子どもの頃は朝ごはんに必ず食パンが出ていました。そして、程よくトーストされた食パンに薄っすらマーガリンをのせて、その上にたっぷりのジャムをぬって食べるのが定番でした。もちろん今でもジャムをぬって食べることがありますが、いろいろアレンジしたくもなります。