世の中の働くママさんパパさんの
悩みのひとつでもある、
育児の間の経済面!
子どもにもお金はかかるし、
何より夫婦での稼ぎで
暮らしてきたのに
急に一人分の稼ぎになるなんて
生活していけるのか…
そんな不安を抱えている
ママさんパパさんも
多いのですよね?
そこで、今回は
そんな働くママさんパパさんの
心強い味方“育児休業給付金”
についてお話ししていこうと思います!
意外と知らない方も多いようですが、
実は知っていると
とても助かる制度なんです!
スポンサーリンク



育児休業給付金とは、
簡単に言うと働くママさんパパさんの
育児休業中の
経済的支援をしてくれる制度です。
育児休業をしている間、
当然勤務先からの
給与は支払われませんよね?
収入が得られなくなってしまう期間の
生活サポート
してくれる制度なんです。
スポンサーリンク



育児休業給付金を受けられる対象は?

では、
誰でも給付金を受けられるのか?
給付金を受けるためには、
いくつかの条件があります。
  • 雇用保険に加入していること
  • 育児休業前2年間のうち、1ヶ月に11日以上働いた月が1年以上あること
  • 育児休業期間中に勤務先から1ヶ月あたり月給の8割以上の支給がないこと
  • 育児休業期間中の就業日数が1ヶ月あたり10日以下であること
  • 育児休業を終えた後、同じ勤務先で働く意思があること
以上を満たしていれば、
正社員だけでなく、
契約社員やパートの方でも
給付金を受けることが出来ます!
また、
以前は実子でないと受けられなかった
この制度、
現在では特別養子縁組の監護期間や
養子縁組里親に委託されている子ども
も給付金が受けられる
ようになったようです。
ただ、
自営業の方や専業主婦(主夫)の方は
雇用保険に加入していないので、
受けることが出来ません。
もちろん、
退職後や退職予定の方も
対象外になります。
また、育児休業を取得しない場合も
受けることが出来なくなるので
ご注意ください!
スポンサーリンク



育児休業給付金はどれくらいの期間受けられるの?

給付金を受けられる期間は
原則として子どもが
1歳になるまでです。
ただ、両親とも育児休業をとる場合は
「パパ・ママ育休プラス」
という制度が適用になり、
1歳2ヶ月まで給付金を受けることが
出来るようになります。
この場合、パパさんママさん
それぞれが受けられる期間は
1年間なので、最初の6ヶ月は
ママさんが、後の6ヶ月はパパさんが、
というように交代でとる
必要がでてきます。
ママさんは産休期間(8週間)から、
パパさんは子どもの出生日、
もしくは出産予定日から
受けることが出来ます!
また、
保育所に入所希望を出しているが
入所できていない場合や、
配偶者の病気や死亡、離婚などの
特別な理由があった場合は、
1歳6ヶ月まで給付金を
受けることが出来るようになります。
スポンサーリンク



育児休業給付金はどれくらいの金額受けられるの?

ここが1番重要!
受けられる金額って
じゃあどれくらいなのか、
例を挙げながら説明していきます!
受けられる金額は時期によって
2段階に分かれます。
  • 育児休業開始から180日目まで…月給の67%
  • 181日目から…月給の50%
と規定されています。
ここでいう月給は残業代を含む、
育児休業前6ヶ月の
平均額となります。
ただ、この平均額には
上限額と下限額が設定されていて、
上限額は447,300円、
下限額は74,100円。
つまり、平均額が447,300円を超える場合は
447,300円、
74,100円に満たないときは
74,100円として見なされるわけです!
月々50万円稼いでいたとしても
平均額は50万円にはならない
ということですね。
では、月給20万円のママさんが
1年間給付金を受ける場合と、
月給20万円のママさんが6ヶ月、
月給35万円のパパさんが6ヶ月
給付金を受ける場合の
2パターンで計算をしてみます!
・月給20万円のママさんが1年間給付金を受ける場合
(200,000×0.67)=134,000円
(200,000×0.50)=100,000円
(134,000×6ヶ月)+(100,000×4ヶ月)=1,204,000円(1年間)
・月給20万円のママさんが6ヶ月、
月給35万円のパパさんが
6ヶ月給付金を受ける場合

(パパ・ママ育休プラス制度)
(200,000×0.67)=134,000円
(350,000×0.67)=234,500円
(134,000×6ヶ月)+(234,500×6ヶ月)=2,211,000円(1年2ヶ月)
ママさんが1年間受けるよりも、
ママさんパパさん2人で受けた方が
かなりお得になりますね。
また、1回の支給額は2ヶ月に一度、
2ヶ月分が支払われます。
本人の希望で毎月1ヶ月分の
支給を受けることも出来るようです。
スポンサーリンク



申請の仕方は?

気になる申請の仕方についてですが、
大抵は勤務先が
行ってくれるようなので、
育児休業給付金について早い段階から
勤務先と相談しておくことが大切です。
育児休業の申し出の期限は法律で
「休業開始予定日の1ヶ月前まで」
とされているので、
産休のお話をするときに一緒に
話しておくといいかもしれませんね。
その際、復職後の労働条件なども
確認しておくと育児休業開けが
スムーズかもしれません。
基本的には育児休業給付金を
申請したいというと勤務先から
必要書類を渡されますので、
そちらに記入をして、
勤務先に提出すれば後は勤務先が
ハローワークにて申請をしてくれます。
ただ、勤務先で
申請を行ってもらえない場合は
自分でハローワークに
提出しなければいけないので、
必要書類を勤務先から受け取って
記入が済んだら、
勤務先に一度見てもらい、
承認してもらったら
ハローワークに自ら提出、
という流れになります。
書類を提出してから最初の給付金の
支給までは2~5ヶ月と、
申請のタイミングで
かなりずれ込むことがあるそうなので、
その点も勤務先と
よく話し合っておくと安心ですね。
また、
2ヶ月ごとに追加申請が必要なので、
それについても
よく勤務先と話し合っておきましょう。
自分で申請する場合は、
ハローワークに申請期限を
きちんと確認しておくことを
オススメします。
スポンサーリンク



まとめ

受けられると助かる
育児休業給付金のこと、
少しでも知っていただけたでしょうか?
何かとお金のかかる育児期間、
かしこく利用したいものですね。
ちなみに、
給付金の所得税は非課税なので、
年末調整には含めなくて大丈夫ですよ!
少しでも
皆様のお力になれればと思います!
スポンサーリンク