スポンサーリンク



カラオケといえば、大人数でワイワイ、あるいは彼氏や彼女と二人で、今では一人で行く人も多くなってきていますね。
そんな、様々な楽しみ方のあるカラオケ!
少しでも上手く唄いたい!
上達しないのは何故か?
理由と共に、上手くなるコツ!を考えてみましょう。
スポンサーリンク



まずは、「羨ましい~!」と思ってしまうような歌声は、どんな人なのか?
今まで一緒にカラオケに行った人の、唄っている姿を思い出してみてください。
一般的に上手いと感じるのが、きっと声量があり、リズム、音程が合っている人だと思います。
では、その人たちは最初から上手いのでしょうか?
もちろん、そんな人もいるのだと思います。
でも、どんなことでも最初から出来る人、というのはごく稀で、大半は練習して、自分なりの努力をして、やっと出来るようになり、更に、上達していくのです。
ということは、今あなたが頭に浮かんだ“歌が上手い人”、は、何らかの努力をしているのかもしれませんね。
スポンサーリンク



カラオケで上達しない人とは?

では、“逆にカラオケが上手くない人”“上達しない人”というのはどんな人なのか?
自分以外で思い浮かべてみてください。
どんな歌声が思い浮かびましたか?
きっと、上記とは真逆な、声が小さく、リズム感もなく、音程がガタガタで、何を唄っているか分からない。
そこまでは無いかもしれませんが…
聴いているほうも何だか危なっかしくてゆっくり聴いていられない!
そんな感じになってしまいますよね。
実は私もカラオケ友達を脅かす歌声の持ち主だったのです!
どこまで脅かしていたかは分かりませんが…
そんな私の場合は、上手いとか下手とか何も考えず、ただただ、カラオケを楽しんで唄っていたので、自分の歌声なんか何も気にしていませんでした。
しかし!!
ある時、いつも一緒にカラオケに行っていた友達に
「自分の歌声ちゃんと聴いてる?聴いたことないならちゃんと聴いてみたほうがいいよ!?」
と言われたのです。
唄っている時に自分の声は聴こえているので、上手いとは全く思っていませんでしたが、その友達の言葉の意味が気になり、自分で、自分の歌声を録音して聴いてみました。
“うわっっ!!”
“マジか!?”
これが自分のカラオケを、真剣に改めて聴いた感想でした。
唄っている最中に聴く自分の歌声と、録音して聴く歌声、全く別物なくらい、録音して聴く歌声のほうが圧倒的に下手くそだったのです。
“これはまずい!”
色んな意味で思いました。
今まで一緒にカラオケに行った人たちに申し訳ない気持ちと、恥ずかしさでいっぱいになりました。
私はこんな風にして、自分の歌声を聴くきっかけが、出来たから良かったのですが、このきっかけが無かったら、自分の歌声をわざわざ聴こうとも、思わなかっただろうし、上手くなりたい!
とも思っていなかったと思います。
下手なのは分かっていたけど、結局はカラオケなんて、ただの遊びで、プロでもないし、上手くある必要もないから、“まあ、いっか!”と、完全に諦めていました。
なので、指摘してくれた友達には、とても感謝しています。
自分の歌声を聴くことの、大切さを知りました。
スポンサーリンク



何故、カラオケを上達しないといけないのか?

そして、私はこの時、カラオケという娯楽にもかかわらず“上達しないといけない!”と、心から思ったのです。
録音して、初めて自分の歌声を、聴く側になったのですが、なんとも聴いていられない!
聴きたくない!
なんだか自分の喉がおかしくなってしまいそう!
そんな風に思いました。
色んな理由があると思うのですが、私の場合は、自分の為にというよりは、一緒にカラオケに行ってくれているみんなの為に“上達しないといけない!”と思ったのです。
あなたはどんな理由ですか?
改めて考えてみると、それが目標や、やる気になって早く上達するかもしれませんね。
スポンサーリンク



カラオケが上達する人とは?

ではカラオケが上達する人とはどんな人なのか?
一番に思いつくのはきっと、沢山カラオケに行っている人!
だと思います。
私もそう思っていたのですが、自分自身を見て、それは間違っている!
と、確信しました。
ほぼ毎日カラオケに通っていたからです。
他には、歌や音楽が好きな人。
でも、歌や音楽が嫌いな人は、カラオケには行かないですよね!?
カラオケに行くいかない、でもなく、歌や音楽の好き嫌いでもなく、自分の歌声をちゃんと聴いたことのある人!
だと思うのです。
スポンサーリンク



自分の歌声を聴いている人は、何故カラオケが上達するのか?

自分の歌声を聴いたことがある人は
“何が間違っているのか?”
“どう直せばよいのか?”
“合っているところは?“
などと、自分の歌声としっかり向き合うことができ、内容を理解したうえで、細かいところまで、解決策を探すことができると思います。
聴く側になってみないと分からないことは、本当に沢山あります。
反対に、自分の歌声を聴いていない人は、なんとな~く、
“ここおかしいな?変だな?”
くらいなあやふやな感じで、これだと、上達しなくてもいっか!
と諦めてしまっているようなものですよね。
カラオケ上達したいですよね!?
スポンサーリンク



どうしたらカラオケが上達するのか?

やっぱり、私が一番おススメするのが
“自分の歌声を録音して聴いてみること”です。
一度聴いてみて、後から本物の歌手の歌声と合わせて聴いてみるといいかもしれませんね。
リズムや、音程の違いがすぐ分かります。
分かったところで、直さないと意味がないのですが、これがまた根気のいる作業になりますが、何度も何度も口ずさんで、合っているか確認し、徹底的に覚えさせます。
今までの間違っていたものを自分自身に理解させながら覚えさせるのです。
理解していないことより、理解していることのほうが、忘れにくいからです。
これから新しい歌を覚える!
というときには、歌をなんとなく聴いてからカラオケで唄うのではなく、ある程度聴いて、歌手の歌声と、合せながら唄ってみるといいと思いますが、この時、歌手の声より大きい声で唄うのはダメです!
歌手の声が聴こえず自分の声だけになると、間違った音程やリズムで唄っていても、間違えていることに気づかず、それが合っていると勘違いしてしまう可能性があるからです。
せっかく練習していっても、意味がなくなってしまいますね。
そして、カラオケでの声量!
普段話している声は大きいけれど、カラオケだと何故か出ない…
その中には恥ずかしさもあるかもしれませんが、声量に関しては、やっぱり腹式呼吸が良さそうです。
普段から腹式呼吸が出来るようになると、カラオケでも自然と、声量アップにつながるかもしれませんね。
声量が出るようになったら、コントロールして、強弱もつけてみてください。
それだけでも聴こえ方がグッと変わります。
スポンサーリンク



まとめ

カラオケが上達しない理由は、人それぞれ色々あると思いますが、上手くなりたいと思うのなら、諦めないでください。
何をしても無理だから…
そんなこと思わないでください。
色んな方法があるとは思いますが、まず、自分を知ることから始めてみるのはどうですか?
自分を知れば何か見えてくるはず!
そのあとは…
いつの間にか、あなたがカラオケの主役に、なっているかもしれませんね。
遊びも全力で…
スポンサーリンク