田舎で暮らしてみたいなら、まずは格安物件をチェック。
定年退職したら夫婦で田舎に暮らしたい。
環境の事を考えて、将来子供が出来たら田舎に暮らそう。
独身でも夢のために田舎に暮らしたい。
などなど、そんなことを一度は考えたことがあるかもしれません。
そうなると田舎暮らしとはどんなものなのか覗いてみたくことなるのが心情です。
早速、田舎暮らしするにはどんなことを調べてみるのか探ってみましょう。
田舎暮らしをするのに夢だけではどうにもなりません。
闇雲に検索してみてもよくわからないでしょう。
なので、具体的なビジョンをほんの少しイメージしてみてみるとより現実的になります。
また、探しているものが自分の夢に届きそうなら、それを目標に頑張ることも出来ます。

まずは、具体的にどのようなことにポイントを置いて行くのか見ていきましょう。
スポンサーリンク



住む場所を決める

ただ田舎に住みたいというだけでは日本国中に田舎はありますので決めようがありません。
気候や土地柄、交通アクセスなどを考えて絞っていきましょう。
海側で釣りを楽しみたい、山側で山菜取りなどをしたい、何地方に住みたいとか、田舎と言っても家族や親せきからそんなにも遠くはないところがいいとか。
農業をしたいなどでしたら、農業の種類や作物の種類によっても住む土地柄は絞られてきたりします。
例えばそういったものをリストにして書き出していくとより具体的になり調べやすくなります。そして、その条件に合うような場所をいくつか絞ってみましょう。
小さい子どもがいたり、定年後の移住だとやはり近くに病院ないしは診療所があった方が安心だったりもするので、その点も含めリストアップしていくのがいいでしょう。

物件を探す

なんとなく住んでみたい場所の候補地が幾つか上がったなら、
どんな物件があるのか検索してみると
益々夢に現実味が帯びてきます。
今はマンションやアパートなどの集合住宅に暮らしていたりしても、田舎なら一軒家暮らしも夢ではありません。
今、一軒屋に暮らしていても田舎なら広土地(庭)が手に入るかもしれません。
場所が場所だからこその格安で物件があったりもします。 
スポンサーリンク



格安物件って具体的に体は?

過疎化の為に長い間空き家になってしまっている物件は結構あります。
古い物件なので直しも必要ですが、そういった物件が安く売りに出されています。
もちろん土地だけのものや家屋付きの物もありますので、家屋付きで購入するか土地のみ購入して新築を建てるかは好みと予算によります。
自治体によっては条件が満たされれば補助金も出してくれたりします。

空き家バンク

移住や定住の促進をはかる為に各市町村の自治体などが運営していたりします。
場所や物件によっては50万円以下で購入できる家屋もあります。
ただし、具体的に気になる物件があれば実際に目で見て確認した方がいいです。
交通の便だったり、どの程度の直しやリフォームが必要かを確認する必要があります。
安いからとあまり確認せずに購入をしてしまって、後で直

各住宅サイト

住宅サイトもいろいろありますが、「田舎物件」や「格安物件」などで検索すると格安の物件を提供していたりします。

最後に

いかがでしょう。
なんとなくイメージが湧いてきましたか?
先にも述べましたが、各自治体では条件を満たせば補助金を援助してくれたります。
これは自治体によって条件も金額も違うので、
住みたい場所の候補が幾つか上がったら補助金の制度なども軽く確認しておくと候補地が更に絞られてきます。
また、体験などで数日候補地に宿泊してみて周りの環境や土地柄人柄などを見ておくのもいいかもしれません。
田舎は都会よりもご近所付き合いがありますし、それがお互いを助け合っていきます。
「住めば都」とも言いますので、後は皆さんの過ごし方ですかね。
いろいろ調べてみてくださいね。
スポンサーリンク



みんな読んでいる関連記事!