スポンサーリンク



ますます寒さが厳しくなってきましたね。
この時期になると、お子さんを持つ親御さんなら特に心配なのがインフルエンザ。
子どもの場合発生すると重症化しやすいため、最初の見極めが肝心です。
今回はインフルエンザに見られる初期症状や、子どもがインフルエンザにかかった際の対処法などご紹介していきますので、ぜひ参考にしていただき一緒に予防していきましょう!
スポンサーリンク



毎年冬の季節になると大流行するインフルエンザ。
子どもを持つ親にとっては、いつもハラハラする時期ですよね。
予防に気を付けているつもりでも、子どもはどこからウイルスをもらってくるかわかりません。
まずはインフルエンザの知識を正しく理解し、最適な対処法を身につけましょう。
インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる呼吸器感染症のこと。
A型とB型、C型の3種類あります。
インフルエンザの場合、厄介なのは免疫が付きにくいこと。
同じ感染症の水ぼうそうやはしか、風しんなどはウイルスの型が一種類しかなく変化しないため、一度かかったら再度かかることはないと言われています。
(一部例外アリ)
しかし、インフルエンザの場合は毎年ウイルスの性質が変わります。
一度インフルエンザにかかり体内に抗体ができたからといって、翌年にはウイルスの性質が変わってしまっているので、それまでの抗体では対応できないのです。
そしてインフルエンザは風邪に比べて症状が重く、子ども(特に乳幼児)や高齢者は重症化しやすいので注意が必要です。
スポンサーリンク



症状から見るインフルエンザと風邪の違い

インフルエンザはよく風邪の悪化したようなものとして言われることがありますが、厳密に言うとウイルスの種類が違います。
そして、具体的な症状もインフルエンザと風邪では違う場合が多いのです。
風邪の症状
  • 症状…
    のどの痛み、鼻水・鼻づまり、くしゃみ、せき、発熱
  • 発症…
    比較的ゆっくり
  • 症状の部位…
    鼻、のどなど部分的に
  • 治るまでの期間…
    2~3日で治ることもあれば、鼻水だけ、せきだけなど部分的な症状が1週間近く続いたりと、本人の過ごし方や周囲の環境によって変わる
インフルエンザの症状
  • 症状…
    高熱、頭痛、関節痛、倦怠感、吐き気・嘔吐、せき、のどの痛み、鼻水・鼻づまり
  • 発症…
    急激に
  • 症状の部位…
    強い倦怠感などの全身の症状
  • 治るまでの期間…
    潜伏期間は1~4日(平均2日)多くは1週間程度で完治
風邪の場合、最初の段階ではのどが痛くなってきたり、鼻水が出て鼻づまりを起こしたり、くしゃみやせきが出てきたりと、まずは局所的な部分から症状が発生することが多いです。
この段階では、マスクをしながらでも普通に外出する人がほとんどですよね。
風邪は引き始めに薬を服用したり安静にしていれば悪化せずに完治することもありますが、放っておくと各症状が悪化して、後に発熱などにつながる場合があります。
多くは本人の過ごし方や周囲の環境によって、症状の良し悪しをある程度操作できるのが風邪の特徴です。
しかしインフルエンザの場合は、初期症状からいきなり高熱が出たり、強い倦怠感を感じたりと最初の段階から全身症状を訴えることが多いです。
各症状に関しても風邪よりも重い場合が多く外出もできませんが、通常の潜伏期間は数日間と短いため、医療機関できちんと受診し、医師の指示に従ってちゃんと安静にしていれば1週間程度で完治することがほとんどです。
スポンサーリンク



インフルエンザ対策を徹底しよう!

まずは不要な感染を防ぐことが大事です。
インフルエンザはインフルエンザに感染している人のせきやくしゃみ、会話の時に空気中に拡散されたウイルスを鼻腔や気管などに吸入することで感染します。
感染の多くは、この飛沫感染によるものと考えられています。
また、多くの方が触るところについているウイルスを触ってしまうことにより、ウイルスが付いた手によって鼻や口などの粘膜を通して感染する接触感染というのもあります。
なので、1番気をつけたいのはやはりうがい手洗い。
保育園や幼稚園、小学校などでも冬になると頻繁に呼びかけられるようになりますよね。
それほど、手洗いうがいというのはインフルエンザ対策に効果テキメンなのです。
昔から言われてきた基本的なことですが、これを徹底するだけでも感染の可能性がグッと減りますので、今一度、お子さんのうがい手洗いが正しくできているか注意して見てあげてくださいね。
心配な人は、インフルエンザが流行している時期はなるべく人ごみに行かないようにしましょう。
どうしても外出しなければいけない場合は、きちんとマスクを着用すること。
携帯用の除菌シートなども一緒に持ち歩くと、何か口にする際にもサッとふけるので便利ですよ。
スポンサーリンク



インフルエンザにかかってしまった際の正しい対処法

気をつけていても、やはり集団の中で生活する子どもだと完全な予防が難しい場合がありますよね。
インフルエンザと疑われる時は安易に風邪と判断せず、早めに医療機関を受診して治療を受けることが重要です。
インフルエンザは発症後、48時間以内に抗ウイルス薬を服用・吸引すれば、症状が軽減され早く治ることも期待できます。
インフルエンザの際の正しい対処法とは
  • 安静にして休養を取る。特に睡眠が重要
  • 部屋の温度や湿度を適切に保つ
    (気温18~20℃、湿度50~60%程度)
  • 水分を十分に補給する
お子さんがインフルエンザにかかってしまった場合、親御さんが看病することが多いでしょう。
その際は、看病に必死になるあまり自分も感染してしまう、なんてことも考えられますので、十分注意してくださいね。
子どものインフルエンザの場合、大人が嘔吐物や排泄物を処理することが多いと思いますが、排出物には大量のウイルスが含まれていますので、処理後はしっかりとうがい手洗いをしましょう。
また、看病の際もマスクを着用しながら行うといいですよ。
スポンサーリンク



悪化させると怖い!子どものインフルエンザ。危険な合併症を知ろう!

子ども(特に乳幼児)の場合、インフルエンザにかかり症状が悪化すると合併症を併発する可能性もあります。
子どものインフルエンザの主な合併症は以下の通りです。
  • 気管支炎
    気管支が炎症を起こしている状態で、特徴的なのは「ゴホンゴホン」という激しいせきが続く症状。
    インフルエンザで熱が出た2~3日後に出やすいので、この時期によくたんが出たり、せきが止まらない状態が続く場合は気管支炎を疑ったほうがいいでしょう。
    ですが、素人判断ではなく症状を決めるのは、あくまでも医療機関に受診し医師が判断し治療に当たります。
  • 肺炎
    インフルエンザウイルスが肺に入り込むと引き起こされます。
    高熱が続き、せきやたんで呼吸が苦しそうな状態が続く場合は要注意です。
    早めに医療機関を受診しましょう。
  • 熱性けいれん
    発熱に伴って起きるけいれんのことで、生後6ヵ月~6歳くらいまでの乳幼児に割と多く見られます。
    この詳細については、いたずらに不安を与えることになるのは、当Blogの本意ではありませんので書きません。
    私は救急車を呼びます。
  • インフルエンザ脳症
    特に怖いのがインフルエンザ脳症。
    この詳細についても、いたずらに不安を与えることになるのは、当Blogの本意ではありませんので書きません。
    私は救急車を呼びます。
    インフルエンザ脳症に関しては、解熱剤に含まれる成分に原因があるとも考えられています。
    (直接的な原因は完全に明らかにされていない)
    子どもに突然高熱が出た場合はインフルエンザの可能性が高いので、勝手に判断して解熱剤などを使用するのはやめましょう。
特に子どもの場合は誤った判断が一番いけないので、必ず医師の指示に従うということが重要です。
スポンサーリンク



まとめ

インフルエンザは初期症状の段階で早めに対処することが大切です。
特に子どもの場合は大人よりも合併症などのリスクも高いため、正しく判断することが重要となります。
子どもがインフルエンザにかかってしまった場合でも冷静に適切な処置を行えるよう、正しい知識を身につけておきましょうね。
最後に声を大にしてお伝えしたいのは、子ども(特に乳幼児)の場合は、少しの変化でも見逃さないように注意し、何か変化があれば遠慮しないで何度でも良いので、医療機関を受診し落ち着いて医師に時系列で症状の変化を伝え、医師の判断で最適な治療をすることがとても大切です。
念のため重複しますが、素人判断は絶対にしてはいけません。
スポンサーリンク