骨を溶かしてしまいます。
歯周病は歯と歯茎の間の隙間にプラークと呼ばれる歯垢である細菌のかたまりが増殖したり、歯石などで細菌が増殖するのが原因で炎症や出血などが起こりますが、インプラント周囲炎も同じです。
インプラントと歯茎の間の隙間にプラークや歯石が溜まり、細菌が繁殖してしまうのが原因です。
すでに歯周病になっていたのに完全に治りきる前にインプラントをしてしまったり、インプラント施術は問題なく歯周病も大丈夫であってもその後、上記でも言ったように歯磨きをしっかり行っていなかったりメンテナンス(定期検診)に行くのを怠っていたりすると、歯石が溜まって知らず知らずのうちに感染し細菌を増殖させてしまったりという事が起こります。

その他にも、糖尿病の方や喫煙者の方はインプラント周囲炎になる可能性が他の人よりも高いと言われています。

症状

残念ながら初期段階などは歯周病と同じく痛みを伴わないのでインプラント周囲炎になっていることに気が付かない場合が多いそうです。
出血や腫れが出てきて、更に痛みがあるころには周囲炎がかなり進行していて、ひどい症状では骨が溶けてインプラントのネジ部分が出てきてしまうこともあります。そうなると、折角入れたインプラントを抜くことになったり、激しい時には勝手に抜けてしまうこともあるそうです。
インプラントは作り物の歯なので虫歯になる心配はしなくても、細菌に感染してしまうと歯茎や骨に影響が出てしまうという事を覚えておかないといけません。

おしまいに

歯周病やインプラント周囲炎に気がつかずに、また気がついていても忙しくてなかなか歯医者に行く時間が取れないからと放置してしまっていると感染してしまったその歯だけではなく、その周りの歯にまで炎症が広がってしまいかねません。
手遅れになる前に、まだある自分の歯を守る為にも、インプラントを入れたらちゃんとメンテナンス(定期検診)に行くことを忘れない様にしましょう。
本物の自分の歯ではないですが、インプラントはその役割を果たしてくれる大事な歯ですので、しっかりお手入れして長持ちさせてくださいね。