冬はインフルエンザが流行する時期!型にはどんな種類があるのか!
スポンサーリンク



寒くなってくると流行りだすのが風邪、そしてインフルエンザ!
毎年注射に悩む方も多いのでは?
インフルエンザといってもいろんな種類の型がありますからね。
そこで、流行するインフルエンザの型をその種類から特徴までご紹介します!
スポンサーリンク



インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる、ウイルス性呼吸器感染症のことです。
いろんな種類が存在しますが、その中でも人へ感染するものは大きく分けてA型、B型、C型の3種類があります。
ん?
C型?
あまり聞き慣れないですよね。
一般的にインフルエンザと呼ばれるのはA型とB型で、C型は症状が風邪程度であることが多く、一般の病院では検査は行われないのです。
スポンサーリンク



A型の症状や特徴

インフルエンザと聞いてまず思い浮かべるのはA型ではないでしょうか。
それは、毎年流行の中心となり、もっとも症状が重いからでしょう。
また、A型はどんどん変異し進化するウイルスでもあるため、一度感染して免疫ができたとしてもそれが機能しにくく、ワクチンの予測も立てにくいウイルスなのです。
A香港型やソ連型、新型ウイルスと呼ばれるのもA型ウイルスですね。
そしてその症状ですが、A型インフルエンザの3大症状と言われるものに、38~40℃の高熱、悪寒や寒気、全身の関節痛や筋肉痛があります。
重症化や合併症の危険性が高いのもA型です。
スポンサーリンク



B型の症状や特徴

A型ほどの大きな流行はありませんが、それでも以前は2年に一度の流行だったのに対し、近年では毎年のように流行しています。
A型ほどの変異はしないので、免疫がつきやすい型と言われています。
B型の症状の特徴としては、下痢や腹痛、吐き気、嘔吐などの消化器官系があげられます。
また、インフルエンザというと高熱のイメージですが、B型は高熱が出ず微熱が続くことが多いのも特徴です。
スポンサーリンク



C型の症状や特徴

インフルエンザの中ではもっとも知名度が低く、知らない人の多いのがC型です。
症状のA型やB型に比べると軽く、鼻かぜに似ています。
というのも、C型は種類が1つしかなく、一度感染すれば免疫がつき、再び感染することがほとんどないからです。
免疫のまだできていない子供、特に4才以下の乳幼児が多くなっています。
スポンサーリンク



インフルエンザの流行時期

通常日本では、毎年11月下旬から12月上旬にインフルエンザのシーズンが始まり、1~3月にピークを迎え、4~5月にかけて患者数が減ります。
A型は12~2月、B型は2~3月、C型は通年となっています。
スポンサーリンク



まとめ

A型は高熱と全身症状、B型は腹痛、C型は風邪程度、と考えるとわかりやすいですね。
今年ももしかしたら新型ウイルスが流行るなんてこともあるかもしれませんが、手洗いうがいをしっかりして、負けずに乗り切りましょう!
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!